ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

カテゴリー検索した記事(日時の古い順)

 2010.01.21 郷原信郎:検察とマスコミは、すみやかに「正常化」を
 2010.05.11 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 2010.07.07 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)――政治と巨大メディアの癒着構造
 2010.07.08 『週刊ポスト』官房機密費告発(2)――官邸に「上納」される記者メモ
 2010.07.10 『週刊ポスト』官房機密費告発(3)――メディアへの機密費バラ撒きの実態
 2010.07.13 『週刊ポスト』官房機密費告発(4)――頬かむりし続けるメディア
 2010.07.13 『週刊ポスト』官房機密費告発(5)――菅新政権も頬被り
 2010.07.15 『週刊ポスト』官房機密費告発(6)――元NHK官邸キャップが衝撃の告白
 2010.07.20 『週刊ポスト』官房機密費告発(7)――田原総一朗氏にも「カネを渡した」
 2010.07.20 『週刊ポスト』<何度でも言う!「財政が厳しいから増税やむなし」は大嘘だ>
 2010.07.31 『週刊ポスト』官房機密費告発(8)――世間・世界の常識からかけ離れたマスコミ
 2010.08.01 『週刊ポスト』官房機密費告発(9)――「上杉隆と本誌取材班」を攻撃する動きが顕在化
 2010.08.02 『週刊ポスト』官房機密費告発(10)――マスコミ汚染問題・5つの論点
 2010.08.02 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1――財務官僚にコントロールされるメディア
 2010.08.03 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 2――IMF「消費税15%提言」報道の疑惑
 2010.08.10 『週刊ポスト』官房機密費告発(11)――鈴木宗雄元官房副長官が重大発言
 2010.08.22 『週刊ポスト』官房機密費告発(12)――機密費、言い逃げ・もらい逃げは許さない
 2010.08.23 『週刊ポスト』新覆面官僚座談会 前編――財務官僚に実権を完全に掌握された菅政権
 2010.08.25 『週刊ポスト』新覆面官僚座談会 後編――外務官僚はなぜ小沢一郎を怖れるのか
 2010.09.03 『スパモニ 小沢一郎生出演』の録画ビデオ――John Lemonさんのツイートから

 |  検索カテゴリー:社会>政治・経済  |  次のページ
2010年01月21日(木)| 社会>政治・経済 
郷原信郎:検察とマスコミは、すみやかに「正常化」を

本日、岩上安身さんのHPに「検察とマスコミは、すみやかに「正常化」を~郷原信郎弁護士緊急取材」という記事がアップされました。その記事には「石川議員の釈放要求を国会で決議せよ~民主党政権VS検察・マスコミ連合軍の最終対決」「検察主義の国会議員逮捕」「『小沢VS検察』ではなく『石川議員逮捕』こそが最大の問題」という郷原信郎さん(元東京地検特捜部検事)の三つの文章が掲載されています。

その記事の前置き部分で岩上さんは「今のメディア状況では、バランスのとれた報道や論評は期待できないことから、できるだけ多くの方々に、検察リーク情報に染まった主要マスコミの報道とは一線を画す、別の視点からの分析にも耳を傾けていただきたいと考え、郷原弁護士の了解を得て、テキストのコピー・転載自由といたします。できるだけ多くの方々に、読んでいただきたいと思います。」と書いておられます。私自身も昨年春から続く東京地検特捜部の一連の動きに強い不信感と危機感を覚えていましたので、上記の岩上さんの呼びかけに応え、郷原信郎さんの訴えを以下に全文転載します。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:207
2010年05月11日(火)| 社会>政治・経済 
~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕

〔2010.05.12 追記〕YouTube に動画がアップロードされています。「官房機密費の実態

〔2010.05.12 追記〕阿修羅掲示板:政治・選挙・NHK86 2010年5月12日 「官房機密費の実態

〔2010.05.12 追記〕YouTube「官房機密費」ビデオニュース・ドットコム:武村正義元内閣官房長官、朝ズバ:河村建夫元官房長官


昨日(2010年5月10日)午後3時に〔TBSニュースバード(CS)〕で放送された<ニュースの視点>「~官房機密費の実態~」を文字起こししました。

番組の前半部は4月19日・20日の二夜にわたって<NEWS23クロス>〔TBS〕内で放映された「官房機密費の真実」の野中広務元官房長官(小渕内閣)インタビューとまったく同じものです。後半部は武村正義元官房長官(細川内閣)および鈴木宗男元官房副長官(小渕内閣)への取材。なかなか面白かったですが、さすがTBSというべきか、鳩山内閣批判を最初と最後に入れることを忘れてはいません。

