ブログのメインテーマ「意識と言語」から離れた記事も好奇心の赴くままに書いています

 は現ページ内、はブログ内別ページ、はブログ外へのリンクをそれぞれ表しています

 人気のある記事はこのページの下の方にある よく読まれている記事 をご利用下さい

 記事をまとめて読む を使えばタグを利用して連番記事や関連記事が投稿順にまとめて読めます

 メイリオ系フォントシステムフォント等に関する記事群はタグ【メイリオ】から

 乳酸菌の培養,乳酸菌液の利用・効能,豆乳ヨーグルト等についてはタグ【乳酸菌】から

2018年10月25日(木)| 言語>表現論 |  
『認識と言語の理論 第二部』1章(1) 表現――精神の物質的な摸造

『認識と言語の理論 第二部』1章(1) 表現――精神の物質的な摸造
『認識と言語の理論 第二部』1章(2) 形式と内容との統一
『認識と言語の理論 第二部』1章(3) ベリンスキイ=蔵原理論
『認識と言語の理論 第二部』1章(4) 対象内容説・認識内容説・鑑賞者認識内容説
『認識と言語の理論 第二部』1章(5) 言語学者の内容論
『認識と言語の理論 第二部』1章(6) 価値論と内容論の共通点
『認識と言語の理論 第二部』1章(7) 吉本と中井の内容論
『認識と言語の理論 第二部』1章(8) 記号論理学・論理実証主義・意味論

『認識と言語の理論 第二部』1章(1)~(8) をまとめて読む

三浦つとむ『認識と言語の理論 第二部 言語の理論』(勁草書房・1967年刊)から
  第一章 認識から表現へ (1) 表現━━精神の物質的な摸造

〔注記〕 三浦がその著書で「認識」と表現している語は、単に対象認識(認識内容)を意味しているだけでなくその中に「対象認識を作り出している意識主体の意識」をも含んだものである。つまり三浦は「精神・意識」のことを「認識」と呼んでいる。したがって、以下の引用文中で「認識」とあるもののうち明らかに対象認識を指しているもの以外は「意識」と読み換える必要がある。

〔引用に関する注記〕 (1) 原著の傍点は読点または句点のように表記している。

(2) 引用文中の太字は原著のものである。

(3) 長い段落は内容を読みとりやすくするために字下げをせずにいくつかの小段落に分割した(もとの段落の初めは一字下げになっている)。

(4) 読みやすさを考えて適宜 (ルビ) を付した。

『認識と言語の理論 第二部』 p.229 

 十八世紀の学者たちは、経済や政治について論じるときに、ロビンソン・クルーソー的な人間を持ち出すのが常であった。たとえば一方に猟をする人間があり、他方には魚をとる人間があって、それぞれ生産したものを交換するというわけである。ロビンソンはたしかに無人島で独力で家具をこしらえたり魚をとったりした。孤立した個人として経済生活を営んでいた。しかしこれは漂流の結果強いられた特殊な生活であって、これがそのまま人間にとって普遍的な生活のありかたではないし、またこの特殊な生活にも人間としての本質はやはりつらぬかれていたことを理解しなければならない、

彼は生れてから無人島に来るまでに、両親はじめ多くの人びとの中で肉体的にも精神的にも育てられたのであって、自分で自分をつくったわけではない。孤立して経済生活を営む能力は、社会的な関係の中で育ったのであって、生れつき持っていたものではない。それゆえ、無人島での生活も、本質的には社会によってささえられた社会的な生活の一つの変形でしかないのである。ロビンソン的な人間がまず存在して、それから社会がつくられるという関係も、特殊にはありうるが、それを本質的なものと思いこむなら理論は逆立ちしてしまう。ロビンソン的な人間を持ち出して論ずるときは、右のことをまず心得ておかなければならない。

 言語学者が言語について論じるときに、まず一方に話し手が他方に聞き手が登場し、一方の言語表現を他方が理解するというのも、ロビンソン物語の一つの形態である。彼らはすでに言語規範を身につけた、表現し理解しうる能力を持った人間として持ち出されてくる。言語規範は人間が生れつき持っていたのか、個人が独力でつくりあげたのか、それとも社会的に形成されたのかを、言語学は明らかにしなければならない。ロビンソン的な話し手と聞き手との間に、言語による精神的な交通が成立することを認めただけで、あとは言語規範の変化発展を歴史的に説明するのでは、言語を科学的に解明したということにはならないのである。

