ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2012年02月24日(金)| 科学・教育>発酵 |  
乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用

――乳酸菌を培養する――

 〔応用編5〕発泡乳酸菌液と乳酸菌風呂 ―― 乳酸菌風呂A, B
 〔応用編7〕乳酸菌風呂、その2    ―― 乳酸菌風呂C~F
 〔探究編3〕黒糖と白糖、乳酸菌風呂3 ―― 乳酸菌風呂G~O

 乳酸菌風呂関連の記事をまとめて読む。

 乳酸菌を培養する(1)~(27)をまとめて読む。

最近、ツイッター上で乳酸菌風呂に関するネガティブキャンペーンを一生懸命やっている方(@breathingpower KokyuHatuden)がいます(以後は分かりやすくするために「呼吸発電さん」と記します)。呼吸発電さんのツイログを「乳酸菌」で検索した結果を見ると乳酸菌培養についてかなり悪いイメージをお持ちになっていて、米のとぎ汁で乳酸菌を培養するような無知で危険な人たちをこの世からなくしたいという強い欲求をお持ちのようです(同時に病的なチクリ魔であることが分かります)。

この記事の目次 

 
乳酸菌風呂に対するネガティブキャンペーンとニセ科学批判クラスタ

呼吸発電さんが作成した「乳酸菌風呂」という【togetter】(関連するツイートをまとめたもの)に私のブログの記事へのリンクがあって、最近そこからアクセスして来る方が増えています。その【togetter】に集められているツイートのほとんどは菊池誠大阪大学教授(@kikumaco)を頭領とするいわゆる「ニセ科学批判」の方たちです。

――「ニセ科学批判」クラスタと最近よく耳にする「エア御用」クラスタとはメンバーが重複しています。どちらも頭領は菊池誠氏。この記事の末尾に「エア御用な人々」へのリンクを載せておきます。それにしてもこの【togetter】で乳酸菌風呂の危険性をご心配なさっているエア御用な方々、福島原発の爆発で放出された放射能の影響に関しては極端に安全寄りの言動を繰り返している一方で乳酸菌風呂に関しては極度の危険厨であることが不思議です。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、乳酸菌やそれと共生する麹・酵母を利用した発酵食品は古来たくさんあります。糠漬けや白菜漬け・キムチなどの漬物、あるいは日本酒どぶろく・マッコリ・ワインなどの醸造酒、味噌・醤油・みりんなどの調味料、ヨーグルトやチーズなどの酪農製品等々。これらの食品は消毒・殺菌用の薬剤などによる格別の殺菌をほどこさなくても腐敗することなく見事に発酵し、安全な食品となって私たちの日々の食卓に上っています。なぜなら乳酸菌やそれと共生する酵母・麹が発酵している環境では腐敗菌などの雑菌は繁殖することができず、さらに乳酸菌が生成する乳酸によって雑菌が死滅してしまうからです(生物が作り出す乳酸やクエン酸・リンゴ酸・酢酸などの有機酸は塩酸などの無機酸よりも腐敗菌などに対する殺菌力が高いことが知られています――中でも酢酸や乳酸の殺菌力の強さは格別)。

昔の人たちは衛生学などを知らなくても穀物や野菜、果実、乳などを発酵させることによって腐敗を防ぎ長期保存のできる食品を作り出す術を発見していたわけです。私の書いた<乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた>をお読み下されば、米のとぎ汁を使って作る米乳酸菌液も白米に生息している乳酸菌や酵母・麹のもつ発酵能力を利用した発酵物の一種(発酵乳酸菌液)であることが分かります(乳酸菌の発酵によって作られる乳酸――pH 3.5 程度――が侵入してくる腐敗菌や食中毒菌などの雑菌を抑制・排除します)。最近はいろいろな野菜や穀物・果物・野草などに住んでいる酵母菌を増殖させて「~酵母」と呼ばれる健康食品を作る方が増えていますが、これらの発酵においても共生している乳酸菌が雑菌の混入・繁殖を抑え、乳酸を産生することによって殺菌するという重要な働きをしています(醸造酒や醸造調味料・漬物を作る過程でも乳酸菌は同様の働きをしています)。実は米のとぎ汁乳酸菌液にはたくさんの酵母も生きているのでその意味では「米酵母液」と呼んでも構いません。そしてとぎ汁酵母は他のものに比べて身近で手軽に手に入ること、そのレシピも簡単だという特徴があります。

〔追記〕 研いだ玄米を水に浸して24~48時間置いておくと玄米が発芽し、同時に玄米の中に住んでいた酵母が増殖して玄米酵母液ができます。この発酵液は玄米リジュベラックと呼ばれる健康飲料(ローフード)です。この中にはたくさんの酵母がいますが実は乳酸菌も増殖していて乳酸を作り出しています(米デンプンを分解してブドウ糖にする酵素は玄米の中に含まれています。酵母や乳酸菌はこのブドウ糖を栄養源として育ちます)。この液にあら塩や黒糖を添加して乳酸菌や酵母をさらに増殖させれば発酵乳酸菌液(酵母液)ができます。――玄米浸潤液(リジュベラック)を使った発酵乳酸菌液については <乳酸菌を培養する(9)――〔探究編1〕古米の玄米と米乳酸菌、玄米浸潤液> および <乳酸菌を培養する(10)――〔探究編2〕玄米浸潤培養液>・<乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液> でやや詳しく書いています。

〔注〕 rejuvelac:a drink(liquid) made from fermented sprouted soft grains. 小麦やライ麦、米などの穀類を少量の水に浸けて発芽させ、一旦水を切ってから適量の水(体積比で2~3倍)に 2~3日浸すと、穀類の種に生息している乳酸菌や酵母などの有用発酵微生物の働きで発酵液ができます(乳酸菌が作った乳酸のために pH4.0 程度の酸性水になっている)。その中には、増殖した乳酸菌や酵母がいるだけでなくビタミンB群、ビタミンK、ビタミンE、たんぱく質、デキストリン、炭水化物、アミロースの他に酵素やミネラルなどが含まれています。

