ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2008年02月28日(木)| 言語>言語本質論 |  
三浦つとむ『言語過程説の展開』 冒頭の文章

前稿「三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき」で触れているように『認識と言語の理論』は第一部~第三部の3分冊からなっている。このうち前二つが本来の『認識と言語の理論』の本体であり、三浦は早くからこの2分冊を一冊のまとまった書として刊行したいと思っていた。しかしその願いはなかなか叶うことはなかった。そして 1983年8月に第一部と第二部との合本が「三浦つとむ選集3 言語過程説の展開」という形で出版されたことによってその願いはようやく実現した(三浦としては不本意であったかもしれない)。この合本『言語過程説の展開』の冒頭部分には『日本語はどういう言語か』という本がいかにして世に出たか、学術書としての『認識と言語の理論』をなぜ書いたのか、といった経緯についてつづった文章が載せられている。三浦の言語過程説の成立過程とそれを世に出すための苦心とがうかがわれる貴重な文章なので是非ご紹介したい。

「三浦つとむ選集3 言語過程説の展開」(勁草書房) p.i~vi 

『言語過程説の展開』から『日本語はどういう言語か』さらに『認識と言語の理論』へ

 スターリンの言語学論文を批判した後に、私は自分の言語理論を体系的にまとめる仕事をはじめました。これはいわば時枝さんの研究と私の研究とを合体したものですから、『言語過程説の展開』と題して、はじめの部分を自分でプリントの分冊にして何回か知人に配りましたが、世界のどの言語学者もまだ論じたことのないものだという自信があったので、やはりちゃんとした本で出版したいと思って、一冊分の原稿を書きあげました。しかしスターリン批判のときに代々木から原稿拒否の指令のまわっているような出版社へ持って行くわけにはいきません。すると謄写(とうしゃ)製版の仕事を以前によくもらっていた神田お茶の水のプリント屋の主人が、「御茶の水書房」という学術書の出版社を経営していたので、そこへ持って行きました。謄写製版の仕事では信用があったし、その上五五年に出した『弁証法はどういう科学か』は五六年春のベストセラーになっているので、門前払いにはならないだろうと思ったわけです。すると、原稿の中に時枝さんの批判があったので、それを見た出版社の側で、「こんな原稿が来ているがどうか。」と時枝さんにうかがいを立てました。時枝さんは「出版してあげてください。」と言われたということだが、結局「私のところでは出せない。」という結論になって原稿を返されました。早稲田で書店を経営している知人は、「大学の教科書や参考書で使われるものでないと、一定部数の売れ行きが保証されないから出版は不可能だろう。」と教えてくれた。事実私の『大衆組織の理論』を勁草書房で出すときにも、同じような理由で社内に反対があったと聞いている。私はサークルや青年団など大衆組織に関係して活動していたから、この時は出版社に迷惑をかけずにすむだろうという確信があったけれども、今度の『言語過程説の展開』はスターリン批判で哲学者や言語学者にいろいろ悪評を立てられて悪名が高いだけに、売れ行きのほうは自信がなく、仕方がないから、一般の人びとに興味のない諸学説のこまかい批判などを切りつめてしまって、学術書ではなく『日本語はどういう言語か』という題名の大衆的な本に書きなおし、言語学の基礎理論はその「第一部」におさめて、これを理解してはじめて日本語も理解できるという構成にしました。そして『弁証法はどういう科学か』を出してくれた講談社に、同じくミリオン・ブックスの一冊として出してくれるよう依頼した。

 幸いにOKが得られたので、当時朝日新聞が連載していたサイレント漫画『クリちゃん』は、認識構造を画面にどう示すかという点から見ても非常に面白かったから、この漫画の筆者根本進氏にお願いしてその登場人物を使って言語の認識構造のさし絵を描いていただくことにしました。

 出版社の担当者が時枝さんに推薦のことばを書いていただこうというので、ゲラ刷(ずり)を持っていっしょに時枝さんをお訪ねしました。そうしたら、つぎのようなことばを書いてくださったので、カバーの折返しに印刷しました。

