ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2008年03月23日(日)| 意識>認識論(意識論) |  
『認識と言語の理論 第一部』1章(7) 予想の段階的発展

『認識と言語の理論 第一部』1章(1) 認識論と言語学との関係
『認識と言語の理論 第一部』1章(2) 認識における矛盾
『認識と言語の理論 第一部』1章(3) 人間の観念的な自己分裂
『認識と言語の理論 第一部』1章(4) 「主体的立場」と「観察的立場」
『認識と言語の理論 第一部』1章(5) 真理から誤謬への転化
『認識と言語の理論 第一部』1章(6) 表象の位置づけと役割
『認識と言語の理論 第一部』1章(7) 予想の段階的発展

『認識と言語の理論 第一部』1章(1)~(7) をまとめて読む

三浦つとむ『認識と言語の理論 第一部 認識の発展』(1967年刊)を読む
  第一章 認識論と矛盾論 (7) 予想の段階的発展――庄司の三段階連関理論

〔注記〕 原著の傍点は読点または句点のように表記している。

三浦つとむ『>認識と言語の理論 第一部』(勁草書房) p.57~ 

 日本では、昔から「文盲」とか「あきめくら」とかいうことばを使って来たが、このことばの内容に深い注意を払った者はいないようである。われわれが日常生活の中で何げなく使っていることばの中に、「有難迷惑」とか「痛しかゆし」とか、二つの対立する意味を持つ語をむすびつけて合成した単語、すなわち客観的な矛盾を反映・表現した単語が存在する事実は、認識論的に見て興味ある問題だといわなければならない。「あきめくら」もこの種のことばである。これは、暗黙のうちに人間が二種類の目を持つことを認めたものであり、その一つの目は「あき」ながらも他の目は「めくら」だというとらえかたから、このことばが生れて来たわけである。

 紙の上に書かれた言語表現を、目で見ることはできるのだが、意味をとらえることのできない人びとが「文盲」である。時枝の用語を使うなら、観察的立場での目は「あき」ながらも主体的立場での目は「めくら」だという場合が「あきめくら」なのである。私のいいかたをすれば、現実的な自己の目は見えるが、観念的な自己の目は盲目なのである。この、観念的な自己分裂を二重の目としてとらえることは、日本ばかりでなく外国でも行われている。クリスティの探偵小説に登場するエルキュール・ポアロは、「頭の中の目は実際の目よりよく見えますよ」と語っているが、現実的な自己の視野の限界が観念的な自己によって突破されること、および観念的な自己がその「目」によって空間的・時間的にいかに遠く広く現実の世界をとらえていくかを、端的に表現したものといってよい。科学者も探偵も謎を解くという点では共通している。その対象は直接見ることのできない原子核の内部やガン細胞の内部であったり、すでに物的証拠の抹殺された殺人事件であったりして、その空間的時間的制約をのりこえて真理をとらえるだけの鋭い「頭の中の目」を持つことが欠くことのできぬ条件になる。

 子どもの教育は、子どもたちの「頭の中の目」の視力を高めることである。小学校の教師が、理科教育であるいは文学教育で努力しているのも、自然の法則を見ぬいたり作者の世界を作者とともにながめたりする「頭の中の目」を育てることである。いま小学校の教師の中に、科学教育をこの「頭の中の目」で見る能力を身につけさせる過程として、ダイナミックにとらえながら、さらにその中における表象の役割を正しく位置づけようとする動きがあらわれていることは、教育学の建設という観点からも注目すべきものといわなければならない。