もともとは発芽穀物の発酵液をリジュベラック(仏語。英語読み:リジュビーラック)と呼ぶようですが、穀類以外の野菜や果実や豆類、野草等にも乳酸菌や酵母は住んでいるので広義ではそれらの発酵液もリジュベラックと呼ばれています。その意味では糖分を加えて作る「野菜酵素水」とか「野草酵母」と呼ばれるものもリジュベラックの一種ですし、とぎ汁乳酸菌液もリジュベラックの仲間であるといえます。どれも原理は同じです。穀類や野菜、豆類・野草などの種や葉や果実に住んでいる乳酸菌や酵母などの発酵微生物を発酵環境に置けば発酵微生物たちは自然に増殖を始めます。増殖するための栄養分は植物の種や葉や果実が持っているので、水分を適切に与えて発酵微生物が発酵しやすい環境を作ってやれば発酵液ができるわけです(糖分や塩分を加えることによってより濃密で安全な発酵液ができます。野菜を塩漬けにしたり果実をつぶしたりして、野菜や果実が持っている水分をそのまま利用する方法もあります――漬物や果実酒など)。これらの発酵液には植物の種や葉や果実に含まれていたビタミン類やアミノ酸やミネラルなどのほかに発酵微生物が作り出した有機酸や各種の酵素が含まれています。

多くの植物に乳酸菌や酵母などの発酵微生物が共生しています。発酵微生物は植物から栄養分をもらう代わりに植物が他の雑菌に犯されて腐敗しないように守っているのでしょう。共生とは単に乳酸菌や酵母の相互依存関係だけではなく植物をも含む相互依存関係なのだと私は考えています。なお、米乳酸菌などの植物性乳酸菌は、暖かくて栄養分の豊富な動物の体内や皮膚に共生している動物性乳酸菌と違って、屋外の厳しい自然の中で少ない栄養分を食べて生き延びているのでとてもたくましいようです。

〔追記〕 先日、市販の乾燥千切り大根(宮崎産・天日干し)を使った煮物を作るときに、この乾燥大根のもどし汁を見ながら「もしかしたらこの中にも乳酸菌や酵母が生きているのではないか」とふと思いました。そこで、このもどし汁に水を少し足してペットボトルに入れ、約1%のあら塩と約3%の白糖を加えてから暖かい環境に置いて様子を見ました。

予想した通り日毎に pH が低下していき 4日後に pH3.5 に到達し、5日目から激しい発泡が起こりました。米のとぎ汁培養とほとんど同じような経緯を示したわけです。pHの低下は乳酸菌の発酵の結果であり、激しい発泡は酵母の増殖(発酵)を示していると考えられます。顕微鏡で見ると非常に沢山の乳酸桿菌と、これも非常に多くの円形酵母の小コロニーが見られました。白糖やあら塩には乳酸菌も酵母もいませんから、これらの乳酸菌や酵母は乾燥千切り大根の表面あるいは内部で生きていたものと考えてよいだろうと思います(黒糖や粗糖の中には乳酸菌や酵母が住んでいます)。

〔参考〕 ブルガリアヨーグルトは木の枝に住む乳酸菌を利用して作る
ヨーグルト(ブルガリア)魔法の枝から乳酸菌(『読売オンライン』2008年6月23日 からの転載)
↓「ヨーグルトの木:ドリャン」、その親戚筋の「サンシュユ」という木の枝で実験した人。牛乳ヨーグルト→豆乳ヨーグルト→チーズ→チーズケーキ。
なるい記事 ゴー!(はぐれベジ ・ 貧乏派 2009年5月2日)

〔2013年2月12日 追記〕2011年の7月初旬以来ずっと私は米のとぎ汁や玄米浸潤液あるいは米ぬか水を使って作った発酵乳酸菌液を種にした豆乳ヨーグルト乳酸菌液で作る豆乳ヨーグルトや豆乳ヨーグルトの乳清を種にした豆乳ヨーグルト乳清で作る豆乳ヨーグルトを作って食べていましたが、最近になって白米や玄米、米ぬかそのものを種にしても豆乳ヨーグルトができることが分かりました玄米で作る豆乳ヨーグルト。さらに紅茶や緑茶やコーヒーなどの食品(植物の葉や種などを乾燥させたもの)やさまざまな野菜や果実、あるいは蜂蜜や黒糖などの植物性食品を種に使っても豆乳ヨーグルトができることが判明しました植物系で作る豆乳ヨーグルトと内生菌。乳酸菌が短期間に増殖することから分かるように米のとぎ汁は細菌類を培養する培地として適していると言われていますが、豆乳も乳酸菌などの発酵微生物を増殖させる培地としてとても優れていると思われます。

植物の体内に住む内生菌
〔2013年5月22日 追記〕最近知ったことですが植物体の表面だけでなくその内部にも内生菌と呼ばれる真菌類や細菌類が住み着いていて植物の成長・老化や生命維持等に関与しているようです。実際さまざまな植物性の食物(生のものはもちろん乾燥したものや熱を加えたもの、蜂蜜や糖で漬けたものなど。果肉や種子そのものも)を種菌として豆乳ヨーグルトができることも分かってきました。上で紹介したドリャンだけでなくほとんどあらゆる植物の体内に乳酸菌は住み着いているようです。乳酸菌はかなり濃い塩分や糖分にも耐性が強く、また熱にも強いので家庭内にあるごく普通の食品にもわずかとはいえ乳酸菌が住んでいるために豆乳ヨーグルト作りの種として使えるわけです(「植物系で作る豆乳ヨーグルトと内生菌」)。

乳酸菌風呂はその米乳酸菌液(米酵母液)を風呂の水に入れたものです。入れる乳酸菌液の量はさまざまで、私も最初のうちは 50ml、500ml、1リットル…と徐々に増やしていきました。ただし、数リットル程度では風呂の湯は毎晩取り替える必要があります。ところがその量を増やして風呂水の量の10分の1以上にして毎日黒糖やあら塩、新しいとぎ汁などを少しずつ入れてやると風呂水が発酵環境になって、共生している乳酸菌や酵母、および乳酸菌が作り出す乳酸(pH 4.0程度になる)の殺菌作用のためにその中に雑菌などが侵入することができなくなります(レジオネラ菌は pH 5.0 以下の環境では生きられない)。また、麹・酵母・乳酸菌が作り出すタンパク質分解酵素や脂肪分解酵素、デンプン分解酵素、二糖類分解酵素などによって皮膚から剥がれ落ちた角質や脂質、とぎ汁に含まれるデンプンやタンパク質なども分解されてこれらの発酵微生物の栄養源になるので浴槽には湯垢や油汚れなどが付着することがありません。さらに乳酸の殺菌効果によって雑菌によるぬめりも発生することがなくずっと清潔に保たれます。

〔注〕 米乳酸菌液(発酵乳酸菌液)の pH は 3.5 ですから、10倍に薄めた乳酸菌風呂は当初 pH4.5 くらいになっています。その後の塩分や糖分の追加で徐々に乳酸菌や酵母などが増殖するのでしばらくすると pH4.0 程度になります。浴槽は水面が広いため風呂水には酸素が溶け込み、通性好気性生物である酵母がかなり増えてイーストの匂いがするようになり、底の方では通性嫌気性生物の乳酸菌が発酵によって乳酸を作り出します。発酵乳酸菌液でもそうですが、酵母が優勢になると乳酸菌の増殖が頭打ちになるので風呂水の pH は 4.0 前後になって安定します。

