ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2007年03月27日(火)| 言語>意味 |  
三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(2)

さて、言語学の分野では表現された言語(自然言語)の意味とは何かということについての定説が存在しない。つまり、意味論が確立されていない。その中では最近よく耳にするようになった認知意味論は三浦の関係意味論に比較的近いといえるかもしれない。三浦の関係意味論はある意味でマルクスがその著作の端々で触れている言語についての断片を系統的にまとめたものとみることができる。つまりマルクスはすでに言語の意味について商品の使用価値や交換価値、意識の外化・対象化(疎外概念を含む)といった概念のもとで語っているのであり、関係意味論に欠くことのできない観念的自己分裂つまり、人間の対象意識の運動についても語っているのである。また、ふつうの人々も表現された言語の意味を直観的につかんでいるのであり、そうでなければ人類がかくも長く言語を用いた意思疎通を行ってきたことを説明できないし、人々がさまざまに工夫して自分の意志や意図を他者に伝え、他者の意識やその伝えたい内容を的確につかみ取ってきたことも説明できない。にもかかわらず、三浦のいうようにいざ言語の意味とは何かを問われると言葉につまってしまうのである。

このことは言語とは何かについて一致した見解がないということも含めて、現在の言語学において主流となっている構造言語学の限界を端的に示している。したがって、言語とは何か、意味とは何かについての構造言語学の「解釈」はまちがっているのである。そもそも、構造言語学は意味論どころか意味を形成する上で最重要な位置を占める概念についての把握、つまり概念論ですでにつまづいているのである。

三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(『言語学と記号学』勁草書房所収)

 言語表現においては対象から認識へすなわち表現されるべき概念の成立する過程的構造は表現されることによって止揚されている。つまり、背後にふくまれており表現に関係づけられてはいるが、直接にあらわれてはいない。音声の種類において関係づけられているこの過程的構造を、音声の聞き手は逆にたどって追体験していくときに、意味をとらえ意味を理解したというのである。意味とはすなわちこの表現に止揚されている過程的構造であり、音声の持つ関係をさすことばである。表現される概念は、意味を形成する実体であるが、それ自体が意味ではない。概念それ自体が頭からぬけ出して音声のうえにこびりついているわけではない。ソシュールは langue の概念のみを概念と解釈して、「なにもかも、聴覚映像と概念とのあいだで、それ自体のために存在する・閉ざされた領域と見なされた語の限界内で、おこる。」と考えたのだから、事実上意味を形成する実体である表現される概念のほうを、理論的に追放してしまったわけである。彼は理論的に追放しても、実際には langue の概念とは別個の新しく成立する異質の〈個性的な〉概念が表現されるのであるから、学者たちは何らかの形でこの二種の区別と連関をとりあげることを強制されないわけにはいかない。哲学者はどういうかたちでとりあげたであろうか?(p.28)

言語表現における〈対象→認識(意識)→表現〉過程を図示するとつぎのようになる。

  対象(普/特)個別概念(普/特)語概念(普)⇔語韻(普)語音(普/特)

(注) 対象(普/特)および個別概念(普/特)における(普/特)は、言語に表現される現実の事物つまり対象が個別の事物であって、それぞれがさまざまな普遍的・特殊的な性格や属性をもった存在であること、またそれらが認識され概念的に把握された個別概念もまたそれぞれの状況や条件に応じて合理的につかみとられたさまざまな普遍的・特殊的な概念をともなう表象であることを示している。また〈語概念(普)⇔語韻(普)〉は語規範であり、そこにおける語概念・語韻はともに普遍的な概念形態をとった対象認識・規範認識であることを示している。最後の語音(普/特)の「普」は言語音における普遍的な側面つまり音声が種類としての普遍的な性格(音韻)をもったものであることを示しており、「特」は音の特殊な側面つまり個人における音声がそれぞれ特殊な性格(音声の質:高低や大小など)をもったものであることを示している。〔03/28追記

たとえば、「家の前に白くて尻尾の長い小猫がいた」という表現において〈対象→認識(意識)〉過程では、「小猫」という普遍的・特殊的な把握は言語化される以前に「白い」「尻尾の長い」といった他の普遍的・特殊的な把握と同時に「可愛らしい」とか「これまで見たことがない」とか「ひもじそうな」とかといった普遍的・特殊的な把握やそれらを含む無数の普遍的・特殊的な把握をともなった個別的な概念すなわち個別概念個別的概念)として認識されている。

この対象を「コネコ」という音声で表現する過程は、現実の小猫(普/特)「小猫」個別概念(普/特)語概念「小猫」(普)⇔語韻/コネコ/(普)語音「コネコ」(普/特) のように図示できる。したがって語規範〈語概念「小猫」(普)⇔語韻/コネコ/(普)〉に媒介される過程で、表現者が把握した現実の小猫のさまざまな普遍的・特殊的な認識(個別的な認識=個別概念)のうち普遍概念「小猫」以外の認識は、表現された語音「コネコ」においては、事実上捨象されてしまっている。しかし、表現された「コネコ」という語音の背後には語規範〈語概念「小猫」(普)⇔語韻/コネコ/(普)〉に媒介される形で「小猫」個別概念(普/特)がつながっているのであり、さらに「小猫」個別概念(普/特)を介して現実の小猫(普/特)がつながっているのである。

