携帯版 ことば・その周辺 [PC版トップページへ]


パソコンをご利用の方はPC版のページでご覧下さい。

記事の内容

*前へ | 次へ#

乳酸菌を培養する(24)――〔探究編7〕白米浸漬培養液も乳酸菌が多い [PC版ページへ]
2014/03/20 15:32

最終更新日 2014年4月1日〕

――乳酸菌を培養する――

 〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)

 〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養

 〔探究編2〕玄米浸潤培養液

 〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液

 〔展開編6〕超大雑把な蓬乳酸菌の培養

 〔探究編7〕白米浸漬培養液も乳酸菌が多い

 〔基礎編2〕七分づき米のとぎ汁培養液

 〔発展編4〕米麹の力(米と麹で作る濃密な乳酸菌液)

 〔発展編5〕黒糖と米麹の併用/米麹と産膜性酢酸菌

 〔展開編7〕手軽にできる蓬乳酸菌の培養

 〔展開編8〕色がきれいな赤紫蘇乳酸菌液

 〔展開編9〕ミカンの皮の乳酸菌液

 植物性乳酸菌(自家製乳酸菌)の培養に関する記事をまとめて読む。

 浸漬培養に関する記事をまとめて読む。

 乳酸菌を培養する(1)〜(30)をまとめて読む。

 関連:〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか

 関連:〔応用編2〕乳酸菌液で作る豆乳ヨーグルト

 関連:〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト) ―― 玄米・白米・米ぬか・米粉…で作るヨーグルト

 関連:〔展開編5〕植物系で作る豆乳ヨーグルトと内生菌 ―― 野菜・果実・穀物・蜂蜜・梅干…等で作るヨーグルトのまとめ

 豆乳ヨーグルト作りの記事をまとめて読む。

〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液」の実践から玄米を浸漬した培養液で作った乳酸菌液は乳酸菌密度がとても高いことが分かりました。そして濃いとぎ汁を使った培養液で作った乳酸菌液でも乳酸菌密度がそれなりに高くなることが分かりました。これらのことから考えると玄米ならぬ白米を水に浸漬した培養液でも同じように乳酸菌密度の高い乳酸菌液ができるのではないかと私は考えました。そしてさっそく白米浸漬培養の実験をしてみることにしました。


〔注記〕白米浸漬培養で作った乳酸菌液のことを当記事中では簡単に「白米乳酸菌液」と記します。

なお、以下の実験で使った白米は 2012年産の玄米(古米)を自家精米器で精白したものです。実はここ 2か月ほどの間同じ玄米を自家精米器で七分づきした米を食べており、とぎ汁培養ではこちらの七分づき米のとぎ汁を使用しています。

この記事の目次

 白米浸漬培養
 補充液(栄養液)
 pH試験紙/乳酸菌液の利用・活用・効能等について

 
白米浸漬培養
白米浸漬培養液も発酵力が高い

実験は2リットルの培養液で行ないました。使った材料は以下の通りです。

 白米:1カップ(200ml)  あら塩:小さじ4杯(約18g=培養液の1%弱)
 黒糖:大さじ1杯強×4(約60g=培養液の3%)  水:2リットル

自家精米した白米には胚芽のかけらが混じっていますがその量はわずかです。そこで浸漬する白米の量を玄米よりも少し多めにしました。また、あら塩はやや少なめにしましたが黒糖ももう少し少なくてもよいかも知れません。黒糖は最初ではなく 3日後に投入します。

初日:2リットルのペットボトルに白米1カップあら塩小さじ4杯を入れ、そこに水2リットルを加えます。蓋をきちんと閉めて暖かい場所に置きます。実験を行なったのは気温が低い時期だったのでホットマットの上に横にして上にカバーをかけました。