「三浦さんは私の文法理論のよき理解者であると同時に、厳正な批判者でもあり、助言者でもある。文法学は文法体系のつじつまを合わせることだけでできるものではなく、もっと根本的なものの見方、考え方すなわち科学する態度から出発しなければならないことを、三浦さんは繰返し説いている。そのむずかしい哲学を、三歳の児童でも分りそうな図解でもって、懇切に興味深く説明する。私もさらに熟読して多くの収穫を得たいと思っている。」

 プリントで出した『言語過程説の展開』を見ておられるので、「批判者」「助言者」などと言われたのであろうが、時枝さんの学者としての人格のよく出ている文章です。

 五六年九月に発行されたこの本の表紙には、日本の春の野山を描いた加山又造氏の美しい絵が使われていて、私にも満足でした。この種の本には、カバーの裏に担当者の書いた筆者紹介文が印刷されているのが常である。いわく、

「子どものときには名探偵を志し、のちに、学問の分野で未解決の問題を解決したいとのぞんで、その武器として哲学を勉強したという。戦後、哲学の本を書いたので哲学者として知られているがあれは副産物だと、哲学者あつかいされるのをいやがっている。言語理論はその業績の一つ。スターリンの言語学論文を革新的な人たちがこぞって礼讃したのに、あんなものは言語学としても低いし、マルクス主義としてもまちがいだと公言して、以来村八分状態におかれた経歴の持ち主である。」

 のちに講談社でミリオン・ブックスの刊行が廃止されるのといっしょにこの本も絶版になったが、七一年三月に季節社の中原氏が写真版で複製再刊して下さった。七八年六月には講談社学術文庫で改定新版が出た。はじめは旧版のまま入れたいという申出だったが、書き直したものを入れて欲しいと私から要求して約三カ月かけて書き直した。

 『日本語はどういう言語か』が、実は学術書のかたちを変えたものであることを、吉本隆明氏は看破しました。氏は改定新版の解説を書いて下さいましたが、その中に昔読んだときの感想をつぎのように記してあります。

「この著書は、啓蒙的なスタイルをとった小冊子だったが、内容はきわめて高度で、画期的なものであった。その上、文学作品を解剖するのに、これほど優れた武器を提供してくれる著書は、眼に触れるかぎり、内外の言語学者の著書のうちに、なかったのである。……この著書を、うまく、文学の理論につかえるのは、たぶん、わたしだけだろうということも、すぐに直観された。」

 学問の仕事をするものにとってもっとも嬉しいことは、「何とか賞」や「何とか章」をもらうことではなくて、自分の理論を正しく理解して役立ててくれる者が出てくることです。吉本氏が私の本を『言語にとって美とはなにか』に役立ててくださったことは、其の意味でたいへんうれしかった。さらに、外国語の研究に役立ててくれる方々も出現して、宮下信二氏(英語学)や鈴木寛氏(フランス語学)の研究発表も読ませていただきました。

 時枝さんは『日本文法口語篇』(一九五〇年)の「はしがき」で次のように述べておられる。

「最初(学者たち――引用者)は、ヨーロッパ文法の理論に忠実に従ふことによつて、日本文法を完全に記述することが出来ると予想したのであるが、やがてそれが不可能であることが分つて見ると、原理は結局日本語そのものの中に求めなければならないこととなつたのである。これは誰にも頼ることの出来ない、また既成の学説や理論にすがることの出来ない、日本の学徒が、日本語と真正面から取組んで始めて出来ることなのである。しかし、ここで日本文法学が始めて正しい意味の科学として出発することになつたと云ふことが出来るのである。」

「今日の日本文法学は、その組織の末節にある異同を改めたり、言語学の最高水準に照して理論をより確実にしたりすることによつては、もはやどうにもならない、もつと基本的な問題にぶつかつてゐるのである。それは、言語そのものをどのように考へるかの問題である。」

 私もこの意見にまったく賛成で、時枝さんの言語過程説も私なりにさらに発展させて、日本文法学の確立に役立たせようと努力して来たわけです。しかし考えて見ると言語の過程的構造の中心をなすところの人間の認識についての正しい理論は、言語学者も国語学者も持ち合せていないのです。哲学者の書いた「認識論」と名のる本もあるけれども、これは科学とは言えないもので使いものになりません。東大のお弟子さんの話では、時枝さんすら問題にぶつかると現象学の本をひっくりかえしてヒントをさがすということでした。