呼吸発電さん(@breathingpower)が非難のやり玉に挙げ、ニセ科学批判クラスタの人たちが「マコモ風呂」「レジオネラ菌恐い」などとおっしゃる「お湯を捨てない『乳酸菌風呂』」というのはこのような乳酸菌風呂のことです。実践を通じて知見を得ながらその過程を公表している者に対して追実験することもなく非難の言葉だけを投げつける、このような態度は科学を口にする人たちにふさわしくないと私は考えています。
――反証のための追実験も行わずにただ非難の口撃だけを投げつける、彼らの信奉する「科学」は実践を伴わない単なる「エア科学」ではないのかとさえ私は思います

〔追記〕 上の「乳酸菌風呂」という【togetter】で、レジオネラ菌とか緑膿菌とかバイオフィルム(細菌叢)などをキーワードにして感染症の危険性を「講釈」している Y Tambe氏@y_tambe:癌関連遺伝子研究者兼微生物学者)。最初の煽りは過激でしたが最後の方はなんだかいい訳じみています。微生物学者だからといって醸造や発酵についての知識があるとは限りません。調べてみると、乳酸や酢酸・クエン酸などの有機酸やアルコール、乳酸菌・酵母などの発酵微生物の増殖、あるいは殺菌作用をもつホップなどの植物等々を組み合わせてバリアを築き、有害な雑菌を抑制・排除することは醸造や発酵の分野では常識に属することのようです。雑菌バリアといえば、人間の皮膚や腸内でも乳酸菌などの常在菌がバリアをつくって雑菌による感染症から身体を守ってくれています。

Y Tambe氏が指摘しているように、普通の風呂で追い炊きしたときに風呂桶につくぬめりは確かにバイオフィルムでしょうし、普通の風呂のボイラーへつながるパイプの内壁にもぬめりはついています。それでも日本の家庭の風呂でレジオネラ菌や緑膿菌による感染症が発生した事例などはほとんどありません。ましてや乳酸菌風呂ではそれらのぬめりは皆無です。むしろ普通の風呂よりも乳酸菌風呂の方が清潔なんですね。

乳酸菌風呂の表面に浮く産膜酵母の白い皮膜を見て「バイオフィルムだ」と、その危険性を煽る呼吸発電さんもどうかと思います。微生物がつくるバイオフィルムもさまざまです。時には乳酸菌もバイオフィルムを作ることがあります。人の腸内では善玉菌が細菌叢を作っています。

鹿児島県で行なわれている伝統的な黒酢作りでは、醸造中の甕(かめ)の底に沈殿した玄米の表層近くでは乳酸菌と酵母が共生してバイオフィルムを作り酵母がアルコール(エタノール)を効率的に作っています。また醸造液の液面には白い酢酸菌膜(ちりめん膜)が張りその下では乳酸菌と酢酸菌とがバイオフィルムを形成して乳酸菌が作る乳酸の除菌効果の元で酢酸菌がアルコールから酢酸を生成しています。

このようにすべてのバイオフィルムが危険であるわけではないのです。危険なのは人間の健康に害を及ぼす雑菌や病原菌などの作るバイオフィルムです。産膜酵母のバイオフィルムが危険だとおっしゃるなら利用者数が圧倒的に多い糠味噌や白菜漬け、ワインの産膜酵母の危険性を訴える方が先決でしょう。

とはいえ、さまざまな発酵物の発酵過程で生じる産膜酵母は苦みがあり薬っぽい匂いがして不快なものではありますが人間がそれを口に入れても無害であることが分かっています(ワインの一種であるシェリーは醸造中に発生する産膜酵母(フロール florが作り出す物質によって独特の風味を醸し出しています)。そのあたりのことは微生物学者のY Tambe氏もお気づきになったのでしょう。その後のお二人のツイッター上でのやり取りをみるとY Tambe氏が明らかに逃げ腰になっているのが興味深いです。

〔注記〕乳酸菌風呂の色について
呼吸発電さんは、飯山さんの乳酸菌風呂の風呂水が褐色をしているという点だけを見て「飯山一郎氏が書いた乳酸菌風呂の記事。マコモの添加がないだけで、マコモ風呂とほとんど同じに見えます」と決めつけています(2012年02月13日のツイート)。しかし乳酸菌風呂が褐色をしているのにはその理由があります(マコモ風呂の色についてもまた違った理由があるはず)。呼吸発電さんやニセ科学批判クラスタの人たちはそういうことについてきちんと確認することもせずに、風呂水の色の共通性という上っ面だけを見て的外れな非難をしているわけです。私の乳酸菌風呂の写真を見るとお分かりになるように乳酸菌液を沢山入れた乳酸菌風呂の色は褐色になります。これはとぎ汁培養や米ぬか培養で乳酸菌や酵母の栄養源として使った黒糖の成分である糖蜜の色が抜けずに残っているためです。黒糖を使って培養すると発酵が終っても反応せずに残る糖蜜の色素のために、<乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕>に載せた培養液や乳酸菌液の写真のような色になるので、投入する乳酸菌液の量が多いほど乳酸菌風呂の色も濃くなります。なお、飯山さんの HP に載っている乳酸菌風呂の風呂水はとても濃い色をしています。その理由:飯山さんの乳酸菌風呂に投入されているのはグルンバで作ったヨモギの乳酸菌液です。グルンバで使うヨモギの糖蜜漬けには安価な糖蜜が使われるので非常に沢山の糖蜜が含まれています。そのため、できあがった乳酸菌液の中に残る糖蜜の色素の量も多いのでかなり濃い褐色になります。

私の記事はそれを読んで追実験することによっていくらでも反証することができるように記述されています。客観的な実験を通じてなされる正当な批判にはきちんと答える用意はありますのでニセ科学批判の方たちには是非ともきちんとした批判や助言をお願いしたいと思います。

 
他人のツイートをパクって拡散するロボットの発言を悪用する呼吸発電さん

2012年2月26日 追記〕少し長目の任意の他人のツイートを丸ごとパクるロボット・アカウントをたくさん作り、あたかも沢山の人が同一ツイートをつぶやいているかのように偽装している人がいます。オリジナルのツイートを発した人の多くはコピーされたことに気づいていないようです。非常に悪質な行為だと思います。それらのロボットの共通性は(1)女性の顔をアイコンとしていること、(2)他のロボットとの区別できる短めのツイートを時折入れることです(それらの短めのツイートの多くは特定の食品に関するもの)。

@okrchicagobのツイート 2012年02月05日(日) 

