ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2007年03月06日(火)| パソコン>フォント・スキン |  
WindowsXP のシステム・フォントを変更する(5)――最終

「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(4)――番外」のコメントで takayukiさんが教えてくださった [FontSubstitutes] へのレジストリ追加"Microsoft Sans Serif,0"="MeiryoKe_UIGothic,128")によって、レジストリの追加・変更という方法で WindowsXP のシステムフォントを変更する私の試みは一段落したように思われます(この追加によりタスクバーの部分等のフォントが MeiryoKe_UIGothic に変わります)。しかし、「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」の本文および追記に記したレジストリの変更・追加に加えて Styler を併用することによって XP のかなりの部分が MeiryoKe できれいに表示されるようになったとはいえ、まだ MS Gothic("MS ゴシック", "MS Pゴシック", "MS UI Gothic")で表示されてしまう部分は依然として残っています。この部分まで MeiryoKe で表示させるにはオリジナルの msgothic.ttc を meiryoKeGothic.ttc で置き換えてしまうしかありません(と、私は思います)。

meiryoKeGothic で msgothic を置き換えてしまうというのはかなり過激なので決してお勧めは致しませんが、私が実験的に試みた限りでは特に困った事態にはなりませんでした。meiryoKeGothic.ttc には msgothic.ttc と同じように「等幅・プロポーショナル・UI」の3種類のフォントが揃っていますし、ディセンダ、アセンダが微妙に異なる以外はフォントの幅もまったくほとんど同じなので、置き換えてしまうには最適なフォントだと思います。その意味では他のフォントに比べれば置き換えることによって起こるかもしれない危険性が最も少ないフォントだともいえるでしょう。まあ、システムフォントが非常によく似たものに置き換わるだけであって、なくなってしまうわけではないので手順さえ間違えなければ大丈夫でしょう。

以下では混乱を避けるため、オリジナルの msgothic.ttc を msgothic.ttc のように表記し、meiryoKeGothic.ttc から作り出した msgothic.ttc を MSGothic.ttc と表記します。また、フォント名の全角・半角の区別をしやすいように メイリオ(sans-serif) ではなく MeiryoKe_Gothic(monospace) を用いて表示します。

"ttc" というのは "True Type コレクション" というファイルで、その中に複数の "ttf"(True Type Font) を含んでいます。"MS ゴシック" とか "MeiryoKe_Gothic" とかいったフォント名はそれぞれの "ttf" に内部情報として書き込まれていますので、meiryoKeGothic.ttc をオリジナルの msgothic.ttc と置き換えるためには、meiryoKeGothic.ttc から三つの ttf を取り出し、さらにそれらの内部情報であるフォント名を msgothic.ttc に含まれる三つの ttf と同じものにそれぞれ書き換える必要があります。そしてその上で、フォント名を書き換えた三つの ttf を組み込んだ新しい ttc を作り、そのファイル名を MSGothic.ttc にして、オリジナルの msgothic.ttc の代わりに Fontsフォルダに入れることになります*。

* meiryoKeGothic.ttc をバラさずに内部にある三つの .ttfデータの内容を書き換えた新たな MSGothic.ttc を作ることが可能であることが分かりました(それに関しては下の注を参照)。

さて、meiryoKeGothic.ttc から MSGothic.ttc を作る手順は「メイリオのディセンダを変える」に書いた手順とほとんど同じです。違うのは変更する内部情報がアセンダ、ディセンダの数値ではなくフォント名であることと、書き換えるべき ttf が三つあるということです。したがって、メモ帳を使ってファイル名を変更する作業は書き換える箇所が多く、それを三つの ttf についてやらなければならないので作業量は少し多くなります。しかも、間違わずに慎重にやる必要があります。しかし、meiryoKeGothic.ttc から三つの ttf を取り出し、そこから内部情報を読み出した xmlファイルを生成する部分と、ファイル名の部分をメモ帳で書き換えた三つの xmlファイル を元に新しい三つの ttf を作り、これら三つの ttf をまとめて新しい MSGothic.ttc を生成する部分は batファイルで行なうので手数はあまりかかりません。

以下にその手順を書きますが、その前に書き換えるべきフォント名関係のデータが、オリジナルの msgothic.ttc ではどうなっているかを "MS Gothic" について示します。

    <!-- Family -->
    <T n="1,0,0000,1">MS Gothic</T>

    <T n="3,1,0409,1">MS Gothic</T>
    <T n="3,1,0411,1">MS ゴシック</T>

    <!-- Subfamily -->
    <T n="1,0,0000,2">Regular</T>

    <T n="3,1,0409,2">Regular</T>
    <T n="3,1,0411,2">標準</T>

    <!-- UniqueIdentifier -->
    <T n="1,0,0000,3">Microsoft:MS Gothic:1997</T>

    <T n="3,1,0409,3">Microsoft:MS Gothic:1997</T>
    <T n="3,1,0411,3">Microsoft:MS ゴシック:1997</T>

    <!-- FullName -->
    <T n="1,0,0000,4">MS Gothic</T>

    <T n="3,1,0409,4">MS Gothic</T>
    <T n="3,1,0411,4">MS ゴシック</T>

"MS PGothic" では上記の "MS Gothic", "MS ゴシック" の部分が "MS PGothic", "MS Pゴシック" になっていますが、"MS UI Gothic" は日本語フォント名をもたずすべて "MS UI Gothic" になっています。というわけで、これらの部分に該当する meiryoKeGothic.ttc の内部情報を書き換えることが、以下の作業で最も肝要な部分となります。

以下(1)~(6)が meiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc に化けさせる手順です*。

* 上の注でもちょっと触れたように、BREAKTTC.EXE, MAKETTC.EXE を使わなくても ttfname3.exe だけで meiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc化することができます。その方法の方が以下の(1)~(6)よりも簡単ですので、以下(1)~(6)の代わりに「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(6)――最終(改)」に示した方法で meiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc化することをお勧めします。

(1) 作業用のフォルダを作成して、そこに BREAKTTC.EXE, ttfname3.exe, MAKETTC.EXE、さらに meiryoKeGothic.ttc をコピーしておきます。以後の作業はエクスプローラか他のファイラー上で行ないます。BREAKTTC.EXE, MAKETTC.EXE, ttfname3.exe の入手方法は「メイリオのディセンダを変える」を参照して下さい。

(2) メモ帳を開きつぎの内容をコピー&ペーストし、"break.bat" という名前で作業用のフォルダに保存します(バッチファイルの名前は何でも構いません)。

rem --- ttc から ttfファイルを取り出し、ファイル名を短縮する
ren meiryoKeGothic.ttc mKGot.ttc
breakttc mKGot.ttc
ren FONT00.TTF mKG.ttf
ren FONT01.TTF mKPG.ttf
ren FONT02.TTF mKUG.ttf
ren mKGot.ttc meiryoKeGothic.ttc

rem --- ttf からフォント情報を読み出して xmlファイルに書き出す
ttfname3 mKG.ttf
ttfname3 mKPG.ttf
ttfname3 mKUG.ttf