社会 | Trackback (1) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:228
2010年07月07日(水)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(1)――政治と巨大メディアの癒着構造

『週刊ポスト』2010年5月28日号 p.32 

〈怒りの告発スクープ〉PARTⅠ

世論誘導工作に巨費投入」の全容を白日の下に曝(さら)し出せ

なぜ大新聞・テレビは野中広務氏が暴露した「官房機密費」を追及できないのか

 いつから大新聞・テレビは“世論調査屋”になったのだろう。全国紙の一面やニュースのトップを“今週の世論調査”が飾るなど、少なくとも先進国では異常な報道である。各紙・各局が徒党を組んで「政局」を動かそうと躍起になる一方で、肝心の「政治の闇」に斬り込む取材は皆無だ。

 なぜ「社会の木鐸」は沈黙するのか。そこには長い歳月をかけて築き上げられた、政治と巨大メディアの「癒着の構造」がある――。

「マスコミ対策で餌付けされ飼い慣らされた政治記者が偏向報道をタレ流している」(ジャーナリスト・上杉隆氏)

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:232
2010年07月08日(木)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(2)――官邸に「上納」される記者メモ

『週刊ポスト』2010年6月4日号 p.34 

[怒りの告発キャンペーン 第2弾]

 “民意”はこうして捏造される

「世論誘導」と「人民裁判」の国ニッポン

 本紙スクープに反響轟々!

「官房機密費実名リスト」に血相を変えたテレビ局大幹部と元官邸秘書官

「この問題は君が損するだけだ。メディア全体が悪なんだから」(元秘書官)

 上杉隆氏による、本誌スクープの反響が鳴り止まない。野中広務氏いわく「官房機密費を政治評論家に配った」。そして、カネは大新聞やテレビの記者にも流れていた――。官房機密費の配布先リストに掲載された政治評論家を直撃した前号に続き、機密費汚染の源泉ともいえる「記者クラブ」のタブーに迫る。

社会 | Trackback (2) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:233
2010年07月10日(土)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(3)――メディアへの機密費バラ撒きの実態

『週刊ポスト』2010年6月11日号 p.34 

 怒りの告発キャンペーン 第3弾

 大新聞は1行も報道せず(東京新聞を除く)
   テレビは特集番組をあわてて中止!

 それでも本誌はあくまで追及する!

 官房機密費マスコミ汚染問題 歴代官邸秘書を連続直撃!

 なんとも異様な事態が起きている。新聞は、東京新聞(5月18日付で特集)を除き、どこも大々的に取り扱うことはしない。いつもなら雑誌のスクープに便乗するテレビもまったく後追いしない。なのに、編集部の電話は鳴り止まず、インターネットにも書き込みが溢れている。

 上杉隆氏によるメディアと官房機密費に関する追及キャンペーンである。早く打ち止めになって欲しいと願う記者クラブメディアには残念だが、元官邸秘書官らが次々に口を開き始めた流れは、もう止まらない。

「記者を一人ずつ個室に呼んで30万円を手渡した」

「総理外遊の同行記者に機内で“土産代”を」

 次々に驚き呆れる証言が、出るわ出るわ!

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:234
2010年07月13日(火)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(4)――頬かむりし続けるメディア

『週刊ポスト』2010年6月18/25日号 p.149 

[怒りの告発キャンペーン 第4弾]

 私は死んでも追及を止めない!

「官房機密費もらった記者がいないか」

 大新聞・テレビの回答書を公開する

 ――久米宏・池上彰・勝谷誠彦ら「非記者クラブ」のジャーナリストが続々援軍に

「日本のメディアはこの件について、日光の賢い三猿のような反応を示している」――英経済誌『エコノミスト』は官房機密費マスコミ汚染問題についてこう皮肉った。彼らはいつまで頬かむりし続けるのか。

社会 | Trackback (1) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:235
2010年07月13日(火)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(5)――菅新政権も頬被り

『週刊ポスト』2010年7月2日号 p.49 

[怒りの告発キャンペーン 第5弾]