RTじゃなくてコピーですね。悪質だ。 RT @okrchicagob: 異口同音に公式RTをつぶやくお姉さんたち。何? http://t.co/jX5e66SW http://t.co/OQsShX8V

posted at 14:28:06

私が 2月5日のツイートで取り上げたのはほんの一例ですが実際には他にもかなり多数のコピーツイートが拡散されています。たとえば、その中の一人の女性(ボット)のツイートツイログ)を表示させて、少し長目のものを適当にいくつか拾ってリアルタイム検索してみると…、 「のんびり座って缶ジュース飲んだら回復」・「彼女からどれだけ影響を受けたことだろう」・「そして今日、3月スタートで怒涛の」・「ティムはラス・ハドソンさんと」…、と長目のものはそのほとんど全部が他人のツイートを丸パクリしたコピーツイートです(時折短文ツイートが混じります。このロボットの場合は「梅干し」)。

ところがそういったたくさんのコピーツイートの中にたまたま「乳酸菌風呂」に関連するものがあることに気がついた呼吸発電さんは、米のとぎ汁乳酸菌を培養したり乳酸菌風呂に入ったりする人たちを「流行の最先端を走る人たち」と揶揄しながら2月22日に次のようなツイートをします。

@breathingpowerさんのツイート 2012年02月22日(水) 

米のとぎ汁乳酸菌や乳酸菌風呂を擁護するツイートに1つの特徴があります。文書が同じなのにアカウントが違う人が大勢います。しかも全員若い女性ばかりです、少なくとも写真は。それって話題のステ○ではないですか?さすが流行の最先端を走る人たちは一味違いますね。

posted at 22:31:17

私はそれらがコピーロボットによるものであって決して「米のとぎ汁乳酸菌や乳酸菌風呂を擁護するツイート」ではないことを知っていますので、同じ日に呼吸発電さんに対して次のような返信ツイート(メンション)を送りました。

@okrchicagobのツイート 2012年02月22日(水)  

@breathingpower それらをよく見ればわかりますが、元になるツイートをコピーするロボットみたいなもの。コピーされているのは乳酸菌関連のものだけではありません。共通するのは食べ物関係のステマです。罪のない者に罪を着せるようなツイートはやめましょう。

posted at 22:50:20

しかし呼吸発電さんは私のツイートに返信することなく、素知らぬ顔で翌々2月24日に「乳酸菌風呂入ってきた」という【togetter】まとめを作り、菊池誠氏をはじめとする人たちにそれを知らせるツイートを発します。呼吸発電さんは、悪質なロボットの行為を自らの「反乳酸菌風呂キャンペーン」に利用することにしたようです。

それにつられてあのドイツ文学翻訳家の池田香代子さんは次のような返信ツイートを呼吸発電さんに返します。乳酸菌培養に関してネガティブな発言やツイートをしている江川紹子さんに影響されてでしょうか、とぎ汁乳酸菌を作っている人たちに対して「無知な人たちが飯山一郎さんを信じて間違った危険なことをしている」と思い込んでいる池田さんらしいツイートです(事実に当たって確かめることをネグって誰かを簡単に「信者」認定し、上から目線で何かを批判した気になるのは知識人と呼ばれる人たちの悪い癖です。マルクスの「すべてを疑え」は単に疑いにとどまることなく「真実を自ら追究せよ」を含意していることを忘れてはなりません)。

@ikeda_kayokoさんのツイート 2012年02月24日(金)  

な、なんですか、この不気味な同tweetの行列は?誰か一人がいろんな人になりすまして発信した?RT @breathingpower: @ikeda_kayoko 「乳酸菌風呂入ってきた」をまとめました。Togetter” http://t.co/ALdALgEh

posted at 01:21:18

そのようですね。不気味RT @breathingpower: @ikeda_kayoko 乳酸菌風呂普及に熱心な方々がいる様です。

posted at 01:25:39

どうやら池田香代子さんはコピーロボットの悪質なコピーツイートが「乳酸菌風呂普及に熱心な方々の宣伝ツイートだという呼吸発電さんの虚偽発言を真に受けているようです。ほかにも、同じようにそのまま信じこんで呼吸発電さんの【togetter】まとめを拡散している方がたくさんいるらしいのは残念なことです。漫画家?のいしかわじゅんさんもその一人です。

いしかわじゅんさん(@ishikawajun)のツイート 2012年02月24日(金)  

乳酸菌風呂には絶対に入るなという絶好のキャンペーンだな。 RT @sakumariko ひどいステマだなあ、これ。 .@breathingpower さんの「乳酸菌風呂入ってきた」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/262634

posted at 09:10:19

池田香代子さんは乳酸菌風呂に対する先入観がおありのようなので(「ゲロり趣味」とかひどい言いようです)、「宣伝ツイート」なるものは実はコピーロボットのしたことであり、「乳酸菌風呂の宣伝」という呼吸発電さんの発言は濡れ衣であるという旨の返信ツイートを送りましたがご返事は頂けませんでした。呼吸発電さんの虚偽発言を真に受けて釣られた方たちの発言は上記【togetter】「乳酸菌風呂入ってきた」で沢山観察できます。なお、各ツイートの引用部分の下部にある時刻をクリックするとオリジナルのツイートが見られます。

 
ニセ科学批判クラスタはなぜエア御用と呼ばれるようになったのか

2012年2月28日 追記〕 昨年の3月、福島第一原発が事故を起こしたとき、政府を構成する政治家・官僚や原発村の御用学者たちは真実の情報を隠して「安全寄り」の虚報を垂れ流し続け、その結果多くの国民が避けられたはずの放射線被曝を受けてしまいました。しかも、政府・東電は事故の真実を隠蔽することに力を注いだために適切な事故処理にも大きな遅れが出て、さらに被害の拡大をもたらしました。そんなとき、御用でもない学者や評論家の中にも間違った情報を流し続けた一群の人々がいました。その多くが「ニセ科学批判」クラスタの学者や「と学会」関連の人たちであったことは記憶しておく必要があります。

彼らは事実が徐々に明らかになっても、自らの誤った判断や言動に対する反省もせず今も「安全寄り」に偏った御用発言を繰り返す一方で、放射性物質の危険性に注意を呼びかけたり、自らその危険性に対処しようとしている人々に非難の矛先を向け、「放射脳」とか「ワーワー教」「危険厨」などといったレッテルを貼って数を頼んだ攻撃を仕掛けています。

原発事故の真相が明らかになるにつれて、ネット上では御用学者に対する厳しい批判にとどまらず、「御用でもないのに御用の片棒を担ぐ学者やその取り巻き」の集団を誰いうとなく「エア御用」と呼び、彼らを批判する声があちこちから上がるようになったのです。