(3) 作業用のフォルダで break.bat をダブルクリックして実行すると、作業用のフォルダ内に mKG.ttf, mKPG.ttf, mKUG.ttf ("MeiryoKe_Gothic", "MeiryoKe_PGothic", "MeiryoKe_UIGothic" の ttf) が取り出され、それらからフォント情報を読み出した mKG.xml, mKPG.xml, mKUG.xml が作成されます。

(4) mKG.xml をメモ帳にドラッグ&ドロップして開き、フォント名に関するブロックの該当部分をつぎのように書き換えてから「上書き保存」して下さい。文字列の置換をうまく利用すると楽です。なお、"MS ゴシック" の "MS", "ゴシック" は全角でスペースは半角です。間違わないように。mKPG.xml についても同様の作業をします。"MS Gothic", "MS ゴシック" の部分がそれぞれ "MS PGothic", "MS Pゴシック" になるだけです("MS", "Pゴシック" は全角でスペースは半角)。mKUG.xml についても同様ですが、日本語フォント名はありませんのですべて "MS UI Gothic"に書き換えます。"<T n="3,1,0411,2">標準</T>" の部分も忘れずに。

    <!-- Family -->
    <T n="0,3,0000,1">MS Gothic</T>
    <T n="1,0,0000,1">MS Gothic</T>
    <T n="3,1,0409,1">MS Gothic</T>

    <T n="3,1,0411,1">MS ゴシック</T>

    <!-- Subfamily -->
    <T n="3,1,0411,2">標準</T>

    <!-- UniqueIdentifier -->

    <T n="0,3,0000,3">Microsoft: MS Gothic: 2005</T>
    <T n="1,0,0000,3">Microsoft: MS Gothic: 2005</T>
    <T n="3,1,0409,3">Microsoft: MS Gothic: 2005</T>
    <T n="3,1,0411,3">Microsoft: MS ゴシック: 2005</T>

    <!-- FullName -->
    <T n="0,3,0000,4">MS Gothic</T>
    <T n="1,0,0000,4">MS Gothic</T>
    <T n="3,1,0409,4">MS Gothic</T>

    <T n="3,1,0411,4">MS ゴシック</T>

    <!-- PostscriptName -->
    <T n="0,3,0000,6">MS Gothic</T>
    <T n="1,0,0000,6">MS Gothic</T>

    <T n="3,1,0409,6">MS Gothic</T>
    <T n="3,1,0411,6">MS ゴシック</T>

(5) メモ帳を開きつぎの内容をコピー&ペーストし、"make.bat" という名前で作業用のフォルダに保存します(バッチファイルの名前は何でも構いません)。

rem --- 書き換えた情報を元にして新しい ttfファイルを作る
ttfname3 mKG.ttf mKG.xml
ttfname3 mKPG.ttf mKPG.xml
ttfname3 mKUG.ttf mKUG.xml

rem --- 作成された新しい ttfファイルを組み込んだ MSGot_MK.ttc を作る。
makettc MSGot_MK.ttc mKG_mod.ttf mKPG_mod.ttf mKUG_mod.ttf

(6) 作業用のフォルダで "make.bat" をダブルクリックして実行すると、作業用のフォルダ内に mKG_mod.ttf, mKPG_mod.ttf, mKUG_mod.ttf が作成され、さらにこれらを組み込んだ MSGOT_MK.TTC が作成されます(名前が大文字になってしまいますが気にせずに…)。この MSGOT_MK.TTC が内部ファイル名を msgothic.ttc と同じものに変更した meiryoKeGothic.ttc です。ファイル名をダブルクリックしてフォント名が「MS ゴシック & MS Pゴシック & MS UI Gothic」にちゃんと書き換わっているかどうか確認してみて下さい。作業の過程でつくられた ttf, ttc, xml, bat の各ファイルはどこかに保存用フォルダを作って移動させ、しばらくは保存しておいた方がよいでしょう。MSGOT_MK.TTC もバックアップをとっておくことをお勧めします。

フォント名がきちんと書き換わっていることが確認できたら、ファイル名を "MSGothic.ttc" に変更して MSGothic.ttc のでき上がりです。あとは msgothic.ttc の代わりに MSGothic.ttc を Fontsフォルダに入れて(=Fontsフォルダにある msgothic.ttc をデスクトップあたりに移動し、代わりに MSGothic.ttc を Fontsフォルダに移動またはコピーする)再起動するだけですが、精神的・肉体的な健康・保険のために、その前に復元ポイントを作成しておきましょう。移動させておいた msgothic.ttc は再起動後にどこか適切な場所に保存して下さい(他に msgothic.ttc のバックアップがあるならゴミ箱に捨ててしまってもかまいません)。

さて、このようにして meiryoKe_Gothic.ttc を MSGothic.ttc にしてしまうと、「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」で変更・追加したレジストリはほとんど不要になります。必要なのは takayukiさんが教えてくださった [FontSubstitutes] へのレジストリ追加だけです。それ以外はすべて元に戻してしまって構いません。もっとも、元に戻さなくてもなんら支障はありませんからそのままにしておいても大丈夫ですが…。私はすべて元に戻しました。それに「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」でご紹介した snailさん作成の "meiryo.reg" と私の作った "unregmeiryo.reg" を利用すればレジストリの変更・追加とその取消がいつでも簡単にできます。

〔2007.03.11追記

MSGothic.ttc というファイル名は紛らわしいので実際は他の名前、たとえば MSGothic_MKe.ttc でも構わないし、あるいは、mKG_mod.ttf, mKPG_mod.ttf, mKUG_mod.ttf を一つの ttc にまとめずにそのまま Fontsフォルダに入れてしまっても構わないはずなので、私は現在前者のように MSGothic_MKe.ttc という名前に変えて Fontsフォルダに入れています(MSGothic.ttc はたまにしか使わないフォント類を収めている d:\Windows\Fonts というフォルダに MSGothic_org.ttc という名前で保管してあります)。

〔2007.05.15追記〕――現在の状況

やはり、MSGothic_MKe.ttc よりも MSGothic.ttc というファイル名の方が何かと都合がいいと思い至りました。また、「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」で変更・追加したレジストリの項目もそのままにしておいた方がいいようです。というわけで、私は現在、システムフォント関係のレジストリ設定をつぎのようにしています。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion \FontLink\SystemLink]

"Tahoma"="meiryoKeGothic.ttc,MeiryoKe_UIGothic"
 ←値を "MSGOTHIC.TTC,MS UI Gothic" から変更
"Microsoft Sans Serif"="meiryoKeGothic.ttc,MeiryoKe_UIGothic" ←同上
"Lucida Sans Unicode"="meiryoKeGothic.ttc,MeiryoKe_UIGothic" ←同上

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion \FontSubstitutes]