 「科学は、事物・現象の中にひそむコトワリ、すなわち法則性の現存を知るとともに、そこから法則をみちびきだし認識するという仕事をになっている。

 法則そのものは目に見えるものではない。私たちの頭脳活動によって認識するものであるから、『頭の中の目でみる』といいかえたほうがよいかもしれない。

 私たちに直接見える=ふれるのは、ある形や動きをもったものであり、感覚器官によってとらえられるものである。

 今、かりに、前者を『裏』の世界、後者を『表』の世界といっておくことにしよう。むろん両者は密接にかかわりをもってはいるが、質的にちがった世界のものである。

 このことは、ある種の言語の世界においてもいいうる。『サルモ木カラオチル』というコトワザにおいて、“サルが木からおちるなんてあるのかな。サルスベリの木ならつるつるしているからおっこちるかも知れないな” などといっている段階の子どもは、このコトワザの表の世界のみを見ているのであり、コトワザなるものをとらまえていない証拠といってもいい。それを “その道ですぐれている人でも時には失敗することもある” というぐあいに受けとめている子どもは、裏の世界(→法則性・法則の世界→意味の世界)をつかんでいる子どもであり、同時に表の世界をも理解している証左とみられよう。ここに到着することなしに、ほんとうのコトワザの行使・駆使はありえない。

 このように、裏の世界を把握しうる能力というものは、このような過程をへて形成されてくるものである、ここにコトワザのもつ論理=表象論をより深く解明するひとつの手がかり、ないしはカギがあるといってよいようである。

 そのことはまた、『法則の認識』という科学の仕事に関係する大きな問題を内包しているといってもよいようである。」(庄司和晃『「コトワザ」以前の段階=「ナゾナゾ」の持つ論理・第一段階の構造』(1))

 この子どもの「頭の中の目」は、子どもが自覚すると否とにかかわらず、現実ととりくんで能動的に現実をとらえようとするところに育っていくのであるから、その過程での両親はじめ家族の役割をも検討してみなければならない。

(1) 以下とりあげる庄司の諸論文は、著者が自らプリントして少数の人びとに配ったものである。著者は成城学園初等学校の教諭で、仮説実験授業研究会の中心メンバーの一人として科学教育研究活動をすすめている。

「あきめくら」を「文盲」と同じ意味の語として用いている三浦の表現に違和感を覚えるのは世代の差であろうか、あるいは育った環境の違いなのであろうか。私は「文盲」の意味で「あきめくら」という語を使うことがまったくない。「すぐそこに目当てのものがあるにもかかわらずそのことに気づかない」という状態を私は「あきめくら」という語で表現する。目を開けているにもかかわらずものが見えていないからである。このあたりも表現された言語の意味を理解するには主体的立場において行わなければならないという時枝の指摘の正しさを示している*。

* 「あきめくら」や「文盲」という表現を「差別語」だとして排除するのが近頃の一般的風潮である。しかし、時枝がいうように表現の意味を正しく読み取るには主体的立場においてすなわち表現者の表現過程を観念的に追体験することによってこれを行なわなければならない。つまり表現された語の意味は個別の表現そのものに即して理解すべきであって、差別表現**か否かはそこに表現者自身の差別感情が含まれているか否かで判断すべきものである。差別感情を込めた表現は批判すべきであるがそうでない表現にまでめくじらを立てるのは愚かなことであると私は思う(最初から侮蔑の意義を含んでいる「チャンコロ」や「チョン」、"Jap"は 侮蔑語である)。

私は中国のことを「支那」とは呼ばないがそれは「支那」という語を用いている人たちのうちの多くが差別や侮蔑の感情を込めて敢えてこの語を用いているからである(「支那」それ自体にはもともと差別・侮蔑の意味合いは含まれていない。高齢者の中には差別や侮蔑の感情を込めずに使っている人もいるがこのような場合は侮蔑表現とはいえない)。また一般に使われている「東シナ海(東支那海)」とか「シナチク(支那竹)」ということばにも侮蔑の意味合いは含まれていないし、これらを使っている人々の大多数は「太平洋」とか「チャーシュー」といったことばと同類のものという認識でこれらのことばを使っているのであってそこには侮蔑感情は存在していない(中には侮蔑の意味を込めて意図的に「支那竹」を使う人もいるかもしれないがそれは少数派である)。「東シナ海」には代替語がない。その必要がないからである。このこと自体「シナ」が侮蔑語ではない証拠である。したがって侮蔑感情を込めて意図的に「支那」という語を使う人たちが自己の侮蔑感情を隠蔽し自己の表現を正当化するために「東シナ海」や「シナチク」の例を持ち出してくるのは論理的に間違っている。