群馬大学の早川由紀夫教授(火山学)は早くから彼らの欺瞞性に気付き、昨年の3月の段階で彼らのツイートを【togetter】「東日本地震と原発震災における特徴的なツイート(2011年3月)」にまとめています。これを見ると菊池誠大阪大学教授のみならず原発に対する江川紹子氏の御用性が早くも露わになっています。なお岡田斗司夫氏のように「僕たちは『大人』。大人の役割は子どもたちに『空手形』を発行することだと思う」と間違った空手形を大量に乱発した方もいます。早川さんは昨年四月に多くの方々の努力によって測定された土壌の放射線数値をまとめた「放射能汚染地図」(通称「早川マップ」)を作った方です(最新は『五訂版――〔2012.03.01 追記〕本日『六訂版』が発表されました)。

原発事故を境に日本の多くの理系学者がまったく役に立たないどころか国民に害をなす人たちばかりであることが明らかになりました。そんな中にも、真実を見抜いて正しい情報を発信し続けて下さった方々も少なからずいらっしゃったことは私たちにとっては幸いなことでありました。

原発の状態がどうなっているのかはっきりしたことがまだ分かっていない段階で「メルトダウンしません」(例:菊池誠「メルトダウンじゃないだす 」)などと無責任な言動をしている人たちに対して、国立天文台の牧野淳一郎教授(@jun_makino)――当時、現在は東京工業大学――は「何故この事態の時にこんなことを書いたり、それをリツィートしたりする輩がいるんだ? もちろん分裂反応は止まってるけど、核分裂生成物の崩壊熱は今の瞬間にもでてます」のようにきっちりと批判し(2011年3月12日の日記)、的確な判断や情報を日記やツイッターで発信しています。また、安全派の洗脳の手から秋山浩保柏市長を救い出して「民・公・学で挑む、オール柏の除染計画」へとつなげた東京大学物性研究室の押川正毅教授(@MasakiOshikawa)も忘れることはできません――〔2012.03.07 追記〕押川教授や島薗進教授などが世話人になっている「東京大学原発災害支援フォーラム(TGF)

エア御用な人々」から

科学者の中に、不十分な知識に基づいて事象を判断し、安全を不適切に強調する人がいる。また、科学の外側にあるリスクをきちんと見積もれないままに、「科学的知識」だけに基づいて安全を不適切に強調する人がいる。「不十分な知識」に基づいて、科学の外側のリスクも無視して、安全を不適切に強調する人がいる。

専門外のことに口を出し、「放射能の健康被害を気にするのは愚者」「気にしなくて良いレベル」を繰り返す人々である。放射能との因果関係が不明な事柄に関し「放射能は無関係」と繰り返す。

今、避難対象地域以外の住民であっても、外部被ばくや内部被ばくがわれわれの健康にとって致命的となる可能性(リスク)が大きく存在しているのに、エア御用の方々は、それを他のあらゆるリスクと比較して小さく見せようとし、無視させようと努力している。

避難をしたい人が、避難したくなくなるように強要している。

われわれの健康にとって致命的な問題に対し、このように軽々しく、かつ抑圧的に関わることを看過できない。

彼らの多くが、事故初期に「結果的には被害程度を相当低く見積もった見解」を繰り返した人々である。そして、間違っていたとわかると、「あの時は仕方がなかった」という言い訳を繰り返し、反省せず、自分がなぜ間違えたのか考えようともしない。

過去の誤りを反省・熟考しないということは、今後もまた間違える可能性が高い。従って、彼らの言うことを聞いていたら、取り返しがつかなくなる可能性があるのだ。

もちろん彼らに同調している人々に対してまで、説得しようとは思わない。彼らの考えにふと疑問を抱き、違う行動を取りたいと思った人に対し、ここの情報は提供されている。

これらの情報を読んで、どう行動するかは読者しだいである。

 

ニセ科学批判運動の真の目的」(『早川由紀夫の火山ブログ』) 

菊池誠をリーダーとするニセ科学批判クラスタと放射能安全を強調するクラスタは、かなりの部分が重なる。ニセ科学批判クラスタがこれまで攻撃対象としてきたのは、血液型性格診断、水からの伝言、マイナスイオン、ホメオパシーなどである。既存科学の体系と対立する主張を批判する科学的な社会運動だと一見みえた。

しかしほんとうにそうだったのだろうか。科学の体系と反することを許さないも、科学の輝かしい業績を踏みつけにすることを許さないも、彼らの運動にとってつけた理由だったようにいまは思われる。彼らの真の理由そして目的は、現社会体制の維持継続を不安にさせる要因を早期につぶすことだったのだろう。

そう考えると、菊池誠をリーダーとするニセ科学批判クラスタが今回科学をかなぐり捨てて、やみくもに放射能安全を強調する側に立ったことがよく理解できる。原発こそが、ほんらい彼らがもっとも力を入れて批判すべきニセ科学だったはずだ。運転で生じる毒を始末するすべをもっていない技術なのだから。

ニセ科学批判の人たちは権威あるいは当局と親和性が高い。その本質はもともと「御用」にあったとみられる。

(関連記事)

 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 科学とは何か
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)
 三浦つとむ『日本語の文法』 まえがき――文法とは何か
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(3)――〔応用編2〕乳酸菌液で作る豆乳ヨーグルト
 乳酸菌を培養する(6)――〔応用編5〕発泡乳酸菌液と乳酸菌風呂
 乳酸菌を培養する(7)――〔応用編6〕乳清で作る豆乳ヨーグルト
 乳酸菌を培養する(8)――〔応用編7〕乳酸菌風呂、その2
 乳酸菌を培養する(10)――〔探究編2〕玄米浸潤培養液
 乳酸菌を培養する(11)――〔探究編3〕黒糖と白糖、乳酸菌風呂3
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト
 乳酸菌を培養する(14)――〔展開編2〕とぎ汁で作る豆乳ヨーグルト
 乳酸菌を培養する(15)――〔展開編3〕日本茶で作る豆乳ヨーグルト
 乳酸菌を培養する(16)――〔展開編4〕豆乳だけでヨーグルトができた
 乳酸菌を培養する(17)――〔展開編5〕植物系で作る豆乳ヨーグルト ―― 野菜・果実・穀物・蜂蜜…等で作るヨーグルトのまとめ
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌を培養する(20)――〔探究編6〕炊いたご飯と乳酸菌
 乳酸菌を培養する(21)――〔展開編6〕超大雑把な蓬乳酸菌の培養
 乳酸菌を培養する(22)――〔発展編2〕玄米豆乳乳酸菌液で作る豆乳ヨーグルト
 乳酸菌を培養する(24)――〔探究編7〕白米浸漬培養液も乳酸菌が多い
 乳酸菌を培養する(25)――〔基礎編2〕七分づき米のとぎ汁培養液
 乳酸菌を培養する(26)――〔発展編4〕米麹の力(米と麹だけで作れる濃密な乳酸菌液)
 乳酸菌を培養する(27)――〔発展編5〕黒糖と米麹の併用/米麹と産膜性酢酸菌
 乳酸菌を培養する(28)――〔展開編7〕手軽にできる蓬乳酸菌の培養
 乳酸菌を培養する(29)――〔展開編8〕色がきれいな赤紫蘇乳酸菌液
 蓬乳酸菌液とぬか漬け
 タグ【乳酸菌風呂