"MS Shell Dlg"="MeiryoKe_UIGothic,128" ←値を"MS UI Gothic" から変更
"MS UI Gothic,128"="MeiryoKe_UIGothic,128"    ←この項目を追加
"MS ゴシック,128"="MeiryoKe_Gothic,128"     ←同上
"MS Pゴシック,128"="MeiryoKe_PGothic,128"   ←同上
"MS Gothic,128"="MeiryoKe_Gothic,128"       ←同上
"MS PGothic,128"="MeiryoKe_PGothic,128"      ←同上
"Microsoft Sans Serif,0"="MeiryoKe_UIGothic,128" ←同上

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion \GRE_Initialize]

"GUIFont.Facename"="Tahoma"
 ←"MS UI Gothic" から変更

(関連記事)

(トラックバックを送った記事)

パソコン | Trackback (1) | Comment (51) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:131
コメント
 
[110] お久しぶりです。
2007/03/22(木)21:58:44 | URL | まいう~[編集
トラックバックありがとうございます。
久しぶりに見せてもらったら、スゴいことになってますなぁ…(笑
ついにMSGothic.ttcを置き換えちゃいましたか。
ついて行けないっす、というか、参考にさせてもらいます。

早速[FontSubstitutes]の追加を試してみました。Explorerサイドバーのフォントサイズに変化があったっぽい?次はメイリオのディセンダ変更に挑戦してみようと思います。
 
[111] ははは…
2007/03/23(金)15:05:07 | URL | シカゴ・ブルース[編集
こんにちは。

なんだかんだ言っていちばん過激なことをやってしまいました。でもまあ、手がかからないといえば一番手がかからないわけで、面倒くさがりの私にとっては一番手っ取り早い手段なのかも知れません。

今のところ不具合は出ていません。といっても、ネットと二、三のアプリを主に使っているだけで本格的に仕事に使っているわけではないので私の保証などあてにはなりませんが…。

個人用の趣味に近い使い方をしている分には差支えはないというのが真実ですね。さすがに会社のパソコンでこんなことはできないでしょう。

>次はメイリオのディセンダ変更に挑戦してみようと思います。

案ずるより生むが易しで、やってみればどうということもないですね。もっとも最初はいちいちコマンドを打っていたのですが、途中でバッチファイルでやった方が効率がいいと思い直して、そのあとはいろいろ…。MS 明朝もDFパブリW5D に変えてしまいました。老眼にやさしい明朝体になって快適です。
 
[118] 初めまして。
2007/05/10(木)07:51:42 | URL | プルコギ[編集
シカゴブルース様初めまして。

システムフォント変更に興味を持っていろいろググッてたどり着きました。
最初はチンプンカンプンだったのですが、何とか最終章のMSGothic.ttcの置き換えに成功しました^^
1から順にやっていって途中何処をどう弄ったのか分らなくなったりして再セットアップもしましたが、出来た今となっては良い思い出ですw

一つ教えて頂きたいのですが、置き換えをした後に、オンラインゲームの「REDSTONE」をやるとそのゲーム内の一部の文字が非常に小さく表示されてしまうのです。(読めない程小さくなる)(普通に表示されてる文字もある。メイリオフォントでは無いです)
そこで、置き換えを元のMSGothic.ttcに戻してやると通常の文字に戻ります。
これは、どこか文字サイズを変更してやる必要があるのでしょうか?
「REDSTONE」にはフォントフォルダは見当らないので何のフォントを使っているのかも分りません。
何か、「これが原因じゃない?」と言う様な事があれば知恵を貸して頂きたく投稿しました。
何分、一度メイリオフォントを味わってしまうと、元に戻した時との差がありすぎて^^;
厚かましい事とは思いますが、宜しくお願いします。

 
[119] 
2007/05/15(火)23:02:46 | URL | シカゴ・ブルース[編集
プルコギさん、こんにちは。
ご返事が遅れて申し訳ありません。

「REDSTONE」というゲーム内部でどんなフォント指定が行われているか分からないので「原因はこれだ」という風には言えませんが、英字フォントのフォントリンクがうまくいっていないのではという気がします。 takayukiさんが教えてくださった [FontSubstitutes] へのレジストリ追加と同様な対処法でうまくいくかもしれません。

とりあえず、今日私がこの記事の追記に書いたレジストリ変更・追加(特に[FontSubstitutes])ができているかどうか確認してみて下さい。
 
[120] 
2007/05/18(金)16:06:49 | URL | プルコギ[編集
返信遅れましてすみません。
「REDSTONE」の運営にも問い合わせしたりしてみたのですが、「通常のフォントでの動作をお楽しみください」とか何とかで結局分らずじまいです><
で、[FontSubstitutes]も何度も確認してみましたがちゃんと出来てるしで。。。
途方に暮れながら、別(XPデフォルト)以外のVSを入れてやると、きちんと反映される様になりました。
何が原因かは未だに分りませんが(笑

お手数おかけしました。
HP楽しみにしてます。これからも頑張ってください!
有難うございました。
 
[121] 
2007/05/20(日)16:00:15 | URL | シカゴ・ブルース[編集
プルコギさん、こんにちは。

スキン(Visual Style)を変えたら大丈夫だったということは、Styler でいうところの「その他のフォント」の部分に指定されているフォントのフォントリンクがからんでいたのでしょうか。

よく分かりませんが、無事解決されたようで何よりです。
 
[122] officeとATOKで困ってます
2007/05/26(土)04:47:11 | URL | バイソン[編集
はじめまして。
しばらく前にこちらを参考にフォントを変更して使用しています。
見た目がキレイになって非常に満足しているのですが、困ったことがありまして投稿させていただきます。

それというのもOfficeでMS ゴシックやMS Pゴシックを選んでも勝手にMeiryoKe_PGothicになってしまうのです。
さらにATOKパレットが文字化けしています。
フォントフォルダでMS Gothicを開いてもMeiryoが開きます。

直そうと思いレジストリを変えてみましたがうまくいきません。なんとかならないものでしょうか。
不躾ですみませんが、よろしくお願いします。
 
[123] 
2007/05/26(土)15:02:14 | URL | シカゴ・ブルース[編集
バイソンさん、こんにちは。

meiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc に化けさせているので、MS Office 等でオリジナルの MS Gothic(MS PGothic) を使用したいと思ってもそれはできない相談だと思います。オリジナルの msgothic.ttc に置き換えた meiryoKeGothic.ttc(ファイル名 MSGothic.ttc) が Fontsフォルダにある状態ですからレジストリを変更してもオリジナルの msgothic.ttc を使うことは不可能です。

MS Office でオリジナルの MS Gothic を使う機会が多いのでしたら meiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc に化けさせるのはやめて、オリジナルの msgothic.ttc を Fonts フォルダに置いておき、レジストリをこの記事(WindowsXP のシステム・フォントを変更する(5))の末尾にあるようなものにするというのが一番無難なやり方だろうと私は思います。

ごくたまにしか MS Office を使わないのなら、使いたいときにオリジナルの msgothic.ttc を Fonts フォルダにコピーし、作業が終ったら meiryoKeGothic.ttc(ファイル名 MSGothic.ttc) を再び Fonts フォルダにコピーする、といったやり方も考えられますがちょっと面倒ですね。