最近は「シナチク」といっても通じないことが多い。私自身も知らず知らずのうちに「メンマ」ということばを使っている。私が子どもの頃は「支那そば」という語が日常語であったが最近は「ラーメン」「中華そば」ということばにとって代わられた。しかし私は「支那そば」という語に「ラーメン」にはない懐かしい香りやスープの味、ちぢれ麺の触感を覚える。私にとって「支那そば」は子どもの頃に鳥ガラを煮出して作ってくれた母の支那そばなのである。

言語規範は規範一般と同様に規範意識における対象認識であるから社会的な意味でも個人的な意味でも歴史性・イデオロギー性をもっている。しかし言語規範の持つイデオロギー性と個々の言語表現の持つイデオロギー性とは区別して考えなければならない。

〔2011.03.01追記〕** 何の規定もなしに "差別語" と表記していた部分を青字の "差別表現" あるいは "侮蔑表現"・"侮蔑語" に改めた。

閑話休題。

表現された文字言語の内容を理解するには語の文字列の形を見るだけではなく、文字列を一定の種類の形象(字韻)としてとらえ、頭の中にある言語規範**に照らしてその意義(語の概念)をそれに結びつける必要があり、さらにその概念から過去の経験によって記憶された表象を喚起しそれ相応の個別概念として思い描くという段階を踏まなければならない。つまり文字言語を理解するためには肉体的な目だけでなく観念的な自己の目(「頭の中の目」)が必要なのである。文字言語を理解できない人(文盲)という意味で使われる「あきめくら」という語は、肉体的な目で文字の形は見えるけれども言語規範の獲得ができていないために観念的追体験ができず――「頭の中の目」で見ることができず、それゆえ言語の意味を理解することができないという状態を端的に表している。

庄司は言語表現の一つであることわざを取り上げて、ことわざは「頭の中の目」で見るものだと喝破している。いわれてみれば簡単であるが私たちはことわざの意味する「裏」の世界つまり一般的なことがらのもつ法則性をとらえそこから教訓を学びとっているのである。「表」の世界自体は何の変哲もないよくある現象であり、ちょっと注意を払うにしてもふつうはそのまま見過ごしてしまうようなことがらである。しかしごく日常的な現象の裏に現象一般に通じる真理が隠れていることをことわざは教えてくれる(庄司の「裏」という比喩は秀逸である)。ことわざは象徴(表象)を用いた一種の比喩であるが、比喩とよばれる表現はこのような「表の世界/裏の世界」という論理構造をもっている(具体的なものの裏に一般的なものが潜んでいるという構造性をとらえたこの認識はイメージスキーマとも呼ばれる)。言語表現自体が個別概念(特殊/普遍)という二重性を隠しもっているのだが、ことわざや比喩は個別概念の特殊・個別の側面それ自体の「裏」にもう一度普遍・一般を読み取らせるという二重の二重性をもっている。「頭の中の目」で見る訓練のできていない子どもがことわざの「表」の世界しかとらえられず「裏」の世界に思い至らないのも無理からぬことである。ことわざの存在は人間の認識(表象)が個別の事柄を特殊と普遍(一般)という構造においてつねに二重にとらえている――概念的にとらえている――ことの一つの例である。ことわざの目は科学の目に至る一つ前の段階なのである。

