ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2010年07月13日(火)| 社会>政治・経済 |  
『週刊ポスト』官房機密費告発(4)――頬かむりし続けるメディア

『週刊ポスト』2010年6月18/25日号 p.149 

[怒りの告発キャンペーン 第4弾]

 私は死んでも追及を止めない!

「官房機密費もらった記者がいないか」

 大新聞・テレビの回答書を公開する

 ――久米宏・池上彰・勝谷誠彦ら「非記者クラブ」のジャーナリストが続々援軍に

「日本のメディアはこの件について、日光の賢い三猿のような反応を示している」――英経済誌『エコノミスト』は官房機密費マスコミ汚染問題についてこう皮肉った。彼らはいつまで頬かむりし続けるのか。

上杉隆(ジャーナリスト)と本誌取材班 

 不可思議なことが起こった。先週号でテレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』が官房機密費特集を中止したとお伝えしたが、急きょ企画を復活させたのだ。

 5月31日放送の同番組は「嵐の参院選突入スペシャル」だったが、普天間問題などと並んで「官房機密費」がトピックに上がった。当初出演を打診され、番組側の都合でキャンセルになった私はその露骨さに心底驚いた。そんなに「上杉隆」がまずいのか。

 それでも、番組ではコラムニストの勝谷誠彦氏が孤軍奮闘してくれた。

「メディアがカネでコントロールされてるんだから、大変な話なんですよ。本当だったら新聞社・テレビ局全部大騒ぎしなきゃおかしいじゃないですか。なんで野中(広務)さんがいって、あとは『週刊ポスト』が書いてるだけなんですか? 東京新聞はいい記事を書きましたよ。(中略) テレビ朝日やればどうですか、本当に。(機密費は)回ってるんですよ」

 勝谷氏のボルテージはさらに上がり、「記者クラブでズブズブの人たちは、(中略)匿名性の陰に隠れてるから、もらっても別に会社クビにならないんですよ」とぶち上げた。司会の阿川佐和子さんが「ちょっと触れるつもりがこんなに盛り上がるとは思わなかった」と驚いたほどだった。

 このように、黙殺を決め込んだはずの記者クラブメディアを舞台に、フリーランスがゲリラ的に局地戦を展開し始めた。こうした動きは、実は同時多発的に起こっている。

 たとえば5月29日、久米宏氏のTBSラジオ『ラジオなんですけど』に私が電話出演した際には、本来は別のテーマ(鳩山由紀夫氏)だったが、わざわざ久米氏の方からこの話題を持ち出し、「絶対にやるべきです」「ぜひスタジオに来て機密費について話してください」「僕は何も怖いものはないから」といってくれたのだ。ラジオではほかにも吉田照美氏が文化放送『ソコダイジナトコ』で毎日のようにこの問題を取り上げてくれている。

 イタリーの靴買ってやる

 この問題を封じ込めるために、私のスキャンダルを探す大メディアさえ現われているなか、こうした援軍は非常に心強い。

 5月28日のテレビ朝日系『朝まで生テレビ』は、鳩山内閣がテーマだった。機密費は議題になかったが、司会はあの田原総一朗氏である。私は始めから仕掛けるつもりでいた。終了間際、ようやくその場面は訪れた。

上杉 先月(4月23日)ですか、野中広務さんが那覇での公演の中で、官房機密費を田原総一朗さんだけには渡していないと証言しましたよね、突然。

田原 それを聞かれるのは嫌だったんだけどな(笑い)

上杉 無理矢理こじつけていったような感じですけれど、あれってなんで田原さんだけの名前を出したんですかね、野中さんは。

田原 野中さんは娘さんに怒られたといっていました。なんで返した人の名前を出すんだと。なんでもらった人の名前を出さなかったんだと。

上杉 普通だったらもらった人の名前をいうべきですよね。

田原 いやまあね、あの、まあ、終わり(笑い)

 何とも消化不良だったが、放送終了後に田原氏はツイッターでつぶやいていた。

〈今朝、5時に帰宅するなり娘に「なぜ機密費の話しが上杉さんから出たときに曖昧にしたのか」と怒鳴られた。機密費の話しは話せば長くなるので言うのをためらった〉

 田原氏に怒鳴った娘さんの感覚こそが、ごく普通の感覚だろう。それを十分に理解している田原氏さえもが話すのをためらってしまうところに、この問題の根の深さがある。

 いま、すべての言論人に、官房機密費問題にどう対峙するのかが厳しく問われている。

 勝谷氏が「匿名性の陰に隠れている」と批判した記者クラブも、その例外ではない。

 5月26日にBSデジタル放送のBS11『InsideOUT』に司会の小西克哉氏の紹介で出演した際、私は毎日新聞論説委員の金子秀敏氏と論戦を交わした。金子氏は当初「私はそういう体験ないんですよ」といっていたが、その後、自身の体験談について語り始めた。

金子 私の経験でいうとですね。ある人から選挙区に遊びに行こうと誘われることがあるんですね。「靴買ってやるから、いい外国の、イタリーの靴買ってやるから、サイズをいえ」。そのとき、自民党の職員から、「ダメだよ、あの人から物もらったりしちゃ、絶対ダメだよ」って、私は右も左も分かんなかったから、いったんもらっちゃったら、いうがままの使い走りになっちゃうんですよね。それを自民党の職員がやめろってちゃんとサイン送ってくれましたね。

上杉 ちょっと不思議なのは、渡した側は、外遊のときの飛行機でお土産代を渡したり、Yシャツ券を渡したり、料亭や料理屋で御馳走したりと、みんなあったといっているのに、まったくそういうの1回もないんですか。