1日後:それなりの量の泡が発生しています。

2日後:発泡量が増えています。pH は5.5。

3日後:消えにくい泡が昇ってきています。乳酸菌が順調に増殖しているようです。ボトルをよく振って培養液中にたまった気体を逃がしてから、黒糖大さじ1杯強×4を入れます。入れた後はボトルを振って黒糖を溶かし、再びホットマットの上に寝かせます。――ボトルを振るときには蓋をきちんと閉め、振った後蓋を開けるときには中身が吹き出してしまわないようにゆっくりと慎重に。吹き出しそうになったらすぐに蓋を閉めて泡が消えるのを待って再びゆっくりと蓋を開けて気体を逃がします。

4日後:pH が 3.5 になりました。発泡はかなり盛んです。

5日後:カバーを外してみるとボトルがパンパンにふくれあがっています。二酸化炭素が大量に発生しているようなので慎重に蓋をゆるめて気体が出たらすぐに蓋を閉めます。再びボトルがふくれあがるほどの発泡。今度も慎重に蓋をゆるめ気体を逃がします。発泡が落ち着くまでこれを何回か繰り返します。玄米(浸漬)培養の時よりも発泡が始まるのが早めです。甘皮がない分早くデンプンなどが溶け出しているからかもしれません。

6日後:引き続き発泡中。顕微鏡でみると相当量の乳酸菌がいます。この密度は玄米(浸漬)培養液とほとんど変わりがありません。酵母は大きめの円形・楕円形が主ですがその数はさほど多くはありません。pH は 3.5弱になりました。

8日後:発泡が続いています。ホットマットの上から台所の床の上にボトルを移しました。浮いている胚芽のかけらがありますが上澄みを濾過すれば乳酸菌液として使っても構わない状態になっています。

11日後:ゆるやかに発泡中。pH は 3.0強。乳酸菌密度の高い状態が続いています。酵母は少し増えたようですがコロニーを形成するほどではありません。

13日後:発泡はおさまりましたが蓋を開けるとたまった二酸化炭素の抜ける「プシュッ」という音がします。酵母がかなり増えて小・中のコロニーができています。コロニーを形成しているのは主に桿形のものです。乳酸菌密度は相当なものです。pH は3.0強。結構酸っぱいです。浮遊していた胚芽のかけらもすべて沈み、ほぼ2週間で乳酸菌液として完成したとみてよいでしょう。

画像2014年4月1日〕写真が25日後の白米乳酸菌液。乳酸菌の増殖が落ち着いて、酵母がたくさん増えました。pH は 3.0 になっています。写真は12日後の七分づき米の乳酸菌液(1合を2リットルの水に浸漬)。栄養分や酵素が豊富なためでしょうか、玄米培養液とほぼ同じ程度の乳酸菌が見られます。酵母はまだ増え続けています。pH は 3.0。
――写真をクリックすると別窓で原寸表示します。

白米乳酸菌液の乳酸菌密度は玄米乳酸菌液に匹敵する

というわけで私の推測通り、白米浸漬培養で得られる白米乳酸菌液は乳酸菌密度の高いものになりました。玄米が手元にないという方も是非試してみて下さい。

 
補充液(栄養液)

玄米浸漬培養の実践から分かったことですが、玄米乳酸菌液や白米乳酸菌液はすぐに使わないならばそのまま保存しておきときどきガス抜きをする程度でかなりの期間置いておけます。完成した玄米乳酸菌液や白米乳酸菌液を使う場合は、底に沈んでいる米粒を残して上澄みを全部取り出して別のボトルに移したものを使うようにするのがよいと思います。培養に使ったボトルに残った米粒は繰り返し培養に使えます。あら塩と水を加えて暖かい場所に置き、3日後に黒糖を入れます。当初の乳酸菌や酵母の数が多いため比較的短期間で乳酸菌液ができあがります。補充液(栄養液)に使うあら塩や黒糖、水の分量は最初の培養液を作ったときと同じにします。

 
pH試験紙/乳酸菌液の利用・活用・効能等について

〔注記〕pH試験紙については「〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた」の「pH試験紙・培養液の色(10円硬貨の利用)」をご覧下さい。pH試験紙が手元にない場合の簡易判定に10円硬貨を利用する方法についても記してあります。

