配色を変更しました――ホトトギスの初鳴き?(PC版ページへ)

2012年04月18日16:56  お知らせ>運営

桜が散っています。周囲の山々にもちらほらと淡い緑が目立つようになってきました。今月末には萌黄色一色に包まれるでしょう。昨日はホトトギスの初鳴き?を聞きました。しばらく姿を消していたガビチョウが今日はやかましく鳴いています。「ホトトギスの初鳴き」と思ったのはガビチョウだったかも。ホトトギスがやってくるにはまだ早過ぎます。例年なら5月に入ってからですし。

ウグイスはもう大分前から鳴いています。この間まではスズメとキセキレイ、それに上空を舞うトンビくらいしかその鳴き声が聞こえませんでしたが、これから気温が上がるにつれて鳥の種類もだんだん増えていきます。ヒヨドリも間もなく戻ってくる頃です。

先日はやけに近くからピーヒョロロという声が聞こえたので窓の外を見ると、団地の敷地内にある電柱にトンビが止まってあたりを見ていました。目の前の木に止まっているスズメたちはなりをひそめてじっとしています。トンビが近くに来るのはめずらしくありませんが、電柱に止まっているのは初めて見ました。

というわけで、少し気が早いですがブログの配色を初夏仕様に変えました。

2012年5月3日夜 追記〕 前の河原から蛙の鳴き声が聞こえます。昼間、雨が上がって霧の中から新緑に染め上がった山々が姿を現しました。いよいよ初夏。

2012年6月1日 追記〕 ホトトギスの初鳴き。今年はやや遅かったみたいですが、気温が上がって来て午前1時過ぎから2時頃にかけて夜鳴きするホトトギスの声が聞こえるようになりました。昼間はベランダの前の電線に止まって鳴くホトトギスの姿が見られます。なかなか姿を見せなかったヒヨドリも最近うるさく鳴いています。ただ、いつもの年に比べるとツバメの数が少ないようです。ベランダにやってくるスズメは去年の倍くらいの数です。しばらく前から羽をうち振るわせながら親の口移しに餌をせがむ小スズメの姿が見られるようになりました。巣立ちの季節になったのですね。

トラックバックURL

http://okrchicagob.blog4.fc2.com/tb.php/280-63e8fadc

前の記事 次の記事



アクセスランキング ブログパーツ