 『日本語はどういう言語か』が相当の部数売れたので、これなら学術書を出しても何とかなるだろうと、『言語過程説の展開』の原稿を火葬にしてしまったのが惜しくなったが、もう一度今度は詳しい認識論のついたものを書こうと、『認識と言語の理論』の執筆にとりかかりました。六七年七月に第一部、八月に第二部が勁草から出版されました。さっそく時枝さんのところへお届けしましたが、この頃はガンの再発で弱っておられたということで、生前に目を通していただけたかどうか判りません。十月に逝去された後『国語研究室』(東大国語研究室刊)『国語学』は追悼号を出しました。私は岩波の『文学』(これは時枝さんが言語過程説の論文を最初に発表された雑誌です)の編集者から依頼されて、六八年二月号に『時枝誠記の言語過程説』を書きました。いわば私の弔辞です。研究論文のほうは吉本氏の『試行』に出していただいて、七二年一月に『認識と言語の理論』第三部にまとめました。

 私が昔予想したように、言語過程説を継承し発展させる学者は私以外に出現しませんでした。これは言語の持つ矛盾を分析できないためだと思います。

 絵画でも映画でもあるいは言語でも、その表現の場合に、そしてまたそれらを鑑賞や理解するという追体験の場合に、現実の自分から「もう一人の自分」が分裂するという観念的な自己分裂が行なわれることは、少年のときに経験的にわかっていたけれども、言語学や芸術学の本をいくら見ても、ソ連でミーチンたちがつくった哲学の教科書を見ても、このことについてはどこにも一言も述べてありませんでした。ところがただ一つ、ポオの『モルグ街の殺人事件』の中に、C. August Dupin が散歩中に不思議な分析的才能を発揮した事実を記したあとに、こう書いてある。I often dwalt meditatively upon the old philosophy of the Bi-Part Soul, and amused with the fancy of a Double Dupin――the creative and the resolvent. 分析活動を行ってその結果を脳中に描くということになると、これは観念的な自己分裂を行っての活動だから、Double Dupin と呼ばれるのも当然であろう。そこで私は、ポオが古代哲学とよんでいるものを自己分裂の理論だろうと予想して、さがしはじめました。恐らくアリストテレスだろうと見当をつけて、シュベグラーの『西洋哲学史』を見たら、思った通りでした。しかしこれでは、観念論的な解釈でもあるし、このままでは使いものになりません。それで私は自分自身で「人間の自己分裂」の理論をこしらえて、『日本語はどういう言語か』で、過去の回想や未来の予想など時の表現における主体の移行をこれで説明しました。『モルグ街』を読んだ者は世界に数多いだろうが、私のような理論作業へ進んだ者は居なかったのであろう。

 『認識と言語の理論』は、「第一部」「第二部」が別冊で出版されましたが、合本で出てもいいように、索引も共通のものにしました。のちになってから、小部数でもよいから、合本して布装にしたものをこしらえてもらえないかと希望したこともありましたが、この希望は実現しませんでした。今度の選集版でようやく実現したわけで喜んでおります。

(関連記事)

言語 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:184
コメント
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)~(7)
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

現在表示しているページ
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年生れ(68歳♂)。国語と理科が好き。ことばについては子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。現在は39年間続けた自営(学習塾)の仕事を辞め個人的に依頼されたことだけをこなす日々です。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

記事案内
カテゴリー一覧
ブログ記事の検索
月別記事検索
ページ検索
 
文字列検索(兼タグ検索)
Google・Yahoo! でブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)――認識論と言語学三浦つとむ『認識と言語の理論 I』

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

最近のコメント
メールフォーム
個人的なご連絡やご意見・メッセージの送信、あるいはコメント欄では不都合と思われるような一般的なことがらについてのコメント等はこのメールフォームをご利用下さい。FC2ブログが仲介して私宛のメールとして届けてくれます。返信ご不要の場合はメール欄に no_reply@dummy.jp とご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

主なアクセス元
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /  

FC2Ad

 /