われわれは生れながらに社会的であって、他の人びととの関係において生活している。まだ幼い子供であっても、自分の思っていることやのぞんでいることを他の人びとに知らせ、他の人びとの思っていることやのぞんでいることを自分も知るという、精神的な交通を伴った精神的な生活を営みながら、物質的な生活の維持と発展につとめている。そしてこの精神的な交通に矛盾があることが、交通のありかたについてのいろいろな工夫を要求するのである。言語規範も、矛盾の発展の中で必要なものとして成立したにちがいないのであるから、矛盾の存在と発展を正しくとらえときほぐしていって、はじめて言語についての科学的な理解も可能である。

 交通とはいっても精神的な交通では、物質的な生活資料の交通と異って、頭の中の精神そのものが頭からぬけ出して他の人間の頭の中へ入っていくわけにはいかない。対象を認識する場合には対象の精神的な摸造をつくり出し、反映とよばれる関係が成立したけれども、これをさらに他の人間に伝える場合には逆に精神の物質的な摸造をつくり出し、これを他の人間の認識の対象として提供するかたちをとらなければならない。まだことばでいえない赤ん坊でも、声帯を振動させて叫んだり泣いたりするとか、手や足を動かして訴えるとか、それなりに精神活動を肉体でしめそうとする。これらは物質的なかたちを創造することであるが、それは精神のあり方をそれに対応する物質的なありかたに模写し、それによって他の人間に理解できるよう表面化したという意味で、表現とよばれている。

 ここでいう物質的な摸造あるいは物質的な模写は、絵画のように感覚的な模写だけでなく、もっと広い対応を意味するものである。痛みを感じるときにいつでも顔をしかめて見せたり、怒ったときにいつでもこぶしをふりあげたり、嘲(あざけ)るときにいつでも舌を出したりすれば、はじめは理解できなかった他の人びとも間もなく理解できるようになる。はじめは自覚した表現ではなく、痛いので意識せず顔をしかめるという、自然成長的なあらわれであったのが、のちには痛いことを知らせるために同じかたちが使われるとすれば、目的意識によって表現にまで持っていったことになろう。これも精神的な交通のための一つの工夫である。これらの肉体のかたちは、精神のあり方にむすびつき対応しているのであって、精神それ自体がのりうつって運ばれていくわけではない。もしそのように解釈するならば、それは表現の観念論的な解釈である。

 同じ観念論でも、古典的な哲学者は率直に、明快に、その本質を表現しているのだが、十九世紀の後半になるとおよび腰になり、曖昧になり、部分的には唯物論らしい衣裳をまとったものになってくる。ハイデッガーにあっては、時間も空間もその本質は生命的なものであり、その「影」として主観的あるいは観念的な時間や空間が生れるものだと説かれている。この生命的ということばを主観的とか観念的とかいうことばと入れかえてみれば、その逆立ち論であることは直ちに明白である。正しくは物理的な現実の時間や空間がまず存在して、その「影」として主観的あるいは観念的な時間や空間が生れるものだからである。表現には、同じく「影」の形成ではあっても対立した二つの性格の二つの過程がむすびついているのであって、表現はそれに先行する反映としての「影」の形成と逆の過程をとっている。

ハイデッガーはこの二つの過程の第二の側面を基礎的なものにスリ変え。第二の過程の出発点である主観的な存在を生命的とよんで、これこそ基礎的であると主張した。この第二の過程は第一の過程から相対的に独立している。たとえば、劇作家が自分の頭の中に空想的に創造するのは、現実の世界から一応切断されたところの空想の世界での劇場における時間と空間であって、上演はこれを劇場の舞台の物理的な時間と空間のありかたにうつしかえることである。これをハイデッガーの観念論とならべてみれば、過程としては両者とも一致しているから、ハイデッガーのいうことがもっともらしく見えてくる。そのために美学者として表現に関心を持つ中井正一がひっかかったというわけである(1)

たしかに過程だけを考えてみれば、観念的な時間や空間が先行して、その「影」として舞台の装置や道具や人物の生活などが生れたにはちがいないが、それらの物理的な存在は表現によって出現したわけではない。表現以前に、舞台に持ちこまれない前に、それらはすべて物理的な時間や空間を持った存在であった。装置の材料となる木材も布地も絵具(えのぐ)も、道具も、人物に扮(ふん)する俳優も、舞台以前に・劇作家の空想の世界と無関係に・存在しており、表現においてそれらのありかたが変化しただけのことである。これを、表現によってはじめて物理的な空間や時間が生れたかのように主張するのは、ナンセンスでしかない。