** 私自身の頭の中を観察する限り文字言語の受容過程では文字言語の規範だけでなく音声言語の規範もそこに関与している。これは文字言語の習得過程において音読・黙読という音声言語が関与する訓練過程が重要な位置を占めていることから文字言語の規範は字韻から音韻(音声言語の規範)への橋渡しをしていると考えられるからである。ただし、文字列の形象(字韻)に直ちに語の概念が結びつくことも多い。象形文字である漢字では個々の文字の字韻と字の概念が直接結びついているので日本語でも漢字語においてその傾向が大きいと思われる。読めないけれど意味(意義)は分かるということは若い頃に私もよく経験した。また、それとは逆に音声言語を聞いて文字形象(字韻)が頭に浮かぶこともある(同音異義語の場合は特にそうである)。そう考えると音声言語の規範と文字言語の規範とは相互に浸透し合って結びついておりそれが一つの言語規範として統一されているというのが本当のところかも知れない。

同上 p.60~ 

 注意・発見という感覚的な能動性は、自然成長的に身につくだけでなく、周囲の人びとによっても育てられていく。親が子どもに「イナイイナイ……バァ」といって、顔をかくしたりまた顔を出したりする遊びをして見せる。家族が自分の前にすわると、テレビの映像がかくれてしまうが、身体を横にどけるとまた見えてくる。立って部屋から出ていくと、姿が消えてしまうが、声を出してよぶとまた姿があらわれてくる。箱を持って来てオモチャや道具を入れ、上からふたをすると、入れたものはみんな見えなくなってしまうが、ふたをとるとまた見えてくる。このような経験は、目で見えないところに存在するものがあるのだということを、くりかえしくりかえし教えているわけであって、そこに見えないところに存在するものを予想し、目に見えているありかたとむすびつけて現実の世界をヨリひろくとらえていく活動が、すすんでいくことになる。家族が部屋から姿を消したりあらわしたりするのは、この部屋のむこうにさらに部屋があってそこへ行ったり来たりしているからだと経験に教われば、道をあるいている人が急に姿を消したり突然自動車が姿をあらわしたりしたときにも、そこにさらに道があり横丁があるのではないかと予想するようになる。これはまた、家族が死んで現実の世界から姿を消したときに「パパは遠いところへいらっしゃったのよ」と目に見えないところでやはり元気に生活しているかのような説明が、子どもに対して説得力を持つことにもなるのである。

 この子どもの予想活動は、「このむこうを向いている人は誰か?」「この箱の中には何があるか?」「道のあの家の横から自動車があらわれたがあそこはどうなっているのか?」と、自分に問いかけて自分で答えるというかたちにもなっていく。他の人間との間で行う当てっこという遊びは、この自問自答の成長の上に成立するのである。

 予想とよばれる認識は、どんなに素朴幼稚であろうとも、「頭の中の目」が開きはじめたことを意味するのであり、まだよく見えぬ目を見はって能動的な冒険旅行へふみ出したのであるから、それはそれなりに位置づけ評価する必要がある。障子・猫縁側の障子からシッポがあらわれているのを見て、そのかげに猫がいることを予想するのは、現実の目と「頭の中の目」とで一匹の猫を半分づつ見ていることになるけれども、これはすでに見えない世界へ一歩ふみ出したものである。このような、経験を重ね十分信用できる手がかりを与えられている場合の予想は、ほとんど正しいことがわかるし、予想に自信を与えることになる。しかし手がかりがほとんど与えられていないときには、いわばあてずっぽの予想をしなければならないから、認識活動としては大冒険である。箱の中に何か入っていて振るとカタカタと音がするとか、お客が何かふろしきに包んで持って来たとかいう場合、経験をふりかえりそのものの大きさを考えてその大冒険をあえてやってのけている(2)。たとえ予想が失敗しても、別に損害をこうむるわけではないからである。お客の持って来たのはケーキだろうと予想して、お客が帰ればお母さんがくれると期待していたところ、予想に反して持って来たのは石鹸だとわかっても、ぬかよろこびしたとガッカリするだけのことで現実に損したわけではない。そしてこの予想の失敗は、つぎのときの予想を成功させることになる。去年の年末にあのお客が持って来たお歳暮は石鹸だったから、今年もおそらくそんなものだろうという、前よりも確実性のある予想が立てられるからである。「頭の中の目」の視力は、前の失敗を通じて一層高まったということになる。