 それでも新聞・テレビは完全無視

 田原総一朗氏「最初は角栄氏から渡された」ほか
 新証言・証拠文書がまだまだ止まらない

 官房機密費「極秘文書」で15億円配布のカラクリを解明する

機密費の使い途をオープンにする制度作りを表明しておきながら、一切前進することなく鳩山政権は退陣した。菅新政権は早速、機密費について頬被りを決め込んでいるが、そうはさせない。極秘内部資料をもとに、さらに機密費の暗部を抉(えぐ)る。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:236
2010年07月15日(木)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(6)――元NHK官邸キャップが衝撃の告白

『週刊ポスト』2010年7月9日号 p.32 

〈怒りの告発キャンペーン 第6弾〉

 元NHK政治部官邸キャップが実名告白

「私はこうして官房機密費を手渡された」

――「総理外遊先のホテルの部屋に呼び出され、首相秘書官から現金入りの封筒を渡された。驚いて突っ返したら「そんなことしたら仕事ができなくなるよ。あなたの先輩もみんな受け取ってるんだから」といわれた……」

連日、新聞やテレビからおびただしい量の政治ニュースが流されている。もし、それを報じる記者たちが、取材対象である政府からカネを貰っていたとしたら、そのニュースは信じるに値するものなのだろうか。大メディアの根幹にかかわる問題を問うている本誌のキャンペーン。ついに、元NHKの官邸キャップが衝撃の告白をした――。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:237
2010年07月20日(火)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(7)――田原総一朗氏にも「カネを渡した」

『週刊ポスト』2010年7月16日号 p.50 

〈怒りの告発キャンペーン 第7弾〉

 今度は「現ナマ配布役」の元官房長官秘書が爆弾発言

「超大物政治評論家が送りつけてきた120万円請求書」

 官房機密費マスコミ汚染問題で情報提供者・新証言が続々殺到中!

 他人への責任追及にはひときわ熱心な新聞・テレビ。自らの機密費汚染についてはこのまま逃げ切りを図るつもりだろうが、そうはさせない。さらなる爆弾発言で迫る!

社会 | Trackback (1) | Comment (2) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:238
2010年07月20日(火)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』<何度でも言う!「財政が厳しいから増税やむなし」は大嘘だ>

財務省が菅政権に消費税増税を早くやらせようとしているのは、このままの税収では嫌でも特会のカネに手をつけるしかなくなることを恐れているからだ。

『週刊ポスト』2010年7月16日号 p.38 

 大新聞・テレビでは絶対わからない「空きカン内閣」の堕落2

 何度でも言う!「財政が厳しいから増税やむなし」は大嘘だ

「消費税5%分」12兆円の「特別会計予算」が毎年「役人の隠し金庫」に消えている

消費税1%引き上げで得られる税収は年間2.4兆円。菅政権と財務官僚が推しすすめる5%増税は、「毎年12兆円」を国民の財布から奪い取ることを意味する。しかし、官僚たちは、これほどの痛みを国民に強いる一方で、毎年、同額のカネを隠し金庫にせっせと移し替えている――。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:239
2010年07月31日(土)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(8)――世間・世界の常識からかけ離れたマスコミ

『週刊ポスト』2010年7月23日号 p.51 

〈怒りの告発キャンペーン 第8弾〉

 官房機密費マスコミ汚染問題

「我々は1円でももらったらクビ」と外国人記者たちは絶句した

まるで他人事の朝日新聞編集委員に批判続出、時事通信社OB掲示板では機密費に言及した人に「お前なんか出て行け」の暴言――やはりメディアに自浄能力はないのか

「世間の常識とかけ離れている」という新聞・テレビの常套句。最近はもっぱら大相撲に向けられているが、しかし官房機密費に目を向ければ、むしろマスコミにこそふさわしい言葉ではないか。しかも、それは「世界の常識」からも、遠くかけ離れているのだ。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:241
2010年08月01日(日)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(9)――「上杉隆と本誌取材班」を攻撃する動きが顕在化

『週刊ポスト』2010年7月30日号 

〈怒りの告発キャンペーン 第9弾〉

 官房機密費マスコミ汚染問題

 二転三転する「機密費」発言、どれが真実なのですか

 私を「嘘つき」呼ばわりした政治評論家三宅久之氏に再び質す

官房機密費とは、そこまでのタブーなのか。機密費問題で取り沙汰されるのを嫌がるマスコミ人の間では、「上杉隆と本誌取材班」を攻撃する動きが顕在化してきた。だが、ここで追及を止めれば、疑惑は再び闇に消える。受けて立つしかあるまい。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:242
2010年08月02日(月)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(10)――マスコミ汚染問題・5つの論点