(関連サイト)

 エア御用な人々 (原発業界御用学者リスト @ウィキ)

 原発業界御用学者リスト @ウィキ

 【pdf】原発事故から学べること. 科学的に考えるためには? (牧野淳一郎 東京工業大学 2011年3月31日)

 科学とその退廃 (牧野淳一郎 「811 ノート」2012年3月25日)

 ニセ科学を批判すること (早川由紀夫の火山ブログ 2010年6月13日)

 ニセ科学批判運動の真の目的 (早川由紀夫の火山ブログ 2012年5月12日)

 放射能を必要以上に怖がることは「エセ科学」=カルト宗教-新聞論説(江川紹子)から (院長の独り言 2011年8月29日)

 放射能を「正しく」怖がるホームページ・・筆者と作成団体を「正しく」知ろう (院長の独り言 2012年5月9日)

05

 「放射線リスクを正しく怖がる」の嘘、エリートがパニックを引き起こす!? (excite.ニュース 2012年1月25日)

 社会と科学者 (ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日 2012年3月12日)

 【togetter】AERA 「放射能が来る」を踏んだ人々

 放射能汚染地図(七訂版) (早川由紀夫の火山ブログ 2012年7月28日)

 菊池-MDナイダス-誠先生が、「上杉は炉心溶融を認めようとしなかった」説を唱える (原発業界御用学者リスト@ウィキ)

 呼吸発電 (@breathingpowerさんご自身のブログ)

科学・教育 | Trackback (0) | Comment (13) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:279
コメント
 
[515] 疑問
2012/02/26(日)11:03:03 | URL | locust0138[編集
批判を受けるのは当然です。
自信があるならば成果をまとめて学術誌に論文として投稿するべきです。それが科学の世界のルールです。科学の世界では、論文になっていない研究成果は重視されません。

誤解されているようですが、現段階では私のように批判する者に反証の必要はありません。「正しい」という信頼できる証明が行われていないのですから、「間違っている」という証明は必要ありません。貴方の実験は信頼に値しないのです。

ご自分の実験方法に自信があるようですが、科学者としての訓練を受けた者から見れば、「実験」とは呼べません。杜撰過ぎます。小中学生の自由研究のレベルです。

ニセ科学批判者の大半は、科学者か科学に携わる人々です。そのような方々に対して、科学の素人である貴方が「非科学的だ」と批判するのは無意味だと思いませんか。

繰り返します。「米のとぎ汁乳酸菌発酵液」の効果に自信があるならば、研究成果をまとめて査読審査のある学会誌に論文として投稿して下さい。論文が審査を経て学会誌に掲載された時に初めて批判者側に反証の義務が生じます。

「実験もせずに批判するのは科学の世界のルールに反する」とお考えのようですが、現段階では全くルール違反ではありません。「論文も書かずに研究成果を世間に公表する」のは完全にルール違反です。
 
[516] ごあいさつのみ
2012/02/26(日)13:02:58 | URL | シカゴ[編集
locust0138さん、こんにちは。

巡回、ご苦労様です。
 
[537] 応援します
2012/04/24(火)23:26:18 | URL | roujin編集
シカゴさんへ
面白いヒントが満載の内容に感謝。
批判は何時の時代にも、斬新な内容であればある程、受けるものです。
負けずに頑張って下さい。

Locust0138さんのコメントの余りの暴言に腹が立ち、応援メッセージを入れました。
肩書きの有る者や権力者であれば、たとえ間違っていても何を言っても良いとの風潮は、有ってはいけないことです。肩書きの有る者は、その肩書きに応じて、言動に責任を負うべきです。なぜなら、その肩書きに応じて一般の人々は、信じようとするからです。科学者であると言うならば、その人こそ、批判する時には、根拠を提示しなくては、いけないと思います。
一般の人達が、大切な時間や身銭を切って、自らの体を提供して、ささやかな実験を繰り返していることを、何も確かめずに批判したり、同じ土俵に上らなければ、言う権利がないと言うのは、一般の人達への侮辱でしかありません。
 
[539] 実験報告と提案
2012/04/24(火)23:38:19 | URL | roujin編集
シカゴさんへ
2年前にインドネシアの汚い豚小屋で、乳酸菌の実験をしたことがあります。
実験は、(A)通常の予防接種やビタミン剤、抗生物質投与の50匹の飼育
      ---結果は、死亡率:10%(5匹)、延べ下痢日数:600日強
一方は(B)初期予防接種のみで、他薬剤なし。豚一匹当たりの乳酸菌量/日=100cc
     ---結果は、死亡率:0(0匹)、延べ下痢日数:1日
圧倒的な差となりました。
豚小屋の条件は、
5匹ずつのコンクリート囲い飼い、餌場は、糞尿の場所と同じ床で極めて不衛生。 
この時の乳酸菌の条件は、本体を作るまでに、煮沸米とぎ汁、煮沸とうもろこし粉、炒り米糠、などに、白砂糖、食卓塩を添加。種菌として、ドイツの製薬会社のBIO3及び、イースト菌にて培養。PH4以下になったものを本体として集め(ほとんどは米とぎ汁の物)、以後、米とぎ汁、白砂糖、塩で培養を繰り返す。但し、培養時に使う乳酸菌液は、ほとんどは、そこに溜まる沈殿物主体で1/20(5%程度)の量。PHは常時PH3.8~3.9で推移。
本体を作るまでに一ヶ月以上かかりましたが、それ以後は、希釈培養初期でもPH4以下で即、使える物になりますが、熟成を兼ねて、2週間以上を目安、砂糖の量は、約7%。
私の実験では、砂糖は、白砂糖でも問題なく、塩は、ほとんどなくても、にがりなしの物でも、問題ありません。豚用には塩を多く入れ、自分の飲料用には、塩をほとんど入れずです。
私は、豚の実験結果の途中経過の時点で効果を実感し、それ以後自分でも試しています。
以前は、一ヶ月に10日位は下痢、風邪も引き易かったのですが、すべて改善。
==== 
そこで、提案です。
批判する人達の言葉と同じ雑菌の害を心配していた私は、PH4以下であれば、今現在知り得る雑菌(害のある菌)は、死滅することを知った上で、培養時のPH4に至るまでの過程で生成するかもしれない病原菌の毒性物の混入を避けるため、高温処理殺菌、完全密閉とし、種菌を使用しました。(日本では、各種の乳酸菌製剤も多く簡単に準備できる)--- こんな方法であれば、変な批判を受けずに済むかもしれません。
皆さんの方法と意味するところは何ら変わりません。
ひょとして、皆さんの参考になれば嬉しいのですが・・・
 