庄司は自ら試みている仮説実験授業の経験を論理的に反省しながら、手がかりも根拠もほとんどないようなもっとも素朴な予想、言語で表現するならば

 「タブンコウデアロウ」

 「オソラクコウナルニチガイナイ」

 「コウデハナカロウカ」

 「何トナクコウナルヨウナキガスル」

 「キットコウナルカモ知レナイ」

などの直観的な予想を、予想の「第一段階」と見て、つぎのように位置づけ評価した。

 「ここには、アテズッポ的要素のもの、いわゆるカケ的なものも含むことになる。また、はっきりとした予想という形で表明することはできないが、『そこ』にはきっと何かがあるにちがいない、という予想以前の予想にくらいするのもここにはいることになる。いずれにしても、一歩でてみる、あるいは数歩でてみるという論理のあることだけはたしかである。この論理は、この段階のものとしてぜひとも認めなければならないし、ここにちゃんとした正当な地位を与えておく必要がある。いくら思考の発達の教育とか科学的な思考の教育だからといって、かならずリクツがなければならないというクソ合理主義は捨てなければならない。現実のつきつけてくる問題の解決にあたってはいくらでもこういうばあいがあるからである。それに理路整然としたものが常に勝つ、常に真実であるという保障はどこにもない。リクツを通してもダメだ、失敗した、というばあいだっていくらもある。科学的な認識のキメテは、実験=実践にのみ存するのである。だから、リクツなしの『何トナク』も一段階のものとして当然認めなければならない。このような意味において、リクツがたたなくても、ちっともおびえることはいらないし、『カモ知レナイ』という自分の気持や『コウカナ』という自身の直観を尊重するようにとり運ぶ必要があるわけである。」(庄司和晃『仮説実験授業の論理的構造』)(強調は原文)

(2) われわれはこれを大人の立場から、現実的な自己のありかたと比較して考えがちである。子どものあてずっぽの予想も、現実の世界に問いかけるという点で大冒険であることを無視すると、子どもの自主性を育てるとか主体性を持たせるとかいう問題も正しい解答を見出すことができなくなる。この大冒険をそれなりに評価し尊重すべきであって、いじけさせてはならない。

観念的自己分裂の能力つまり想像力は生得的な能力ではなく他者との交通を通じて経験的に獲得する社会的な能力である。つまりこの能力は学習によって習得されるものであるから親や教師はそのことに留意して子どもの教育にあたる必要がある。したがって庄司や三浦が指摘しているように予想という科学的(論理的)精神活動も子どもの認識の個々の発展段階のそれぞれについてその意味を探り適切に評価し、教育の場において正当な位置づけを与える必要がある。

庄司のいう予想の「第一段階」はいわば認識の「具体的・感覚的段階」に当たる。この段階の直観は記憶に蓄積された認識からのフィードバックがほとんどない状態であるから「あてずっぽ」や「賭け」的なものにとどまらざるを得ない。経験の少ない子どもはこの段階を踏んではじめてつぎの段階の認識段階があることを身をもって知るわけである。

同上 p.63~ 

 子どもにとっては、あそびが生活の大きな部分を占めている。あそぶことが訓練になり教育になるという、実用的な一面をも持っている。子どもたちの当てっこも、その発展を認識論的に検討してみる必要がある。予想の第一段階に相当するものとしては、「何が入っているか当ててみな」のあてずっぽの答えを要求するものや、「左の手ににぎっているか右の手ににぎっているか当ててみな」の賭けを要求するものがひろく行われている。これらからいま一歩すすむと、しっぽを見せてそこから隠れている動物を当てさせるときのような、感性的なありかたの一部を手がかりないしヒントとして与えておいて、そこから何が隠れているかを当てさせる謎々が生れてくる。その手がかりないしヒントは、そのものズバリからすすんで象徴的なものになっていく。