オリジナルの msgothic.ttc のファイル名を ms_gothic.ttc に変更し、さらに内部フォント名を「MS_ゴシック(MS_Gothic, MS_PGothic,MS_UIGothic)」等に変更して、これらのフォントを利用するという過激な方法も考えられますが、弊害がありそうなのでお勧めできません。
 
[124] 
2007/05/26(土)15:20:36 | URL | シカゴ・ブルース[編集
書き忘れました。「ATOKパレットの文字化け」の件ですが、私は未だに WXG などというマイナーな IME を使っているので ATOK のことはまったく分かりません(PC-9801 の MS DOS の時代に1、2年使ったことがある程度)。ATOKパレットのどんな文字が文字化けしているのかが分かれば原因を突き止めるためのヒントにはなるかもしれません。

また、どなたかお分かりの方がいらっしゃいましたら是非コメントをお願いいたします。
 
[125] 
2007/05/26(土)17:54:54 | URL | バイソン編集
こんにちは。
早速のご回答ありがとうございます。

私はWindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)しかやっていないはずですが、それでもmeiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc に化けさせている状態になっているのでしょうか。

そもそも最初のレジストリがどうだったかがわからず戻しようもないのです。
まあOfficeの使用頻度は多くないのでこのままでも良いといえば良いのですが・・
 
[126] 
2007/05/27(日)02:11:34 | URL | シカゴ・ブルース[編集
バイソンさん、こんにちは。

早とちりでしたね。「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」のレジストリ変更・追加だけでしたら、主たる原因は FontSubstitutes の部分でしょうね。間接的に FontLink の部分が関係している可能性もあるかもしれません。

というわけで、手動で一つづつレジストリを元に戻してもいいですが、「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」の〔2007.02.27追記〕のところに載せてある unregmeiryo.reg をダウンロード(デスクトップあたりにでも)して、そのアイコンをダブルクリックすることにによって、変更・追加したレジストリを簡単に元に戻すことができますので、この方法でやってみて下さい。

もし、もう一度レジストリの変更・追加をしたいときには、その少し前にリンクを示してある「メイリオフォント簡単インストールメモ」(snailさん)という記事に載っている meiryo.reg をダウンロードしてダブルクリックすることで簡単にレジストリの変更・追加ができます。
 
[127] 
2007/05/27(日)02:17:19 | URL | シカゴ・ブルース[編集
追記です。

「最初のレジストリがどうだったかがわからず戻しようもない」とのことですが、「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)」には最初の値も示してあります。それを見ればどういう値に書き戻せばよいのかが分かります。また、追加した部分については、単に削除すればよいだけです。

いずれにせよ、一つづつ書き戻したり、削除したりするのは面倒ですから、前のコメントに書いた unregmeiryo.reg を利用するのが一番簡単だと思います。
 
[128] 
2007/05/27(日)04:48:26 | URL | バイソン編集
こんにちは。
ご指導ありがとうございます。

仰る通りやってみると元にもどりました。
ですが・・
やっぱり汚いフォントは我慢できず結局Meiryoにもどしてしまいました。

完璧にするにはvistaにするしか無いんですかね。
ありがとうございました。
 
[129] フォント序でにアイコンも...!?
2007/06/04(月)18:34:57 | URL | 虫眼鏡(p_-)[編集
毎度お世話になっております。
おかげ様でフォントだけはヴィスタ気分でパソコン・ライフも新鮮味を感じております。
ありがとう御座います。
序でと言ってはアレですが、今度はアイコン(出来ればポインタも)をヴィスタ気分にしたいのですが、フリ~で配布してるサイトって御座いますか??
違法な質問なら諦めます。
済みませんが、宜しくお願い致します。
 
[130] 質問です
2007/06/16(土)07:24:48 | URL | 特攻鬼[編集
こちらを参考にフォントの変更をしていたのですが、「MSゴシック&MS明朝 JIS2004 対応フォント」なるものをWindows Updateで入れたところ、表示が元に戻ってしまいました。フォント見てみると、上記のフォントファイル名が「msgoth04」となっているようです。
どうすればいいのでしょうか・・・
アドバイスをお願いします。
 
[132] 
2007/06/22(金)18:45:44 | URL | シカゴ・ブルース[編集
虫眼鏡(p_-)さん、特攻鬼さん、こんにちは。ご返事が遅れて申し訳ありません。

>虫眼鏡(p_-)さん。
アイコンその他も含めて Vista風にするには XPを Vista風にカスタマイズするためのツールを利用するのが一番手っ取り早いのではないかと思います。フリーでもいくつか出ているはずです。「Vista風 カスタマイズ」といったキーワードでGoogle等で検索すれば見つかります。また、Visual Style を中心にして Vista風にする方法もあります。「Browsing Visual Styles on deviantART」(http://browse.deviantart.com/customization/skins/windows/visualstyle/?order=5)あたりで Vista風の Visual Style を探すというのも一つの手です。

>特攻鬼さん。
特攻鬼さんの目的がメイリオ系のフォントを使うというのであれば、「MSゴシック&MS明朝 JIS2004 対応フォント」は不要なのではないかと思います。私自身もこれは必要ないと考えてインストールはしておりません。ですから、インストールした「MSゴシック&MS明朝 JIS2004 対応フォント」をアンイストールしてしまうことをお勧めいたします。
 
[133] 
2007/06/24(日)11:29:44 | URL | 特攻鬼[編集
シカゴ・ブルースさん ありがとうございました。
そうですね。その通りだと思います。
早速アンインストールをして元の環境に戻します!
 
[137] 質問させてください。
2007/07/23(月)17:33:01 | URL | YOPPYI[編集
初めまして。
このサイトを発見し早速メイリオをXPにインストールし、レジストリの変更、フォントの置き換えをしました。
とっても綺麗な見た目になり感謝しております。
ところで、質問があるのですが、ご都合が宜しければお願いします。
フォントを置き換えた後これまでに変更したレジストリを元に戻さずそのままにしておいた方が良いのはなぜなのですか?

現在2台パソコンがあり、一台はレジストリを変更しその後フォントの置き換えをしました。
もう一台はかなり荒技なのですが、
Microsoftのサイトから”WindowsXP.WindowsServer2003-KB927489-x86-JPN.exe”(MSゴシック&MS明朝 JIS2004 対応フォント)をダウンロード。
それを、WINRAR等で解凍、その解凍したフォルダの中にあるmsgoth04.ttcに、メイリオから作成したMSGOT_ORG.TTCをmsgoth04.ttcにリネームした物を上書き。
そのフォルダの中にあるUPDATEフォルダの中のUPDATE.EXEを実行。
以上でインストールの完了。
この方法では、方法でレジストリを変更せずにシステムフォントを変更できました。
ちなみにこの方法だとMSゴシック&MS明朝 JIS2004 対応フォントをアンインストールすればJIS2004 対応フォントになります。
また、MSゴシック&MS明朝 JIS2004 対応フォント解凍後のフォルダのmsgoth04.ttcをmeiryoKeGothic.ttc から MSGothic.ttc を作る手順を利用し、MS GothicをMS Gothic orgなどに名前を変え利用しています。

そこで最初の質問に戻るのですが、フォントの置き換え後レジストリを元に戻さない方がよいとありましたが、この2台目のパソコンはレジストリを変更しないと何か不具合が生じるのでしょうか?