[540] 更に
2012/04/25(水)09:15:49 | URL | roujin編集
シカゴさんへ
追記;上記では、簡単に書きましたが、乳酸菌液の本体を作るのには、テストボトル30~40本で試行錯誤しながら、温度管理やガス調整で苦労しています。時には、爆発で部屋中をロケットの如くボトルが飛び跳ね、冷や汗を掻いたこともあります。各種薬剤や資材が手に入り難い地区であったため、砂糖や塩も一般的な物しか使えず、PH4.2位まではスムーズなのですが、PH4以下がなかなか得られず、時間がかかりました。
また、現在、新たにPH3程度の更に殺菌力の強い乳酸菌液を作りたく、テストを開始するところですが、酪酸やプロピレン酸などとの共存がより殺菌力が増し、PH低下も期待できるとの文献も見られますので、今回、逆に、シカゴさん達の情報が有難く、幾つか試してみたいと考えています。
 
[541] 追加実験報告
2012/04/26(木)07:52:06 | URL | roujin編集
シカゴさんへ

なんと1週間前より行っていた予備試験のボトルが既にPH3.1であることが判明。
このボトルの条件は、イースト菌を使わず、米のとぎ汁の高熱殺菌処理を通常使用よりも低い90℃、米のとぎ汁を何時もより濃くしたものです。
従って、
(1) イースト菌は必要ないこと
(2) 雑菌の殺菌は90℃あれば、達成出来ることから、
それ以上の高熱は必要ないこと。
(3) 米のとぎ汁は濃い方がよい。
を意味しています。
これなら、PH3以下も十分可能で楽しみです。

これは、種菌と90℃殺菌を除けばシカゴさんの内容とほぼ同じ?
ただし、砂糖はグラニュー糖10%、塩は食卓塩0.3% であり、
シカゴさんの内容と合わせて考察すれば、

(4) 砂糖はどんな種類でも良さそう
(5) 砂糖の量は10%でも問題なく、
乳酸菌の濃い物を得るには濃い方が良い。
(6) 塩は極少量でも問題なく
(7) 塩の種類も気にする必要はない。
と言うことは、難しく考えなくても良いのかもしれないですね。
 
[542] 修正願い
2012/04/26(木)09:14:04 | URL | roujin編集
4月25日の更に の中で、
酪酸とプロピレンは酪酸とプロピオンの間違いです。
また、使用目的は飲料ではなく、外部殺菌だったのですが、
乳酸菌だけでも十分PH3以下が可能であれば、
使いたくない代物で、殺菌力が強くなるとしても
使いたくありませんので、実験予定は中止します。
 
[543] いろいろありがとうございます
2012/04/26(木)23:17:18 | URL | シカゴ[編集
roujinさん、こんばんは。

応援、ありがとうございます。

件の locust0138氏は、とぎ汁培養のことを書いているブログのコメント欄で「学術誌に論文を~」というおかしな主張をする常習犯ですので、まあお相手する必要はないと思っています。市井にはいわゆる学者よりも真摯にものごとの本質を追究している方もいらっしゃるわけで、研究内容の価値や正しさが学術誌に投稿するかどうかで決まるわけではないことは、ごくふつうに考えればわかるはず。

ニセ科学批判クラスタの人たちは、批判はすれど実践なし。足が地に着いていませんので具体的なことに触れることができません。相手にしても建設的な議論は望めないと私は判断しています。

本文でも触れていますがニセ科学批判クラスタの人たちは「と学会」クラスタとほぼ重複していて、本当の意味で実学を実践している人がほとんどいません。頭領の菊池誠阪大教授からして、専門はコンピュータ物理。最近生物物理に移ったということですが生物の素養がまったくないそうで、論文が通らないと嘆いている始末。「エア御用」とはよくいったもので彼らの実体は「エア科学」なんですね。だから彼らの「批判」は単なる難癖です。

というわけで、一般のブログなどで彼らの相手をすると雲霞の如くエア科学の連中がよってきて衆を頼んでぶったたかれるのでいわゆる「炎上」騒ぎになりますが、私のように実践した結果を書いている者に対しては遠巻きで騒ぐだけ。まともに事実に即したコメントさえできないわけです。

私のブログは開設以来ずっとコメント承認なしでやってきましたが、最近算数の「かけ算の順序」問題にからんで、ある記事に難癖をつけてきたエア関係者がいたので、その方のコメントをお断りしたついでにしばらく承認制に切り替えました。どうやらおさまったようなのでふたたび承認制を解除してコメント投稿がただちに表示されるように致しました。

乳酸菌培養については別コメントで。
 
[545] pH と酵母
2012/04/27(金)17:54:31 | URL | シカゴ[編集
roujinさん、実践経験についての詳しいご報告ありがとうございます。

殺菌に関するご助言。私自身も煮沸したとぎ汁や炒りぬかを使った培養実験をした結果、米乳酸菌や米酵母のたくましさを実感しました。

砂糖の件に関してもまったく同意です。私も白糖でやってきちんと培養できることを確認しています。これについてはいずれ記事にまとめようと思っております。塩についてもたぶんあらすじとしてはその通りだろうと思っています。ただ、培養中~後期には塩辛さはなくなりますから塩分が消費されているのは確かです。培養初期の環境を整える意味でもまったくの無意味ではないと私自身は考えています。

さて、pH 3.1 というのはすごいですね。90℃の高温殺菌によって多くの酵母が死に絶え、乳酸菌のうち高温に強いもの――おそらく酸にも強いもの――のみが生き残った結果かも知れませんね。酵母の増殖と乳酸菌の増殖。これも関連があるかもしれません。

私が作った数多くの乳酸菌液の中にも 3.5弱に達するものが少なからずありましたが、3.0強になるものはまったくありませんでした(0.5刻みの pH試験紙ですのでこの程度の大雑把さになります)。4~6日後あたりの pHが 3.5になった後のタイミングで酵母の本格的な増殖が始まりますが気温やその他の条件で酵母がある程度の数になってイーストの匂いがするようになるまでには 10日~2週間くらいかかるようです。酵母は乳酸菌が作った乳酸を消費するという話をどこかで目にしました。実際、糖が不足している環境では一旦下がった pH が再び上がるということも何回か経験していますし、3.5まで下がらずに 4.0~5,0 で高止まりしてしまうという経験もありました。