金子 私は全然ないですよ。

小西 私の知っている某テレビ局の記者が、新人のときに羽田(孜)政権時代の総理官邸付きをやっていたんですが、彼から「こんなものもらってあんなものもらって」って見せてもらったことがありましたよ。

 社内調査すらしない大マスコミ

 記者クラブへの視線は厳しさを増している。なかでも衝撃的だったのが、池上彰氏の朝日新聞5月28日付朝刊「新聞ななめ読み」である。野中発言を紹介した上で、〈重大な問題なのに、朝日新聞を含めて新聞やテレビの追及はほとんどありません。どうしてなののでしょうか。こんな疑問を持っている読者は多いはずです〉と問題提起。〈東京新聞の編集局長は、疑惑を否定しました。では、朝日新聞の編集幹部や、朝日新聞出身の評論家、コメンテーター諸氏は、どうなのでしょうか。取材してみる記者はいませんか?〉と呼びかけたのだ。この刺激的な挑発が、内外に与えた影響は大きい。

 しかし、今に至るまで記者クラブメディアからその問いに対する明確な返答はない。そこで、新聞・テレビ・通信社の主要記者クラブメディアに対し、「過去から現在に至るまで社内で機密費を渡された記者はいたか」「この件に関して社内調査したか。する予定はあるか」の2点について回答を求めた。

機密費問題に関するメディア各社の回答
メディア
記者に内閣官房機密費が渡されたことはあるか? その社内調査はしたか? 今後する予定はあるか?
朝日新聞 弊社の記者が内閣官房機密費を受け取ったという事実も指摘もありません。弊社に関して具体的な事柄があるというならばお示し下さい。
毎日新聞 ありません。 調査の必要はありません。
読売新聞 ご指摘のような金品の授受については承知しておりません。
産経新聞 ありません。 調査の予定はありません。
日経新聞 不確実な情報を前提としたお問い合わせにはお答えできません。
東京新聞 期限内に回答なし。
共同通信 ありません。 調査の有無など社内の問題については社外の方にはお答えしていません。
時事通信 社として、報道の公正さを疑われる利益の提供を受けることを禁じており、記者倫理に反するような行為はないと確信しています。 社内調査については、その有無も含めて公表する考えはありません。
NHK 指摘されたような疑惑については聞いておりません。よってお答えは差し控えさせていただきます。
日本テレビ 当社では、記者が官房機密費を渡された事実は一切ございません。
TBSテレビ 官房機密費問題は、TBS報道局が独自に取材を展開し、今年4月に第1弾を放送して問題提起したことをきっかけに大きな反響を呼びました。私どもではすでに第4弾まで放送しておりますが、その後も引き続き、使途などについて追及、取材を進めています。
フジテレビ お問い合わせのようなことはありません。
テレビ朝日 確認した範囲ではそのような事実はありません。
テレビ東京 回答なし。

 上記がその一覧だが、ふだん「政治とカネ」を追及する記者クラブメディアの歯切れの悪さに呆れた読者も多いことだろう。

 鳩山由紀夫前首相や小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題で、あれほど「説明責任」をいい募(つの)った記者クラブが、国民の税金である官房機密費について、自らに向けられた「疑惑」になぜ答えようとしないのか。本来は税金の使い途(みち)の監視役であるべきメディアが機密費を受け取っていたとすれば、それこそ「政治とカネ」の問題である。

 この異常さに、ついに海外メディアも気付き始めた。イギリスの『エコノミスト』誌が特集記事を掲載したのである。

〈世界の多くの地域では、ジャーナリストは政界の裏金スキャンダルというおいしいネタの魅力に抗し切れないだろう。日本では、秘密の資金が首相執務室近くの金庫の中に隠されており、数十年間にわたり政治的な懐柔工作のために使われてきたとの情報が漏れ出している。そのカネは、ジャーナリストやテレビ評論家にも流れたと言われている

 多くを物語るように、日本のメディアはこの件について、日光の賢い三猿に似た反応を示している。「見ざる」「聞かざる」「言わざる」である〉(『エコノミスト』5月22日号)

 海外のジャーナリストからどれだけ嗤(わら)われても、日本のメディアは「三猿」を決め込むつもりだろうか。

(関連記事)

社会 | Trackback (1) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:235
コメント
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

トラックバック:写真点描・札幌花物語 9
 6月、札幌はライラックが先、全国的に知られた「よさこいソーラン」のイベントで、大都市としての目覚めの季節に入りましたね。外で日中は半袖でも過ごせ始める、そういう爽やか...
2010/07/17 Sat 14:49:44 | つき指の読書日記by大月清司
よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)~(7)
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

現在表示しているページ
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年生れ(68歳♂)。国語と理科が好き。ことばについては子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。現在は39年間続けた自営(学習塾)の仕事を辞め個人的に依頼されたことだけをこなす日々です。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

記事案内
カテゴリー一覧
ブログ記事の検索
月別記事検索
ページ検索
 
文字列検索(兼タグ検索)
Google・Yahoo! でブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)――認識論と言語学三浦つとむ『認識と言語の理論 I』

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

コメント・トラックバック

コメント

トラックバック

メールフォーム
個人的なご連絡やご意見・メッセージの送信、あるいはコメント欄では不都合と思われるような一般的なことがらについてのコメント等はこのメールフォームをご利用下さい。FC2ブログが仲介して私宛のメールとして届けてくれます。返信ご不要の場合はメール欄に no_reply@dummy.jp とご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

主なアクセス元
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /   /