このことを三浦は「表現されるべき概念の成立する過程的構造は表現されることによって止揚されている」と、上の引用文でいっている。つまり、語音「コネコ」においては普遍概念「小猫」以外は捨象されてしまっている(「直接にあらわれてはいない」)が媒介的・間接的なつながりとして「小猫」個別概念(普/特)現実の小猫(普/特)が表現の背後に目に見えない関係として保存されている(「背後にふくまれており表現に関係づけられてはいる」)のである。ヘーゲルやマルクス・エンゲルス、三浦のいう「止揚」とは「抽出・抽象(捨象・廃棄)の背後に捨象・廃棄されたものが目に見えない関係として保存される」という意味を持った動的・過程的な概念なのである。

したがって、「音声の種類」(語韻)と語概念すなわち語規範において関係づけられている」(媒介されている)「この過程的構造を」「逆にたどって追体験していく」ことによって「音声の聞き手は」「意味をとらえ意味を理解」するのである。この受容過程(観念的な追体験過程)はつぎのように図示される。

  語音(普/特)語韻(普)⇔語概念(普)個別概念(普/特)対象(普/特)

  語音「コネコ」(普/特)語韻/コネコ/(普)⇔語概念「小猫」(普)
  →「小猫」個別概念(普/特)現実の小猫(普/特)

以上を一言でいい表わすと「意味とはすなわちこの表現に止揚されている過程的構造であり、音声の持つ関係をさすことばである」ということになる。

ソシュールは思想の中に存在している個別概念を的確につかむことができず、思想を不定形の(観念の)塊と考えてしまったから、この個別概念を「言語学の究極的単位としての諸区分(=言語単位)」としてとらえたものの、これが語規範の媒介を経て言語として表現される意識内の実体であることに気がつかなかった。結果的にソシュールは個別概念を概念としてとらえることに失敗したわけである。いい換えれば、ソシュールは個別概念(特殊と普遍とを統一的にとらえた概念)を「言語学の究極的単位としての諸区分」としてとらえ、そこから言語単位が生れる「神秘的な」「事実」を語り、その言語単位の内容を「価値」と呼んではみたものの、その「価値」が、表現者がつくり出そうとしている「使用価値」=言語の意味を形成する実体である個別概念であることには気づかなかったのである。その結果、ソシュールは言語単位(内語化された個別概念)を根源的なものと直観したにもかかわらず、媒介として働く連合関係(語規範)の概念(普遍的な概念=「交換価値」)の方をより根源的なものと見誤って、連合関係から言語単位が、そして連辞関係(内言)が生まれると考えたのである。後の構造言語学者たちは、それを鵜呑みにして語規範を形成している語概念(普遍的概念)のみを概念と呼び、それ以外の概念(特殊的・普遍的概念=個別概念)の存在を完全に抹消してしまった(「事実上意味を形成する実体である表現される概念のほうを、理論的に追放してしまった」)。

〔03.28追記

規範概念(語概念)以外の概念の存在を抹消してしまった構造言語学や構造主義の立場をとる人たちには、個々の人間の意識の中には個別概念から止揚されて形成される普遍概念が語韻と結びつかない状態で存在することなど思いもよらないことなのであろう。しかし、個々の人間の世界観を形成する概念の中には語規範の概念だけでなく、現実からもたらされ形成された生き生きとした個別概念・普遍概念が数多く存在しているのである。それに語規範の概念は元はといえばこのような個別概念・普遍概念から形成されるのである。

 マルクス主義哲学者と名のるルフェーブルは、『言語と社会』(以下の引用は広田昌義の訳文による)で、構造言語学以前の学者たちが「意味作用(signification)と意味(sens)を混同していた」という。そしてまた、「音楽場の分析は、われわれの見るところ、意味と意味作用との混同によって理解し難いものにされてきた。ある音楽作品は意味をもつが意味作用はもたないのである。」と主張する。そして両者の性質をつぎのように規定する。「意味作用は正確で抽象的だが、内容に乏しい。意味は内容に富んでいて錯雑しているが、汲みつくすことができない。汲みつくすことができる意味とは意味ではない。あるいは意味ではなくなっているのである。意味作用は字義的である意味はあらゆる側面から他のものへわれわれを送りかえす。一方においては、過去へ、既得の知識へ、現在性へ、記憶へと、――他方においては、潜在性へ、可能性へ、意味を担った知覚場の多様性へと送りかえすのである。」つまり、ルフェーブルは言語の表現内容から、概念として音声や文字の種類によって直接に表現されている、規範の概念に対応する部分と、直接に表現されていない表現主体の独自の認識の部分とを切りはなし、前者は意味作用で後者は意味だと区別するのである。これは規範の概念と表現主体のつくり出した概念との区別と連関が理解できないために、後者の概念が前者の概念の機能としてすなわち前者の作用において成立したかのように錯覚したのである。音楽においては、ある楽章の中で主題が展開され発展していくかたちをとるが、この主題に相当するものが言語の意味作用で、内容の乏しい抽象的な存在だと解釈したわけであるから、これも規範についての無理解から生れた解釈ということができる。