 「段々畑に穴一つ、なんだ?」(ゆたんぽ)

 「暗い中で光り、涙を流しながら小さくなるもの、なんだ?」(蝋燭(ろうそく)

 さらにすすむと、なぞの解き手の精神的な冒険旅行をあやまった道にさそいこむための、方向をあやまらせる手がかりを特に加えた謎々もつくられる。

 「ナポレオンはなぜ赤いズボン吊りをしていたか?」(ズボンが落ちるから)

 「小学校の五年生電車道を横切るとき、まず左を見てそれから右を見た、なぜか?」(一ぺんに左と右は見られないから)

 この種の謎々は、手がかりらしく見えることばにひっかかって、あやまった理由を考えていくように工夫されている。この与えられた問題に対して理由を考えて、その合理性をたぐりながら予想を立てていく認識活動は、さきの「第一段階」からすすんだものとして、「第二段階」から「第三段階」に位置づけることができる。庄司のいう「第二段階」は

 「コウイウコトガアルカラ、コウナルダロウ」

 「カツテコウイウコトガアッタカラ、コンドモコウナルハズ」

 「コノヨウニナルカモ知レナイ、ナゼナラバ、コウイウワケダカラ」

 などのように、理由を考えて予想をすすめていく段階である。

 「この理由の出どこにも、つぎのように五つの種類のものが考えられる。

 (1) 過去における類似の直接的な経験

 (2) 以前に学習した事項

  ア 前の実験がこうだったからというもの

  イ 前の実験の意味がこうだったからというもの

 (3) 思考実験

 (4) 読書・映画・テレビ・耳学問などの間接的な経験

 (5) とんでもないばかげたような考えによるもの

 この中で、(1)や(2)のアや(5)などは第一段階に近いものであり、(2)のイや(3)や(4)のものはつぎの第三段階により近よっているということができる。そういう点で、この段階はヌエ的であり、アイノコ的であり、人魚的である。かような性格をおびた段階なのだ。」(同上)

 この段階は合理性をたぐりながら認識がすすんでいくという点で、理論的な認識へ近づいている。庄司のことばをかりれば、亜理論的である。

 大人たちの楽しむこの段階でのゲームとしては多くの探偵小説が書かれているし、その中で作者としては読者が容易に真犯人を見破れないように、あやまった道にさそいこむためのいろいろな落しあなを設けておくのがつねである。けれども、読者が十分に注意して読んでいくときには真犯人が何者であるかを発見できるような、事件の真相を見ぬくための手がかりも何げなく与えている作品でなければ、謎解きゲームとしてよくできているものとはいいえない。手がかりを与えてなく、直観やあてずっぽでしか真犯人を予想できない作品では、アンフェアだといわれることになる。犯罪の謎を解決するための法則は、別に体系的なものとして存在しているわけではなく、「それによって誰が利益をうるか」とか「犯罪の影に女あり、女をさがせ」とか、いくつかの原理みたいなものがつくられている状態であるから、これも亜理論的だといってさしつかえない。

 最後の「第三段階」は

「コウイウ一般的ナリクツガナリタチソウダ、ダカラコウナルデアロウ」

「カナラズヤコウナルニチガイナイ、ダッテ、ホボコウイウコトガドレニモイイウルトイッテヨサソウダカラ」

などのように、理論的な予想をすすめる段階である。

 「第三の段階は、ある一般的理論をもってことを決しようとする段階である。いわゆる仮説的段階である。かなり広範囲にわたる理論をたしかめんとする高次の段階であるといってもよい。」(同上)