〔注記〕乳酸菌の培養に用いて使い終わった使ったペットボトルの汚れは水で洗うだけで十分ですがボトル内部の肩口の辺りに付着している浮遊物や産膜などはブラシで落とせます。なお、「〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた」の「培養液の濾過・沈殿培養液・ボトル等の洗浄」でご紹介している「フルフルボトル洗い」を使うと手間がかからず簡単にペットボトルの洗浄ができます。

〔注記〕 米のとぎ汁や米ぬか水等を利用した米乳酸菌の培養に関する基本的な事項や知っておくべき大切な情報は <乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕> に載せてあります。まだお読みでない場合は一通り目を通しておかれることをお勧めします。また、その記事には 乳酸菌液の利用・活用・効能関連記事へのリンク集 も載せてあります。

なお、日々の実践を通して新たに分かったことや新しい知見、あるいは誤っていた記述など、<乳酸菌を培養する(1)>の内容は頻繁に更新・追加されていますのでときどき目を通して頂ければ幸いです。

――乳酸菌を培養する――

   (1)〔基礎編〕  米乳酸菌を培養してみた
   (2)〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
   (3)〔応用編2〕乳酸菌液で作る豆乳ヨーグルト
   (4)〔応用編3〕通販の米ぬかを使ってみる
   (5)〔応用編4〕飯山氏、拡大培養の「秘法」を明かす
   (6)〔応用編5〕発泡乳酸菌液と乳酸菌風呂
   (7)〔応用編6〕乳清で作る豆乳ヨーグルト
   (8)〔応用編7〕乳酸菌風呂、その2
   (9)〔探究編1〕古米の玄米と米乳酸菌、玄米浸潤液
 (10)〔探究編2〕玄米浸潤培養液
 (11)〔探究編3〕黒糖と白糖、乳酸菌風呂3
 (12)〔探究編4〕米ぬかと糖だけを使った培養実験
 (13)〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト
 (14)〔展開編2〕とぎ汁で作る豆乳ヨーグルト
 (15)〔展開編3〕日本茶で作る豆乳ヨーグルト
 (16)〔展開編4〕豆乳だけでヨーグルトができた
 (17)〔展開編5〕植物系で作る豆乳ヨーグルトと内生菌 ―― 野菜・果実・穀物・蜂蜜・梅干…等で作るヨーグルトのまとめ
 (18)〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 (19)〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 (20)〔探究編6〕炊いたご飯と乳酸菌
 (21)〔展開編6〕超大雑把な蓬乳酸菌の培養
 (22)〔発展編2〕玄米豆乳乳酸菌液で作る豆乳ヨーグルト
 (23)〔発展編3〕濃いとぎ汁と乳酸菌の増殖率
 (24)〔探究編7〕白米浸漬培養液も乳酸菌が多い
 (25)〔基礎編2〕七分づき米のとぎ汁培養液
 (26)〔発展編4〕米麹の力(米と麹で作る濃密な乳酸菌液)
 (27)〔発展編5〕黒糖と米麹の併用/米麹と産膜性酢酸菌
 (28)〔展開編7〕手軽にできる蓬乳酸菌の培養
 (29)〔展開編8〕色がきれいな赤紫蘇乳酸菌液
 (30)〔展開編9〕ミカンの皮の乳酸菌液

 乳酸菌を培養する(1)〜(30)をまとめて読む。

(関連記事)

 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご(粉末投入用)
 蓬乳酸菌液とぬか漬け

(トラックバックを送った記事)

玄米で、乳酸菌を〜(グレープおばさん)

【乳酸菌培養の教科書】:「玄米乳酸菌」を簡単手軽に培養する方法を分かりやすく写真をつかって説明。 北海道の『グレープおばさん』 (『文殊菩薩』)



*前へ | 次へ#

コメントを見る(2)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP

↑PageTop | ログイン

i-mobile


Powered By FC2 BLOG



アクセスランキング ブログパーツ