WindowsXP のシステム・フォントを変更する(2)――補足(PC版ページへ)

2007年01月14日19:12  パソコン>フォント・スキン

WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1) (2006/11/16) について、ある方からコメントをいただきました。この記事にある通りにレジストリを書き換え・追加してシステムフォントの変更ができたとのことでした(とはいっても、私の記事はまいう~さんの「Windows Font Final」にある変更・追加方法に少し解説を加えただけですから、全面的にまいう~さんの記事に負っています)。

ところでその方はコメントの中で、フォントが変わっていない部分がまだ数箇所あるとおっしゃっております。それは次の部分です(環境はXP Pro SP2)。

(1) スタートボタンの文字
(2) アプリやフォルダを最小化したときにタスクバーに収納された部分
(3) フォルダを開いて左側に表示される「ファイルとフォルダのタスク」等の部分

たしかにその通りです。WindowsXP では「画面のプロパティ」の [テーマ] で「Windows XP」(初期状態)と「Windows クラシック」とのどちらかが選択できます。そして「Windows XP」を選択した場合には上記の(1)~(3)の部分のシステムフォントが変更されないままです。ただし、「Windows クラシック」では(1)~(3)の部分もすべて MeiryoKe_UIGothic や MeiryoKe_PGothic になります。

実は「Windows XP」テーマにおける(1)~(3)の部分のフォントは C:\WINDOWS\Resources\Themes\Luna\luna.msstyles というファイル等に記述されていて、これに手を加えないと(1)~(3)の部分のフォントを変更することはできないのです。まいう~さんの「Windows Font Final」にはこのフォントを変更する方法も書いてあります。

しかし、私自身はこれをやっておりません。理由は二つあります。一つはこの方法がとても面倒であることです。私にはちょっと無理っぽい。というよりそんな面倒なことをしたくないのです。二つ目の理由は、私はすでに「Windows XP」テーマ以外のテーマ(=Visual Style またはスキン。以下「スキン」と表記)を使えるようにしていて(これについては『濫觴』掲示板の「XP のスキンとフォントに関するスレッド」に経緯が書いてあります)、私が使っているスキンでは(1)~(3)がそれなりに読みやすいフォントになっている*からであり、ときどき用いている「Windows クラシック」でも(1)~(3)は解決しているからです。つまり私は「Windows XP」テーマを使っていないのです。

追記〕 比較的簡単に(1)~(3)の部分のフォントを変える方法が見つかりました。下にある 2007.02.12 および 2008.01.14 の追記をご覧下さい。

* ThemeXP という英文サイトにはスキン(Visual Style)や壁紙などのデータがたくさんあります。ここで手に入るスキンではフォントに Tahoma が指定されているものが多いようです。このようなスキンを使えば面倒なことをせずに(1)~(3)が MeiryoKe_UIGothic で表示されます(もちろん「WindowsXP のシステム・フォントを変更する」にある方法でレジストリを変更・追加していることが前提条件)。下に私が今使っている "iBar5.1" というスキンの表示例を載せておきます。(1)~(3)のフォント指定は Tahoma だと思います。(気分によってスキンはしょっちゅう変えています)。

ただし、ThemeXP で通常の操作をおこなってスキン等をインストールするとアドウェア(スパイウェア)を送り込まれてしまう危険があります。これを回避する方法が2ちゃんねるの「●好き好き大スキン!WindowxXPスキンスレッド●」の最初の方に載っています。ただし、そこには注意事項として「ThemeXPへアクセスすると、スパイウェアをインストールされる恐れがありますのでアンチスパイウェアソフトやProxomitronなどで対策を行ってからアクセスしてください」とも書かれていますからそれなりの対策は必要です。参考サイト「スパイウェア対策

Visual Style "iBar5.1" の表示例。
“iBar51.png”

以上、いただいたコメントに対するお応えです。参考になりましたでしょうか。なお、スキンに関する情報が載っているサイトは『濫觴』掲示板の上掲のスレッドに書いてありますが、すでになくなっているサイトもあるようですので、参考になりそうなサイトへのリンクを一番下に載せておきます。

〔2007.01.18 追記

"iVar5.1" ではなく "iBar5.1" でした。また、まいう~さんのコメントにあるようにタスクバーの部分は Tahoma ではないですね。下の "BW" では(1)~(3)とも Tahoma が指定されていると思います。([HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize] の "GUIFont.Facename"="Tahoma" については「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」のコメント欄も参照して下さい)

Visual Style "BW(Gloss)" の表示例。
“BW_gloss.png”

〔2007.02.12 追記

.msstyles の内容を書き換えるなどという面倒なことをしなくても、[画面のプロパティ]で変更できる部分のフォントだけでなく、(1)~(3)のタスクバーなどの部分のフォントも好みのものに簡単に変更することができる便利な Styler というツールがあります。この Styler についてStyler 1.401(1)――パッチ当て不要のスキンチェンジャー(2007/01/20) およびStyler 1.401(2)――手軽で便利な Styler(2007/01/30) という記事を書きました。Styler 1.401(1)(2)で両方ともまとめて読めますので参考にしてください。

〔2008.01.14 追記

「Styler 1.401(1)――パッチ当て不要のスキンチェンジャー」のコメント(2008/01/13)で Dragon@XPさんから SFC というツールを紹介していただきました。SFC.exe は Styler と同じ方が作ったものですが、これを使うとスキン(VisualStyle)の .msstylesファイル内部のフォント指定部分だけをまとめて変更することができます。つまり、Styler では「その他の部分」として一括して指定することしかできなかった多くの部分のフォントとサイズをそれぞれ別々に細かく指定して書き換えることができるので、再起動しても変更したその他の各部分のフォント指定がそのまま維持されます。同じスキンを使い続けている限りパソコンを起動するたびに Styler を起動する必要がなくなりますから、よく使うスキンのフォントだけでもこれを使って変更しておくと便利かもしれません。ただし、書き換える前にオリジナルの .msstylesファイルはどこか別の場所にコピーを保存しておくことをお勧めします。

(関連記事)

(参考になりそうなサイト)

(トラックバックを送った記事)

トラックバックURL

http://okrchicagob.blog4.fc2.com/tb.php/120-d99c1641

前の記事 次の記事



アクセスランキング ブログパーツ