飯山式の米乳酸菌培養の目的は乳酸菌の十分な増殖ですので、酵母を大増殖させてアルコールを生成することではありませんので、与える糖の量は 3% で十分だろうということだと私は理解しています。米酵母のアルコール産生力がどの程度のものなのか分かりませんが、酵母が増えすぎてアルコールが一定以上できてしまうと、乳酸菌が死滅してしまう可能性もありますので…(日本酒造りにおいて、発酵初期に雑菌を排除・死滅させることに寄与した乳酸菌が発酵中期になって死滅するというプロセスはとても重要なことですが、従来言われていた乳酸菌が自ら作り出した乳酸によって死滅するというのは間違いだという説もあります。その説では乳酸菌が死滅するのは酵母が作り出すアルコールが原因であるということです。乳酸菌はアルコールに対する耐性が低いんですね。こうしてみると微生物の生態というのは奥が深いなあと感じます――共生というのは互いに利益を与え合うだけでなく、互いに牽制しあうという側面もある)。

roujinさんのなさったように 90℃ で殺菌するという方法は、乳酸菌よりも熱に弱い酵母を減少させることにより培養終期の酵母の増殖を抑制して乳酸菌の増殖力を相対的に高める結果になったのかもしれません。また、濃いとぎ汁を使うということも初期の乳酸菌の数を多くしたことがさらに乳酸菌の発酵に寄与した、という側面もあるように思います。その結果が pH3.1 の乳酸菌液だったのではないかと思います。文献などを読むと pH 3.0以下の乳酸を産生することもあるようですので…。とぎ汁乳酸菌液においては pH 3.5 になる頃に酵母の増殖が活発になるので、酵母の作り出すアルコールが乳酸菌の発酵を抑制してしまうのかもしれません。

ひとまず、このあたりで。
 
[623] 
2012/12/03(月)01:43:33 | URL | メイプル[編集
 たぶんこのlocust0138は齊藤 宏之 @saitoh0619ですね。
 
[624] やはり「ニセ科学批判」のお仲間でしたか
2012/12/03(月)12:18:05 | URL | シカゴ・ブルース[編集
メイプルさん、こんにちは。

齊藤 宏之 @saitoh0619氏のツイッターを見ると、呼吸発電さん(@breathingpower) とメンション飛ばし合っています。

医学系研究者。エア御用にはなぜか物理系、医学系が多いですね。で反・反原発だから小沢一郎が嫌い、日本未来の党が気にくわない。分かりやすいエア御用クラスタです。
 
[633] 魔法の枝から乳酸菌
2013/01/01(火)15:39:23 | URL | クリス[編集
こんにちは、
こちらのHPを何時も参考にさせていただいております。ありがとうございます。

この記事「ヨーグルト(ブルガリア)魔法の枝から乳酸菌(読売オンライン 2008年6月23日)」が気になってクリックしたらリンク切れだったのでググったら以下のHPが見つかりました。
http://sofia-family.main.jp/ht-syoukai-kopuri-maho.html
元は同じ読売新聞みたいですのでこれにリンクを変えておくと良いかもしれません。
この記事を見ると、(M社のヨーグルトは名前だけでしょうが)本場のブルガリアヨーグルトは植物性の乳酸菌で作られている様ですね~。そういう意味では北欧の国のヨーグルトでも探せば植物性乳酸菌で作られたヨーグルトがあるかもしれませんね!

この話とは別ですが、例の呼吸さん、ご活躍で(-_-;)、「米のとぎ汁乳酸菌」でググると必ずトップ数件に入ってきますね(しかも色々形を変えてトップを数件占めるように)…。余程植物性乳酸菌が広まるのが嫌なようで。
その次にココですから、シカゴさんには頑張っていただきたいものです。

 
[634] ご指摘ありがとうございます
2013/01/01(火)22:59:53 | URL | シカゴ・ブルース[編集
クリスさん、こんばんは。

いつの間にか記事が削除されていたんですね。コピーされたものを探して下さってありがとうございます。お教え下さった記事に飛べるように URL を変更しました。

引用元として元記事の「読売オンライン 2008年6月23日」が示されているので内容は同じだと思われます(私が記憶していた内容とほぼ同じ)が木の名前が「ドリャン」ではなくて「ツゲの木」になっていますね。引用した方が翻訳したのでしょうか。でもドリャンとツゲはちがう種類のようですが…。

さて呼吸発電氏ですが、あの性格は直しようがないのでしょうね。togetter にまとめてはお偉方に注進する。まあ、ご自分の働きを認めてもらいたいのでしょうね。でも実践が伴わない机上の知識ばかりで批判されてもこちらは痛くも痒くもありません。むしろ、そこから私のブログ記事を読みに来てくれる方がいらっしゃるのでありがたいくらいです。

糠味噌のことを書いていても本物のぬか床などは見たことも匂いを嗅いだこともないのでしょう。生糠を使った培養が不潔だなどという自体偏見に過ぎません。一事が万事で彼の言う科学は「エア科学」です。

それと知的にも道徳的にも彼はとても不誠実な人だと思います。まあ、そのあたりは彼の書いたものと私の書いたものとを読んで判断してもらうのが一番だと私は思っています。google の上に来るのはセンセーショナルなタイトルのせいもあるかも知れませんね。でも役に立つ情報を求める方は彼の書いたものではなく私の書いた記事の方を読んで下さるでしょうから、それほど心配はしておりません。
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)~(7)
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

現在表示しているページ
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年生れ(68歳♂)。国語と理科が好き。ことばについては子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説の立場からことばについて考え続けています。現在は39年間続けた自営(学習塾)の仕事を辞め個人的に依頼されたことだけをこなす日々です。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

記事案内
カテゴリー一覧
ブログ記事の検索
月別記事検索
ページ検索
 
文字列検索(兼タグ検索)
Google・Yahoo! でブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 I』を読む 1(1)――認識論と言語学三浦つとむ『認識と言語の理論 I』

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

コメント・トラックバック

コメント

トラックバック

メールフォーム
個人的なご連絡やご意見・メッセージの送信、あるいはコメント欄では不都合と思われるような一般的なことがらについてのコメント等はこのメールフォームをご利用下さい。FC2ブログが仲介して私宛のメールとして届けてくれます。返信ご不要の場合はメール欄に no_reply@dummy.jp とご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

主なアクセス元
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /   /