 それでは、意味の発生についてルフェーブルはどう考えているか? 「意味の発生は複雑である。それはどのようにして、また、だれのために、何によって産出されるのか? 意味が生れるのは言葉の中にか、あるいは可感的なものの中にか、それともその両者の関係の中になのか? それはどのようにして可感的なもの(知覚されたもの)の中に、超言語的なある場を構成するような仕方で、投入されるのか? これらの継起的な、あるいは同時的な、活動は言語の内部においてではなく、言語と社会、あるいは言語形態と他の実践的諸形態(内容も同様に問題になる)の間の関係の中で展開されるのである。」どうしてこんな問題の立てかたをするのか、そこから考えてみよう。われわれが「家」と表現するとき、この表現された概念には表象や感覚が含まれているし、さらにこれらの認識は対象である現実の世界の事物に根ざしている。つまり、「家」の意味は、対象である現実の世界の事物にむすびついており、この事物をとりあげている。けれどもこの事物を意味とよべるのはあくまでも言語に表現したからであり表現の過程的構造に関係づけられているからであって表現なしに事物それ自体が意味であるとか意味をもっているとかいうことはできないそれゆえ言語の意味は表現において過程的構造を止揚することによってすなわち言語の内部において成立するのである。ルフェーブルは止揚ということばを知ってはいても、表現が止揚であることを理解できなかった。そして「言語と社会、あるいは言語形態と他の実践的諸形態」との関係で、言語の外部で事物それ自体が「意味を帯びる」のだと解釈した。「無意味なものが意味を帯びるのである。一九世紀中葉以前、マルクスの著作以前には、人間の労働とプロレタリアートの貧困はキリスト教的慈愛とユートピア主義者にとってしか意味をもっていなかった。以後それは政治的、歴史的意味をもつようになった。そのことはマルクス主義の思想に影響をもたせた広汎な運動(社会主義)によって始めて可能になったのである。」こうしてバルト的意味論への道が準備されるのであるから、ルフェーブルがバルトを大いに賞めちぎったのも不思議はない。(p.28~30)

ここは解説の要はないであろう。ただ最初の段落の最後の部分「この主題に相当するものが言語の意味作用で、内容の乏しい抽象的な存在だと解釈した」というのは間違いであろう。この段落の最初のところに引用されているルフェーブルの「ある音楽作品は意味をもつが意味作用はもたないのである」から判断して、ルフェーブルは音楽作品には「意味作用」がないと考えていたと思われる。つまり音楽作品には言語規範の語概念に相当するような規範概念が存在しないゆえに、「言語の意味作用」すなわち規範に媒介される過程に相当する過程が音楽作品には存在しないとルフェーブルは考えたのであろう。

また二番目の段落の太字部分はきわめて重要であって、言語過程説の関係意味論の根幹をなす部分である。意味は表現された言語なくしては存在しない。記号表現も同様であって、表現された記号なくして事物そのものが意味をもつと解釈する構造主義的記号観(バルト的記号観)は記号概念を度外れに拡張した結果、もたらされた大いなる錯誤=誤謬であるとしかいいようがない。

(関連記事)

言語 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:135
コメント
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 『認識と言語の理論 第二部』1章
 『認識と言語の理論 第二部』2章
 『認識と言語の理論 第二部』3章
 『認識と言語の理論 第二部』4章
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 第一部』1章
 『認識と言語の理論 第一部』2章
 『認識と言語の理論 第一部』3章
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

ページ案内
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年10月生れ♂(2024年4月1日現在75歳)。千葉県西部在住。国語と理科が好き。ことばの持つ意味と自然界で起きるできごとの不思議さについて子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。長い間続けた自営(学習塾)の仕事を辞めた後は興味のあることに関して何でも好き勝手にあれこれ考える日々を過ごしています。

2021年の2月下旬から海外通販(在台湾日系法人)を通じてイベルメクチンのジェネリック(イベルメクトール他)を購入し、定期的に服用しています。コロナワクチンは接種していません。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

ツイッター(X)は okrchicagob

なお、イベルメクチンについては「ヒカル イベルメクチン服用体験」というヒカルさんのツイッター(X)が参考になります。

カテゴリー一覧
文字列検索
文字列検索(兼タグ検索)
ブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 第一部』 1章(1) 認識論と言語学との関係

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

最近のコメント
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /   /