画布に絵具で絵画を描くときも同じである。表現以前に、絵具も画布も物理的な存在として与えられている。絵具を使って表現するときに、そこに生れる絵具の新しいありかたとしての色やかたちが、画家の頭の中の世界のありかたの模写として、頭の中の時間と空間の「影」として扱われるだけのことである。従って、表現のにない手である絵具は、依然として物理的な時間や空間において存在すると同時に、「影」としてのかたちでもあるという客観的な矛盾が成立しているとして理解すべきなのである。これを矛盾として認めずに、「影」の面だけを見るときには、観念論がもっともらしく思われてくる。「画布の二次元性は決して物理的二次元性ではない、新たに構成されはじむる芸術的二次元性である(2)。」という中井のことばに、形而上学的(けいじじょうがくてき)なとらえかたしかできない美学者が観念論にひっかかって転落して行くすがたを、読みとることができよう。

 物理的な存在が、そのありかたを変えただけで、表現のにない手になったりにない手であることを止めたりする例は、われわれの身のまわりにいくらでもころがっている。夜空からベトナムのニュースを伝えてくるスカイサインも、その文字を構成しているのは家庭で使われているのと同じ電球である。ナイトクラブの入り口に妖しく輝いて、その名前を示しているネオンサインも、それを引きのばしてみれば一本のガラス管である。物理的な存在がこのように文字のかたちを示しているときに、そこには物理的な存在以外のものが不可分に存在していることを、われわれは経験的に承認する。そしてそこに意味とよぶものがあると考える。会話やハガキの走り書きや商品のキャッチフレーズや政党のスローガンなど、簡単な言語表現ではそこに意味がふくまれているというけれども、論文や小説のような複雑な言語表現になると、そこに内容があるというのがふつうである。この区別は習慣的なものであって、別に対象それ自体が異質なわけではないから、簡単な言語表現の場合にも内容とよんでさしつかえない。

ただここで心にとめておかなければならないのは、彫刻や絵画などではふつう意味とはよばないのになぜ言語だけを意味とよぶかである。これは言語の表現としての特殊性にもとづいている。言語は彫刻や絵画などとちがって、社会的な規範にささえられた表現である。個々の語彙は規範によって対象とむすびつけられている。話し手や書き手はこの規範に従って表現しなければならないから、表現された個々の語の内容には規範によって定められた抽象的な対象とのむすびつきがふくまれていることになる。規範を知り、内容のこの抽象的な部分をつかんで、そこから具体的な内容へと推察していかなければならないが、時には内容が皮肉や反語や象徴など複雑な構造をとっているために、抽象的な部分をつかんだだけでは具体的な内容をあやまってとらえたり理解できなかったりすることも起りうる。

それで言語の場合は、規範に対応する抽象的な部分と具体的な内容とを区別することが実践的に要求(3)され、われわれはこの抽象的な部分を意味とよぶことがある。「この単語はどんな意味だったか思い出せない」とか「意味を辞書でひいてみよう」とかいう場合がこれである。これに対して「彼が『ありがとう』といったのはすこぶる意味深長だったぜ」とか「おれはそんな意味で賛成したんじゃない」とかいう場合は、内容全体をとりあげているのである。簡単な言語表現ならば、規範に対応する抽象的な部分を知れば直観的に内容をつかめることが多いから、意味ということばを両方に使い、論文や小説のような複雑な言語表現では、膨大複雑な内容をじっくり吟味してとらえなければならないから、意味ということばを内容全体に使わない習慣が生れたものと思われる。

(1) 今村太平は、中井とハイデッガーとのむすびつきの根拠を中井の生きていた時代のありかたに求め、アメリカの大恐慌から日本帝国主義の大陸侵略と左翼弾圧の時代の反映と解釈する。「この時代を反映して、氏は塹壕(ざんごう)の不安と恐怖と無為の中から生れたハイデッガーの哲学に身をゆだねた。」「それは同じく彼自身が、塹壕ならぬ治安維持法下にあって身動きできないところに追いつめられていたからであろう。」(『中井正一全集』第三巻への解説)芸術社会学的な解釈では中井美学の批判はできない。中井と今村とは共通の弱点を持っていた。三浦つとむ『機能主義者の妄想』(『試行』第一四号、1965年)を参照。

(2) 中井正一『芸術的空間』から。一次元から二次元へ、三次元へという、空間そのもののア・プリオリ的な創造を論じる、ハイデッガーの弟子の主張を導入したものである。戦前の三十一年の主張であるが、これは戦後の五十一年にもまたくりかえされている。