長くなりましたがよろしくお願いいたします。
 
[144] 
2007/09/17(月)21:28:20 | URL | 通りがかりの人。[編集
初歩的なことですいませんが、どうにか知識足らず自分にも多分作成出来たみたいなのですが、フォントを入れようにも古いバージョンを消せと怒られ、消そうにもファイルが使用中とまたまた怒られます。
どうしたらよいのでしょうか。
それと、途中まで出来ていたのですが、完成したときにフォントの中をのぞくと、字体がmeiryoではなく、本家のMSゴシックが表示されるのですが、これは作成出来てるのでしょうか?
すいませんが、よろしかったらご回答お願いします。
 
[146] 
2007/09/18(火)21:01:33 | URL | 通りがかりの人。[編集
すいません、自己解決いたしました。
ご迷惑をおかけしました。
 
[152] 教えて下さい
2007/09/28(金)01:18:10 | URL | shii[編集
はじめまして。
初心者の私でもフォントの変更ができて、とても感激しました。
実は先日Vista搭載のPCを購入したのですが、一部メイリオになっていない部分があるのです。
メイリオになれてしまったせいか他のフォントが見づらくて・・・
Vistaでもレジストリをいじってフォントを変更できるでしょうか?
 
[153] Vista のことはよく分かりませんが…
2007/09/29(土)15:10:13 | URL | シカゴ・ブルース[編集
shiiさん、こんにちは。
Vista マシンを所持しておらず、つぎに購入するパソコンも XP にしようと思っているので、実は Vista について詳しいことを知らないのです。しかし、レジストリについては似たようなものだと思いますので、regiedit で覗いてみてはいかがでしょうか。「Vistaのフォントをカスタマイズ」↓というページが参考になりそうです。
http://jamlog.podzone.org/index.php?id=920
ただし、レジストリを・修正・変更する前に、変更・修正する項目あるいはキーに移動した後、ファイル(F)→エクスポート(E) を利用して、その項目・キーについての元データをバックアップしておくことを忘れずに! そして、さらに慎重を期するなら、正しくエクスポートされたかどうか、セーブされた .reg ファイルの中身をメモ帳等で確認して下さい。正しく保存されていれば、レジストリのその項目・キーを修正・変更した後でも元に戻すことができますから、こころおきなく作業ができると思います。
 
[154] ありがとうございます
2007/09/30(日)22:55:34 | URL | shii[編集
ここのサイトと教えて頂いたページを参考にしてさっそく挑戦してみようと思います。
初心者のくせにチャレンジャーですよね(^^ゞ
また結果報告に来ます。ありがとうございました。
 
[173] それでもなお・・・
2007/10/18(木)06:32:02 | URL | 特攻機[編集
こんにちは。
こちらを参考にしてしばらく使っていたのですが、気になることが・・・。
Norton Internet Securityなどの一部分のフォントがなんだかぐじゅぐじゅ(説明しづらい)になっています。
これって、変わらないんですか?Microsoft Updateの下の部分とかもフォントが変わらないままですよね?
教えていただきたいと思います。
 
[174] はじめまして
2007/10/19(金)14:04:29 | URL | hori[編集
こんにちは.
私は今システムフォントをプログラムから変更するために勉強をしていますが,シカゴ・ブルースさんのサイトはとても参考になります.

一つわからないことがあって,質問なのですが,よいでしょうか?
「画面のプロパティ」を使えばシステムフォントの種類とサイズは簡単に変えることができます.しかし,レジストリから変更する方法がよくわかりません.いろいろなサイトを見ていますが,なかなかそういったサイトがありません.
HCU_Control Panel\Desktop\WindowsMetrics
の中のAppliedDPIを変更すればフォントの大きさが変えられるという情報もありましたが,これも違うような気がします.

何か知っていることがありましたら,教えていただけると幸いです.よろしくお願いします.
 
[175] むずかしいですね。
2007/10/19(金)18:21:22 | URL | シカゴ・ブルース[編集
特攻機さん、こんにちは。
私の場合も、あまり美しくないギザギザのフォントが使われているアプリケーションやユーティリティには不満があります。FixedSys が使われていることもありますが(そのときはあきらめるよりない)、そうでない場合には MSゴシック系ではないなんらかの英字フォントが指定されているのではないか(その場合でも日本語部分は MSゴシック系が使われていることも多い)と思っています。その場合は、以前「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(4)――番外」のコメント
http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-129.html#comment105
で takayuki さんが教えて下さったように、その部分のフォントが何であるか分かればレジストリの [FontSubstitutes] で当該フォントを "meiryoKeGothic.ttc,MeiryoKe_UIGothic" で代替することによって解決できることもあるだろうと思います。しかし数ある英文フォントのうち、どのフォントが使われているのかを見つけるのは大変ですし、この方法では駄目なこともあります。。
そんなわけで、現在の私はそういった美しくないフォントには目をつぶっています。つまり、常用しているアプリやブラウザがメイリオおよび meiryoKe で表示されているので日常の作業は快適にできていますから、ほんの数分で済んでしまうそのようなフォントとの出会いは「そういうものだ」と思って気にしないことにしているというわけです。
でも、特攻機さんご指摘の Norton Internet Security の場合はそうも言っていられないかもしれませんね。そこで使われているフォントが何であるか分かればいいのですが(それで解決できるかどうかは分かりません)。
 
[176] 「画面のプロパティ」ではシステムフォントは変更できません。
2007/10/19(金)19:09:40 | URL | シカゴ・ブルース[編集
horiさん、こんにちは。
「レジストリから変更する方法」というのが手作業で直接変更するのか、それともプログラムを組んでその中からレジストリ情報を変更するのか、どちらをなさりたいのかがコメント文面だけからは読みとれませんが、もし後者だとすると私にはそれに対するアドバイスをさし上げるほどの知識と技量はありません。申し訳ありません。

もし前者だとすると、レジストリエディタ(C:\Windows\Regedit.exe。スタートボタン→「ファイル名を指定して実行」→ regedit と入力して起動)でいくつかのレジストリ・キーの内容を変更・追加すればよいわけですが、この場合は「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(1)または(5)」にしたがって変更・追加をして下さいとしかいえません((1)(2)を読むことは必須です。できれば(3)~(5)も)。ただし、それでもなお完全ではありませんから、Styler を併用して補ったり(「画面のプロパティ」で変更できる部分はもちろんそうでない部分も簡単に変えられます――これはとても簡単です)、システムフォントを入れ換えたり(こちらはリスクを伴います。作業も面倒です)という作業も必要です。
それでもなお完全ではありません。そのあたりはどこで折り合いをつけるかということになるかと思います。
「画面のプロパティ」で変更できるのはあくまでもフォント指定であり、システムフォントそのものを meiryoKe にするためにはレジストリを書き換えたりシステムフォントを入れ換えたりする必要がある、というのが一連の私の記事の内容です。その内容を理解するには、メニュー欄の「記事をまとめて読む」にある タグ【MeiryoKe】 で表示される記事を古いものから順にお読み頂くのが一番の近道だと思います。
 