『週刊ポスト』2010年8月6日号 p.135 

〈怒りの告発キャンペーン 第10弾〉

 これが本誌が追及してきた「政治とカネ」の本質だ

 官房機密費マスコミ汚染問題

 5つの論点

 朝日新聞「紙面モニター」欄のまやかし記事を論駁する

政治や行動を監視し、チェックするはずの記者たちが、官邸から金品を受け取っていた。その彼らが書く記事は、はたして信じるに値するのだろうか。官房機密費マスコミ汚染問題は、私たちが正しいだろうと信じていたニュースが、はじめから歪められているのではないかという深刻な問題を孕(はら)む。本紙がこれまで追及してきたマスコミ汚染問題の本質を改めて記す。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:243
2010年08月02日(月)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1――財務官僚にコントロールされるメディア

『週刊ポスト』2010年8月6日号 p.38 

「消費増税キャンペーン」各紙社説の「嘘」「変節」「詭弁」

   徹底検証 

 大新聞は国民の敵だ

「社会の木鐸(ぼくたく)」の音色がおかしい。権力に擦(す)り寄り、国民に負担を強いる政策の片棒を嬉々として担(かつ)ぎ、自らの「利益」だけは死守しようとする様(さま)は、もはや「権力の監視」を担う役割を放棄したと見るしかない。大新聞の国民裏切り行為を徹底検証する――。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:244
2010年08月03日(火)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 2――IMF「消費税15%提言」報道の疑惑

『週刊ポスト』2010年8月6日号 p.41 

〈徹底検証/大新聞は国民の敵だ〉2

 これこそ「世論誘導」ではないのか

 IMF国際通貨基金「消費税15%提言」報道に財務省のヤラセ疑惑

 消費税増税派からみればまさに「待ってました」と拍手をしたくなるほど絶妙のタイミングである。菅民主党が参院選で惨敗したわずか3日後の7月14日、IMF(国際通貨基金)が日本に対し「消費税15%」を提言するレポートを発表した。表層的には“外圧”とも映るこの提言の背後には、財務官僚の怪しい影が躍(おど)っている――。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:245
2010年08月10日(火)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(11)――鈴木宗雄元官房副長官が重大発言

『週刊ポスト』2010年8月13日号 p.38 

〈怒りの告発キャンペーン 第11弾〉

 権力中枢にいた「すべてを知る男」がメディアと官邸の腐った関係を暴露する

 鈴木宗男(元官房副長官)が官房機密費マスコミ汚染問題で重大発言

 「うん、確かにあった 政治評論家を呼んで 20万とか30万とか」

野中広務氏が官房長官時代に、官房副長官を務めていた鈴木宗男衆院議員。政治とカネの表とウラを知り尽くす彼が、ついに機密費によるマスコミ対策について語った。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:246
2010年08月22日(日)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』官房機密費告発(12)――機密費、言い逃げ・もらい逃げは許さない

『週刊ポスト』2010年8月20/27日号 p.155 

 怒りの告発キャンペーン 第12弾

 官房機密費マスコミ汚染問題

 野中広務氏へ質す!

 あなたはなぜ口を閉ざしてしまったのか

 ――“番記者には渡してないが、雑誌記者には渡した”とは無理がないか――

 上杉隆と本誌取材班が追及してきた官房機密費マスコミ汚染問題は、今回で第一部完とする。だが、この問題への追及を止めることは絶対にない。野中広務氏のいい逃げ、記者クラブのもらい逃げをけっして許してはならない。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:247
2010年08月23日(月)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』新覆面官僚座談会 前編――財務官僚に実権を完全に掌握された菅政権

『週刊ポスト』2010年8月13日号 p.32 

〈空きカン内閣の「奥の院」緊急特集〉

「政治主導」をせせら笑う霞が関の真実を全て明かす

 新 覆面官僚座談会 前編

「みんなの党・渡辺喜美をぶっ潰せ」

 霞が関にとってまさに「わが世の」であろう。「脱官僚」を掲げた民主党の政権奪取から間もなく1年、参院選で菅政権が一敗地にまみれたのを契機に、窮地に追い込まれていた官僚機構が急速に勢力を盛り返している。本誌はこの国の政治がターニングポイントを迎えるごとに、主要官庁の官僚を集めた「覆面官僚座談会」を開催してきた。時代を映す証言は回を重ね、人を替え、9年前からは「新・覆面座談会」と装(よそお)いを新たにした。今回、緊急招集に応じた4人が「霞が関の大反攻」の実態を明かす――。

社会 | Trackback (1) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:248
2010年08月25日(水)| 社会>政治・経済 
『週刊ポスト』新覆面官僚座談会 後編――外務官僚はなぜ小沢一郎を怖れるのか

『週刊ポスト』2010年8月20/27日号 p.40 

「普天間密約」「外交機密費」ほか爆弾発言続出!