 人間の認識はすでに子どものときからその生活条件に規定されて不均衡である。山の中に育った子どもは海を見たことがなく、兄弟を持っていない子どもは兄弟の協力や対立についての経験を欠いている。そして能動的な冒険旅行にしても一定の方向づけを持つものであるから、ここにも不均衡が生れてくる。ある分野で獲得した能力は他の分野にも役立ちはするものの、さまざまな分野のさまざまな問題を扱うときそれらの発展段階はそれぞれ相対的に独立していて、不均衡が存在する。大人のわれわれにしても、ある問題については「第三段階」に達してつねに理論的に正しく予想できるが、ちがった分野のある問題については「第一段階」であてずっぽの予想しかできないとい状態にある。人間に対して名医であることと犬や猫に対して名医であることは別であり、これらの名医もテレビの故障の診断ではあてずっぽしかいえぬ場合もありうるわけである(3)。学校で行う科学教育にあっても、ある問題については小学生のうちに「第三段階」まで行けるが、他の問題については高校生になってようやく「第三段階」へ行けるというような、ちがいを考慮しなければならない。庄司の提出したこの三段階連関理論(4)は、教育を分類的・平面的にとらえやすい傾向を克服して発展的・立体的にとらえるためにも有効である。

(3) すぐれた科学者が、異性との問題ではまったく子どもみたいな幼稚な失敗をしたとしても、特別におどろくほどのこともない話である。現在の専門家は一種の精神的不具者だからである。

(4) 「この理論をマクロ的に単純化し」て図(実際は真ん中の囲みが両端のものより小さく書かれている――引用者注)のような三段階連関図式がつくられた。Cは「第一段階」「素朴的な段階」Bは「第二段階」「過渡的な段階」Aは「第三段階」「本格的な段階」である。三つを関連づけてあるのは、「否定保存のかたちで連関しあっていることを示すものである」またBを「小さな囲みにしてあるのは発展論において重要な意味と役割をしめる段階だからである。それは、一面からいえば結節点になるところであり、素朴的な段階から本格的な段階への転位移行を可能ならしめるカギをにぎる段階である」したがってBの段階が、フーリエ=エンゲルスのいうように、きわめて重要視され、「三段階連関理論の中核」と規定されて、「この理論は、発展の過渡的段階を明らかにする理論であると、極言してもよい」といわれている。(庄司和晃『三段階連関理論ならびに「続」転位移行論おぼえがき』による)

 ┏━┓ ┏━┓ ┏━┓

 ┃C┃―┃B┃―┃A┃

 ┗━┛ ┗━┛ ┗━┛

「第二段階」はいわば「中間的・表象的・個別概念的段階」であり、現実の事物や現象と結びついた個別的な認識の中に一般的・普遍的な性格や論理を見出す段階である。そして「第三段階」はいわば「抽象的・概念的段階」であり、個別の事物や現象が属するカテゴリーにおける一般的な性格や論理が見出されそれらが抽象され仮説として立てられる段階である。「第二段階」も「第三段階」も「頭の中の目」でものを見ていることに違いはないが、「第二段階」が「ことわざの目」でものを見ている(表象・個別概念を通して法則性を認識している)段階だとすれば、「第三段階」は「科学の目」でものを見ている(概念として法則性を認識している)段階であって、「第三段階」においては個別の事物や現象における特殊的な側面ははぎとられ捨象されており一般的な法則性のみがとりあげられ抽象される。しかしこの抽象においては「第一段階」「第二段階」の経験は捨象されると同時に認識の背後に保存されている――止揚(否定保存)されている――ことを忘れてはならない。

科学的真理の体系の背後には「第一段階」「第二段階」を踏んだ先人たちの数多くの経験が蓄積されている。私たちはそれら数多くの経験を実際に体験することは不可能であるが、言語や映像等の表現を媒介とする観念的な追体験によってこれを行なうことができる。「第三段階」は「第一段階」から直接に到達できるものではなく、ましてや「第一段階」「第二段階」の経験的実践なしに成立するものではない」。経験的実践を踏まえない理論的実践は単なる机上の空論である。