[177] ご回答ありがとうございます.
2007/10/20(土)17:59:06 | URL | hori[編集
こんにちは.
わかりにくい質問をしてしまい,大変申し訳ありません.
私が目指しているのは「自作プログラムからシステムフォントを変更する」ことです.よって,「プログラムを組んでその中からレジストリ情報を変更する」ことになります.ですが,すでにシカゴ・ブルースさんの言う「プログラムを組んでその中からレジストリ情報を変更する」ことはできますので,シカゴ・ブルースさんには「レジストリのどこのエントリをいじればシステムフォントのサイズと種類を変更することができるのか」についてぜひお聞きしたいと思ったのです.

また違う角度から同じことを質問をすれば,「画面のプロパティでできることを,レジストリをレジストリエディタを使ってどう変更したら実現できるか」ということにもなります.が,いかがでしょうか?

PS.読み飛ばしたところも多いので,もう一度シカゴ・ブルースさんの記事を読み直してみます.
 
[178] レジストリだけでは無理なのでは…
2007/10/21(日)22:52:43 | URL | シカゴ・ブルース[編集
horiさん、こんにちは。
システムフォントというのは、広い意味では Windows のシステムを形づくっているさまざまなプログラムで用いられているフォント全般をいうのではないかと私は思っています。そして日本語版固有の部分はおそらく MS UI Gothic (UI=ユーザーインターフェイス)が使われているのだろう、と。しかし、そうでない部分は英語版と共通な部分には Microsoft Sans Serif とか Tahoma などが使われていて、これらのフォント(およびサイズ)はスキン(VisualStyle)や Explorer 等の内部で指定されているのではないかと思います。しかしそれらの中には「画面のプロパティ」で変更できないものがあって、そのような部分のフォントを変更するにはスキン(VisualStyle)本体や shellstyle.dll の内部を直接いじるしか方法がない。だからこそ、まいう~さんの「Windows Font Final」↓では .msstyles や shellstyle.dll 内部を書き換えているわけでしょう。
http://mai-u.x0.com/tako/archives/2006/11/windows_font_final.html
私はそんな面倒なことをしたくないので、万能ではないにせよある程度の部分のフォントを手軽に変更できる Styler を利用しているわけです(Styler の作者には本当に感謝しています)。

というわけで、horiさんのおっしゃるように、レジストリのどこかのエントリをいじるだけではシステムフォントのサイズと種類を変更することはできないのではないかと私は思います。特にサイズは。
 
[179] たしかにそうですね
2007/10/22(月)17:33:02 | URL | 特攻鬼[編集
シカゴ・ブルースさん、お返事ありがとうございました。
たしかに、現状でここまで快適に利用できれば、それくらいは目をつむってもいい感じですね。
できるものなら…と思ったのですが、妥協も必要。
今のままで行こうと思います。
 
[180] そうなんですね
2007/10/24(水)09:19:51 | URL | シカゴ・ブルース[編集
特攻鬼さん、こんにちは。
MeiryoKe を MS Gothic に化けさせたので MeiryoKe はもう不要になる(代わりに MS Gothic を利用すれば)と思いましたが、下手にいじるとやはりうまくいきません。いろいろやってみた結果、記事に書いた通り、「MeiryoKeのMS Gothic化+レジストリの変更・追加+Styler併用+MeiryoKeの利用」という結論になりました。それでも、アプリによってはきれいなフォントになりませんがやるべきことはやったように思いますので、このあたりで妥協するのが賢明だろうと……。それに、私としてはこの状態で十分満足しています。
 
[181] 
2007/10/25(木)12:21:51 | URL | hori[編集
こんにちは.

シカゴ・ブルースさんの言う

>「画面のプロパティ」で変更できるのはあくまでもフォント指定であり、システムフォントそのものを meiryoKe にするためにはレジストリを書き換えたりシステムフォントを入れ換えたりする必要がある

>システムフォントというのは、広い意味では Windows のシステムを形づくっているさまざまなプログラムで用いられているフォント全般をいうのではないかと私は思っています。

についてやっと理解ができました.理解力が足りませんでした(泣)

どうやら,私のシステムフォントというものの定義とシカゴ・ブルースさんの定義が違ったようです.私はシステムフォントというものはただ単に,タイトルバーやメニューバー,メッセージボックスなどに表示されるフォントのことだと思っており,表示されるそれらの文字を変更することがシステムフォントの変更だと思っていました.
勉強になりました.ありがとうございました.

ところで,サイズの変更ですが,レジストリからできました.(知っているかも知れませんが)番犬ロンという良いソフトがあるのですね.これでいろんな調査ができました.
http://www.e-bird-inc.com/regron/index.html

IconFontなど,フォントを指定するエントリがいくつかあるのですが,そのエントリ値はフォントのサイズと種類の両方のデータを含んでいるようです.種類しか指定できないと思っていたのが間違いでした.

 
[238] 
2008/01/16(水)05:49:34 | URL | う゛ぃすた[編集
当方、メイリオが大部分で使われている(「システムフォント」の定義にかなっているのでしょうか?)Vista使用者です。メイリオフォントのディセンダについてのエントリーを読みましたが、私もこの点が不満です。メイリオフォントを考慮していないソフトの場合、ソフトの設定ウィンドウなどの小さ目のウィンドウでメイリオが指定されていると文字の下の部分が切れてしまいます。(海外産のソフトに多いですね。)そこで紹介されている「メイリオ改」を作成して、元のメイリオと置き換えるという荒業をしようとしたのですが、できませんでした。 セキュリティをどういじっても元のメイリオフォントファイルが移動できないのです。Vistaに怒られます。

>(=Fontsフォルダにある msgothic.ttc をデスクトップあたりに移動し、代わりに MSGothic.ttc を Fontsフォルダに移動またはコピーする)

この操作はXPで出来るんですよね。日本語のフォントをわざわざソフト会社が考慮してくれるはずもないし、メイリオフォントには困ったものです。
 
[239] 
2008/01/16(水)10:50:05 | URL | シカゴ[編集
う゛ぃすたさんこんにちは。

Vista ではシステムフォントを移動させることはできないのですか。

オリジナルのメイリオのコピーをどこか適当な場所にとっておいてから、Fontsフォルダのメイリオにメイリオ改を上書きコピーするというのはお試しになりましたか。

もしそれで駄目でもセーフモードで入れ換えをすればうまくいくかも知れません。セーフモードで起動するには起動時にメーカーのロゴが表示されたタイミングで F8キーを押せばよいと思います。セーフモードについては↓などを参考にしてみて下さい。

http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/323ef48f-7b93-4079-a48a-5c58eec904a11041.mspx
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2062235
http://mikasaphp.fixa.jp/vista_bootop.html
 
[240] 
2008/01/16(水)11:45:34 | URL | う゛ぃすた[編集
セーフモードでもダメですね。

それと上の方で紹介されているリンク先で、VistaでMSゴシックが使われている箇所をMeiryoKeに置き換えるようにレジストリをいじる方法が紹介されていますが、MeiryoKeでもソフトの設定画面のような大きさの決まった小さいウィンドウでは文字の下が切れたり、設定項目がウィンドウの外に押し出されて、スクロールもできない状態になりますね。

XPではMeiryoKeに置き換えてこういう事は起こらないでしょうか?全部が全部というわけではありませんが、当方、海外産の無名ソフトを入れて試してみるという習慣がありまして...
 