 大反響 新 覆面官僚座談会 後編

 小沢一郎はどうしてここまで外務省が嫌いなのか

「空きカン内閣」を操(あやつ)って消費税増税、事務次官会議復活など、失地回復に邁進(まいしん)していた霞が関のシナリオが、小沢一郎・前民主党幹事長の復権によってどう変わるのか。それは8月末に再び噴き上がる普天間基地移設問題で明らかになるかもしれない。前回、民主党政権への介入を語った覆面官僚たちは、話題が「小沢」「アメリカ」に移ると、途端に深刻な表情を見せるのだった。

社会 | Trackback (1) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:250
2010年09月03日(金)| 社会>政治・経済 
『スパモニ 小沢一郎生出演』の録画ビデオ――John Lemonさんのツイートから

民主党代表選挙に立候補した小沢一郎氏が今朝のテレビ朝日『スーパーモーニング』に生出演しました。それを録画したビデオ映像を John Lemonさん(@montagekijyo)が10本に分割して Veoh Video Network にアップロードしてくださったようです。

というわけで、以下にそれらの録画ビデオへのリンクが張られている John Lemonさんのツイートを採録しました。なお採録にあたり、リンク先URLは短縮したものから正式なものに復元しておきました。

社会 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ | 記事番号:252
 |  検索カテゴリー:社会>政治・経済  |  次のページ
検索した記事のタグ一覧
#207 郷原信郎 東京地検特捜部 岩上安身
#228 官房機密費 官房報償費 野中広務
#232 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 官房報償費 上杉隆 野中広務 『週刊ポスト』
#233 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 記者クラブ 世論調査 世論誘導 『週刊ポスト』
#234 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 記者クラブ 『週刊ポスト』
#235 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 記者クラブ 『週刊ポスト』
#236 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 田原総一朗 野中広務 記者クラブ 『週刊ポスト』
#237 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 川崎泰資 岩見隆夫 記者クラブ 『週刊ポスト』
#238 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 田原総一朗 記者クラブ 『週刊ポスト』
#239 特別会計予算 埋蔵金 不用額 『週刊ポスト』
#241 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 中澤孝之 記者クラブ 『週刊ポスト』
#242 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 三宅久之 上杉隆 記者クラブ 『週刊ポスト』
#243 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 大塚義文 記者クラブ 『週刊ポスト』
#244 『週刊ポスト』 大新聞は国民の敵 大新聞 消費税増税 財務省機密費 記者クラブ
#245 『週刊ポスト』 大新聞は国民の敵 大新聞 消費税増税 IMF提言 粗債務 純債務
#246 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 鈴木宗男 記者クラブ 『週刊ポスト』
#247 『週刊ポスト』官房機密費 官房機密費 上杉隆 野中広務 記者クラブ 星浩 田崎史郎 岩田公雄 西川孝純 『週刊ポスト』
#248 『週刊ポスト』覆面官僚座談会 政治主導 官僚主権 菅直人 仙谷由人 財務省 渡辺喜美 『週刊ポスト』
#250 『週刊ポスト』覆面官僚座談会 小沢一郎 外務省改革 普天間問題 守谷武昌 『週刊ポスト』
#252 小沢一郎 スパモニ 民主党代表選
よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)~(7)
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

現在表示しているページ
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年生れ(69歳♂)。国語と理科が好き。ことばについては子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。現在は39年間続けた自営(学習塾)の仕事を辞め個人的に依頼されたことだけをこなす日々です。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

記事案内
カテゴリー一覧
ブログ記事の検索
月別記事検索
ページ検索
 
文字列検索(兼タグ検索)
Google・Yahoo! でブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)――認識論と言語学三浦つとむ『認識と言語の理論 I』

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

最近のコメント
メールフォーム
個人的なご連絡やご意見・メッセージの送信、あるいはコメント欄では不都合と思われるような一般的なことがらについてのコメント等はこのメールフォームをご利用下さい。FC2ブログが仲介して私宛のメールとして届けてくれます。返信ご不要の場合はメールアドレス欄に no_reply@dummy.jp とご記入下さい。

主なアクセス元
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /  

FC2Ad

 /