(3) 小林英夫はソシュール的な理論を展開して「意義」と「意味」とを区別した。私のことばでいえば、規範の示す抽象的な内容のほうを「意義」、具体的な内容のほうを「意味」とよんでいることになる。

(三浦つとむ『認識と言語の理論』に関する記事)

言語 | Trackback (0) | Comment (0) | URL | 携帯 | スマフォ |  | 記事番号:345
コメント
コメントの投稿

この記事のトラックバックURL

スパム・トラックバックが増えているため、言及リンクのない記事からのトラックバックは受け付けない設定にしています。ご了解下さい。

よく読まれている記事
言語
 ことばについての覚書(1)~(3)
 ことばとは何か(1)~(3)
 三浦つとむ「時枝誠記の言語過程説」(1)~(5)
 時枝誠記と三浦つとむ(1)(2)
 三浦つとむ「意味とは何か、どこに存在するか」(1)~(3)
 言語と内言――言語の意味
 意味・意義・価値(1)~(3)
 貨幣の使用価値
 言語規範――規範と規範意識
 客体的表現と主体的表現(1)~(4)
 「言語」なしの思考(1)(2)
 三浦つとむ「漢字と振り仮名」
 ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)
 ソシュールの「言語」(1)~(4)
 ソシュール用語の再規定(1)~(4)
 “langue” と “langage”
 『認識と言語の理論 第二部』1章
 『認識と言語の理論 第二部』2章
 『認識と言語の理論 第二部』3章
 『認識と言語の理論 第二部』4章
 認識についての覚書(1)~(7)
 言語表現における概念の二重性と二種類の概念
 自己の二重化(1)~(7)
 二つの主観(1)~(3)
 対象意識(1)~(5)
 三浦つとむ『認識と言語の理論』 まえがき
 『認識と言語の理論 第一部』1章
 『認識と言語の理論 第一部』2章
 『認識と言語の理論 第一部』3章
 概念は「言語」に先立つ(1)~(5)
 概念(1)~(5)
 長谷川宏訳『経済学・哲学草稿』――「解説」〈疎外・外化・弁証法〉
 城塚登・田中吉六訳『経済学・哲学草稿』――「訳者解説」ほか
弁証法
 存在と対象(1)~(3)
 三浦つとむ「横目で見る立場から」(1)~(4)
 物自体(1)~(4)
 科学とは何か
 0の概念・マイナスの概念(1)(2)
 マイナス×マイナスはなぜプラスになるのか(1)~(3)
 割り算から見た量(1)(2)
 温度はたし算・引き算できないか(1)(2)
 鏡像における左右反転という現象について
 南半球における月の満ち欠け
 乳酸菌を培養する(1)――〔基礎編〕米乳酸菌を培養してみた(とぎ汁培養液)
 乳酸菌を培養する(2)――〔応用編1〕米ぬか培養液・拡大培養
 乳酸菌を培養する(13)――〔展開編1〕玄米で作る豆乳ヨーグルト(TGGヨーグルト)
 乳酸菌を培養する(18)――〔探究編5〕米乳酸菌は120℃に耐えるか
 乳酸菌を培養する(19)――〔発展編1〕驚異の玄米浸漬培養液
 乳酸菌風呂に対するネガキャン――ニセ科学批判とエア御用
 板倉聖宣『摸倣の時代』――西洋医学と脚気、御用医学と玄米食
 【再掲】ペットボトルを利用した自作じょうご
 システム・フォント変更に関する記事
 メイリオ(1)~(11)
 ブログ内記事で取りあげたソフト・ファイルのDL情報
 ClearType Tuner(1)(2)
 Winamp の表示をメイリオ系にする
 WinAmp の旧バージョン
 コマンドプロンプトで使用するフォント
 Gom Player(1)(2)
 ブラインド・タッチと OEA配列
社会
 ~官房機密費の実態~〔TBSニュースバード〕
 『週刊ポスト』官房機密費告発(1)~(12)
 『週刊ポスト』大新聞は国民の敵だ 1~2
 川端幹人さんのツイート――原発報道のタブー
言語関連の用語について

 表現された言語(本来の意味の言語)を単に言葉あるいは言語、ことば…のように表記しています。ソシュール的な意味の言語(言語規範ないし思考言語)はカッコつきで「言語」あるいは「言語langue」・「ラング」・「ことば」等と表記しています。(背景色つきで「言語」のように表記している場合もあります)

 一般的な意味の概念を単に概念と表記し、ソシュール的な意味の概念(語の意義としての概念、いわゆるシニフィエ・語概念)はカッコつきで「概念」と表記します。(2006年9月9日以降)