[241] 
2008/01/16(水)13:04:14 | URL | シカゴ[編集
う゛ぃすたさん、こんにちは。

セーフモードでも駄目だとすると私には他の方法がちょっと思いつきません。

つかぬことをお伺いしますが、う゛ぃすたさんは当然 Administrator権限でログオンしているのですよね。

「Windows Vista Administrator アカウントを有効にする方法」
http://blogs.yahoo.co.jp/akio_myau/19972257.html
「Windows Vista Home BasicでAdministratorを利用する」
http://blogs.yahoo.co.jp/akio_myau/19972257.html
 
[242] 
2008/01/16(水)13:30:07 | URL | う゛ぃすた[編集
そうです。自宅固定で自分しか使わないので、常に最大の権限を与えてUACもきっています。邪魔なもので。なのでVistaでの荒業はもうあきらめ気味です。検索しても、Vista上のメイリオフォント改造についての記述はあまり見つけられませんでした。
 
[243] 
2008/01/16(水)15:40:54 | URL | シカゴ[編集
そうですか。そうなると残された手段はレジストリの FontSubstitutes を利用するくらいですか。こんな風に↓。

ttfname3 を使ってメイリオ改の内部名の "meiryo", "メイリオ" をたとえば "meiryo_k", "メイリオ改"… に変更したものを作り、 FontSubstitutes に

"meiryo,128"="meiryo_k,128"
"メイリオ,128"="メイリオ改,128"

を追加する。

ちょっと面倒ですけど。
 
[244] 
2008/01/16(水)16:25:13 | URL | う゛ぃすた[編集
非常に丁寧な回答ありがとうございます。

ここまで回答していただいて今更言うのもなんですが、以下に自分の考えを書かせてもらいます。上でも言いましたようにVista上でもMSゴシックでギザギザに表示される部分をMeiryoKeに置き換えましたが、困った状況が起きました。 ジカゴさんはXP上でMSゴシックを置き換えて使ってらっしゃるようなので、こういう状況はVista特有ではないかと思われます。MeiryoKeを利用して作ったメイリオ改でも同じような状況が生まれると思います。(上の方法で試してないので断定はできませんが)。

しかし上で述べた困った状況というのも不可解です。アセンダとディセンダを詰めたMeiryoKeでも下半分が切れたりウィンドウ内のレイアウトが下に引き伸ばされたようになってしまいます。素人の私が考えるのに、これは単にフォントだけじゃなくて、レイアウト関連の設定も関連してるんじゃないかと思います、Vistaでは。マイクロソフトがMSゴシックを残したのは、こういう理由からじゃないでしょうか。理由というか換えるに換えられなかったと言った方がいいかもしれませんが。しかし、メイリオを謳っておいて、コントロールパネルの設定画面のフォントはMSゴシックを使い続けるのは、どうも納得がいきません。もし、レイアウト関連の事が原因なら、メイリオ自体を初めからデザインし直してシステム関連の表示からMSゴシック排除してほしかったです。

以上、半分妄想からの非難を書き連ねてしまいました。
 
[245] 
2008/01/16(水)17:15:33 | URL | う゛ぃすた[編集
タイプミス多くてすみません。フラストレーション溜まってます、はい。
 
[248] 
2008/01/17(木)14:16:26 | URL | シカゴ[編集
う゛ぃすたさん、こんにちは。

私は Vista を持っていないので分かりませんが、噂を聞くと Vista ではセキュリティ機能が強化された反面、それによってユーザーが自由にカスタマイズすることが非常に困難になったようですね。

となると、ノートパソコンのような非力なマシンでも自分なりに快適な環境を作ってとりたてて不満もなくパソコンを使っている者には Vista は向いていない OS なんだなと今さらながら思います。う゛ぃすたさんのお話は、もうかなり前に次期パソコンも XP にしようと決めていた私の判断は適切であるということを確認させて下さいました。

フラストレーションが溜まっているとおっしゃるう゛ぃすたさんのお気持ちお察しします。
 
[261] 質問です。
2008/01/30(水)01:18:50 | URL | Kam[編集
初めまして。こんにちは。
サイトを参照させていただき、システムフォントをメイリオにすることに成功しました。
しかしながら、悩みがあります。
フォルダを開いているときの左に表示されるタスク欄の文字や、iTunesの文字が小さくて、見辛いのです。
StylerやSFCを使ってみましたが、対象外のようで、文字は大きくできませんでした。
どうすれば文字を大きくできるのでしょうか。
もしよろしければお答え頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。
 
[262] 
2008/01/30(水)13:03:00 | URL | シカゴ[編集
Kamさん、こんにちは。

iTunes の文字については分かりませんが、フォルダの左側の[ファイルとフォルダのタスク]部分は「アイコンタイトルフォント」と同じものが使われるようです。ですから Styler でも SFC でも変更できるはずです。アイコンタイトルと[ファイルとフォルダのタスク]部分のフォントの大きさとの兼ね合いですね。私は 8 にしていますが 9 か 10 くらいの方が見やすいかもしれません。
 
[263] 
2008/01/31(木)02:55:50 | URL | Kam[編集
ご回答ありがとうございます
しかしながらStylerでもSFCでも変更ができませんでした。
アイコンのサイズだけが変わりました。
レジストリを初期状態に戻してからやってみても、やっぱりアイコンのサイズだけが変わりました。
私のパソコンの都合なんでしょうが、何か考えられる原因や解決策というものはございませんでしょうか?
ご教授お願いいたします
 
[264] 
2008/01/31(木)17:43:38 | URL | シカゴ[編集
Kamさん、こんにちは。

>StylerでもSFCでも変更ができませんでした。
>アイコンのサイズだけが変わりました。

そうですか、変ですね。
ところでレジストリに関してなのですが
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NT
CurrentVersion FontSubstitutes] の
"Microsoft Sans Serif,0"="MeiryoKe_UIGothic,128"
の部分の設定はしておられるのですよね。

なお、meiryoKeGothic.ttc を msgothic.ttc に化けさせて使う場合のレジストリ設定については「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(6)――最終(改)」
http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-167.html
に整理してありますのでもう一度確認してみて下さい。
 
[295] 
2008/04/18(金)21:28:48 | URL | questioner[編集
シカゴ・ブルースさん、はじめまして。
XPユーザーですが、Vistaが発表になろうとしていた頃より、今は乗り換えずに
次のOSが来た時に乗り換えようと決めたにもかかわらず・・・Vistaのフォントに
魅せられてしまったちゃっかり者です。シカゴ・ブルースさんのレクチャーを参考に
一発でシステムフォントを変更できました!ありがとうございます。
ところが、一つ質問してもよろしいでしょうか?システムフォントを変更したところ
ソフトのダイアログや、ファイルのプロパティなどが、元の大きさの1.2倍ほどに
拡大してしまっているのですが、これは仕様でしょうか?