「第三段階」は「第一段階」の後に必ず「第二段階」を経て獲得されるものである。認識の発展における表象的実践の役割とその重要性は前稿の「表象の位置づけと役割」において三浦が指摘している通りであるが、子どもの教育においては子どもの「頭の中の目」の視力を高め「科学的な目」を養成する過程で表象的実践つまり庄司のいう「第二段階」が果たす役割がことに大きいのである。

(三浦つとむ『認識と言語の理論』に関する記事)

(関連サイト)

板倉聖宣『武谷三段階論と脚気の歴史』
――1987年の早稲田祭における講演をいとうまもるさんが文書化・html化したもの

(トラックバックを送った記事)

差別語(反戦塾)

差別語について(たかしズム)

意識 | Trackback (1) | Comment (2) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:194
コメント
 
[293] あきめくら
2008/04/05(土)17:47:34 | URL | ましま編集
塾では教わらない勉強です。
あきめくら--は、目があいていても視力のない、つまり健常者と外見上変わらなくとも不自由な人がいる、そこから、健常な能力を持ちながら常識を解しない人をいうのかと思っていました。
 
[294] 
2008/04/06(日)04:06:26 | URL | シカゴ[編集
ましまさん、こんにちは。

そうですね。私はたぶん父が使っていたのを聞いて「(目が見えるのに)すぐ近くにあるにもかかわらず探し方が下手で(あるいはぼんくらで)探し物が見つからない状態」を喩えて「あきめくら」というのだと覚えていたのだと思います。で、三浦が「文盲」の意味で使っているのを読んでちょっと違和感を感じたわけです。すぐに『日本語大辞典第二版』(講談社)で調べて、

(1)目は開いているが視力のない人。
(2)目は見えるが気がつかない人。
(3)無学な人。文盲。

という三つの意義があることを知りました。(2)(3)は比喩表現ですね。

ちなみに『国語大辞典第一版』(小学館)にも(1)~(3)が記載されています。しかし『大辞林第一版』(三省堂)や CD-ROM版『広辞苑』(岩波書店)、『新明解国語辞典第四版』(三省堂)、『明鏡国語辞典』(大修館)には(2)が載っていません。ついでに『学研小学国語辞典』でも(2)がありません。『例解学習国語辞典第五版』(小学館)には見出しさえありません。

うーむ。私の使い方が特殊なんですね。
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

トラックバック:差別語について
その昔、高橋竹山の演奏会を聴いたことがある。確か北区王子の公会堂だったと思う。竹山の演奏会の楽しみは、三味線や尺八の演奏の他に「しゃべり」がある。若い修業時代の、それこそ「悲惨」この上ない経験を、あの独特の口調で実にあっけらかんと、面白おかしく語るので...
2010/05/27 Thu 21:39:14 | たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 『認識と言語の理論 第二部』1章
 『認識と言語の理論 第二部』2章
 『認識と言語の理論 第二部』3章
 『認識と言語の理論 第二部』4章
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 第一部』1章
 『認識と言語の理論 第一部』2章
 『認識と言語の理論 第一部』3章
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

ページ案内
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

75歳♂。国語と理科が好き。ことばの持つ意味と自然界で起きるできごとの不思議さについて子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。長い間続けた自営(学習塾)の仕事を辞めた後は興味のあることに関して何でも好き勝手にあれこれ考える日々を過ごしています。千葉県西部在住。

2021年の2月下旬から海外通販(日系法人)を通じてイベルメクチンのジェネリック(イベルメクトール他)を購入し、定期的に服用しています。コロナワクチンは接種していません。

ツイッターは okrchicagob(メインアカウント)、または Chicagob Okr(サブアカウント)。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

カテゴリー一覧
文字列検索
文字列検索(兼タグ検索)
ブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 第一部』 1章(1) 認識論と言語学との関係

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

最近のコメント
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /   /