環境: meiryoKeGothic.ttcをバラし、meiryoKeConsole.ttfを加えた
meiryoKeGothic.ttcを組み、それとは別にメイリオ改にしたmeiryo.ttcを
ttfに分解させてから入れております。
Mゴは偽装させておりませんが、レジストリ値は『(1)』の記事どおり
メモ項目の修正と追加を加えた値にしております。

ご返答を宜しくお願いいたします。

 
[296] 
2008/04/20(日)11:14:15 | URL | シカゴ[編集
questionerさん、こんにちは。

私の現在のレジストリ設定は
「WindowsXP のシステム・フォントを変更する(6)――最終(改)」
http://okrchicagob.blog4.fc2.com/blog-entry-167.html
に記載してある通りですが、questionerさんご指摘のような現象は生じておりません。

[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows
NTCurrentVersion FontSubstitutes]

Microsoft Sans Serif,0"="MeiryoKe_UIGothic,128
を追加なさっておられるでしょうか。



 
[297] 
2008/04/20(日)21:45:10 | URL | questioner[編集
ご返答をありがとうございます。
はい、ご指摘の文字列値につきましては、追加しております。

・・・が、ご指摘にちなみまして、実はこちらでも編集前に気になった点がありました。
私の元々の FontSubstitutes は、Desktopcustomize.comさんの
ttp://www.desktopcustomize.com/modules/windows2/rewrite/tc_6.html
こちらのページ 項目11の文字列値と同一になっていました。
レクチャーにおいてシカゴ・ブルースさんは、以下
"標準ゴシック"="MS ゴシック"
"@標準ゴシック"="@MS ゴシック"
"ゴシック"="MS ゴシック"
"ゴシック"="MS ゴシック"
の文字列値については、言及なさっていらっしゃいませんよね?
そのため、まずは文字列値を新規追加するだけにとどめていました。
もしかすると、上記の値を変更しないがために、前述の不具合(?)が
発生しているのかも知れません・・・。
今一度、見直しと編集をした後に、報告にまいります><

 
[298] 
2008/04/20(日)23:30:04 | URL | シカゴ[編集
questionerさん、こんにちは。

言及していないエントリーのデータはデフォルトのままで変更しておりませんので、私の場合も
"標準ゴシック"="MS ゴシック"
"@標準ゴシック"="@MS ゴシック"
"ゴシック"="MS ゴシック"
"ゴシック"="MS ゴシック"
の値はそのままになっています(そのまま残してある)。
ですから、ご指摘の不具合がこれらを変更していないために発生しているとは考えられないのですが……。

私が採用しているレジストリの書き換えはもともとまいう~さんが追加・修正した部分を多少アレンジし、それに takayukiさんのご教示による部分を追加したものです。多くの方がこのやり方でうまくいっているようです。

ただし、アプリケーションによってはギザギザフォントのままで表示される部分が残っています。そのあたりはみなさん諦めているのではないかと思います。

しかし、questionerがおっしゃるような不具合は初めて聞きましたので私にはその原因が何なのか分かりません。

それと、ディセンダ/アセンダが異なる meiryoKeGothic と meiryoKeConsole とをわざわざ組み合わせているのはなぜなのでしょうか。これがちょっと気になっています。
 
[299] 
2008/04/22(火)21:12:26 | URL | questioner[編集
再びご返答をありがとうございます。
あの後、すぐさま "標準ゴシック" 等の値を変更し、何時間か過ごしていたのですが
(文字化け一つ)何ら変化は起きませんでした。また、SystemLinkで組むフォントを
実験的に換えてみたりもしたのですが、依然として同じ状況でした。
結局は昨夜、レジストリ値をカスタマイズ前の状態に戻してから、導入したフォント群を
すべて削除しまして、一からすべて(今度は勝手なことをせず><レクチャーどおりに)
やり直しました。うきうきと再起動させたものの、連敗です。

昨夜、まいう~さんの記事を拝見して、ちょっと驚きました・・・
あちらに "システムのプロパティ" と "画面のプロパティ" のスクリーンショットがあります。
目にした瞬間「おや?」と感じたのですが、確認の為にも自分のダイアログを画像に
重ねてみましたら、大きさが一致するんです。値も設定も異なるのに不思議です。
とにかく、ちらほらと拡大現象が発生しており、それらはデフォルトの大きさと比較すると
縦に間延びしています。他にはソフトのダイアログにおいて、表示の崩れが少々
発生しているものもありますね・・・。何が原因なのか、本当にお手上げです。
 
[300] 
2008/04/23(水)01:06:24 | URL | シカゴ[編集
questionerさん、こんにちは。

ご返事を拝見して「もしや……」と思ったことがあります。
メイリオは指定していないと思いますので原因はフォントリンクかもしれません。スキンのフォント指定も関係あるかもしれません。

とりあえず
[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NT
CurrentVersionGRE_Initialize] の
"GUIFont.Facename" の値を
"Tahoma" ではなくて "MeiryoKe_UIGothic" に変更するとどうなるかチェックしていただけませんか。

私は「偽装した MS ゴシック」を使って、"MS UI Gothic" を指定しているので同じようなチェックができません。
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

トラックバック:Windows7 Font NonFinal
Windows 7??Ă??vpeB???ł?ΏoĂAMSSVbN?rbg}bvtHgB?邽т?Qi??AH m...
2009/11/04 Wed 01:11:44 | ?`^
よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)~(7)
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

現在表示しているページ
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年生れ(68歳♂)。国語と理科が好き。ことばについては子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。現在は39年間続けた自営(学習塾)の仕事を辞め個人的に依頼されたことだけをこなす日々です。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

記事案内
カテゴリー一覧
ブログ記事の検索
月別記事検索
ページ検索
 
文字列検索(兼タグ検索)
Google・Yahoo! でブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)――認識論と言語学三浦つとむ『認識と言語の理論 I』

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

最近のコメント
メールフォーム
個人的なご連絡やご意見・メッセージの送信、あるいはコメント欄では不都合と思われるような一般的なことがらについてのコメント等はこのメールフォームをご利用下さい。FC2ブログが仲介して私宛のメールとして届けてくれます。返信ご不要の場合はメール欄に no_reply@dummy.jp とご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

主なアクセス元
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /  

FC2Ad

 /