 また、ある時期からは存在形態の違いに応じて現実形態表象形態概念形態のように用語の背景色を変えて区別しています(この文章では〈知覚形態〉も〈表象形態〉に含めています)。

 ソシュールの規定した用語を再規定し、次のような日本語に置き換えて表記します。詳細は「ソシュール用語の再規定(1)」を参照。

【規範レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語韻     (ある語音から抽出された音韻)

・シニフィエ   → 語概念(語義) (ある語によって表わされるべき概念)

・シーニュ・記号 → 語規範(語観念)(ある語についての規範認識)

・記号の体系   → 語彙規範   (語すべてについての規範認識)

・言語      → 言語規範   (言語表現に関するすべての規範認識)

語概念・語韻は 語概念⇔語韻語韻⇔語概念)という連合した形で語規範として認識されています。語規範はこのように2つの概念的認識が連合した規範認識です。ソシュールは「言語langue」を「諸記号」相互の規定関係と考えてこれを「記号の体系」あるいは「連合関係」と呼びますが、「記号の体系・連合関係」の実体は語彙規範であり、言語規範を構成している一つの規範認識です。規範認識は概念化された認識つまり〈概念形態〉の認識なのです。

なお、構造言語学・構造主義では「連合関係」は「範列関係(範例関係)」(「パラディグム」)といいかえられその意義も拡張されています。

 語・内語・言語・内言(内言語・思考言語) について、語規範および言語規範に媒介される連合を、三浦つとむの主張する関係意味論の立場からつぎのように規定・定義しています。詳細は『「内語」「内言・思考言語」の再規定』を参照。(2006年10月23日以降)

  : 語規範に媒介された 語音個別概念 という連合を背後にもった表現。

内語 : 語規範に媒介された 語音像⇔個別概念 という連合を背後にもった認識。

言語 : 言語規範に媒介された 言語音(語音の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった表現。

内言 : 言語規範に媒介された 言語音像(語音像の連鎖)⇔個別概念の相互連関 という連合を背後にもった認識・思考過程。

内語内言は〈表象形態〉の認識です。

なお、上のように規定した 内言(内言語・内的言語・思考言語)、 内語とソシュール派のいうそれらとを区別するために、ソシュール派のそれらは「内言」(「内言語」・「内的言語」・「思考言語」)、「内語」のようにカッコつきで表記します。

また、ソシュールは「内言」つまり表現を前提としない思考過程における内言および内言が行われる領域をも「言語langue」と呼んでいるので、これも必要に応じてカッコつきで「内言」・「内言語」・「内的言語」・「思考言語」のように表記します(これらはすべて内言と規定されます)。さらに、ソシュールは「内語の連鎖」(「分節」された「内言」)を「言連鎖」あるいは「連辞」と呼んでいますが、まぎらわしいので「連辞」に統一します(「連辞」も内言です)。この観点から見た「言語langue」は「連辞関係」と呼ばれます。ソシュールは「内語」あるいは「言語単位」の意味はこの「連辞関係」によって生まれると考え、その意味を「価値」と呼びます。構造言語学では「言(話し言葉)」や「書(書き言葉)」における語の連鎖をも「連辞」と呼び、「連辞関係」を「シンタグム」と呼んでいます。詳細は「ソシュールの「言語」(1)~(4)」「ソシュール用語の再規定(1)~(4)」「ソシュール「言語学」とは何か(1)~(8)」を参照。

 さらに、ソシュールは内言における 語音像⇔個別概念 という形態の連合も「シーニュ・記号」と呼んでいるので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【内言レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音像(個別概念と語規範に媒介されて形成される語音の表象)

・シニフィエ   → 個別概念(知覚や再現表象から形成され、語規範の媒介によって語音像と連合した個別概念)

・シーニュ・記号 → 内語

・言語      → 内言

ソシュールがともに「シーニュ・記号」と呼んでいる2種類の連合 語韻⇔語概念語規範)と 語音像⇔個別概念内語)とは形態が異なっていますのできちんと区別して扱う必要があります。

 また、実際に表現された言語レベルにおいても、語音個別概念 という形態の連合が「シーニュ・記号」と呼ばれることもありますので、このレベルでの「シニフィアン」・「シニフィエ」についてもきちんと再規定する必要があります。

【言語(形象)レベルにおける再規定】

・シニフィアン  → 語音個別概念語規範に媒介されて実際に表現された語の音声。文字言語では文字の形象

・シニフィエ   → 表現された語の意味。個別概念を介して間接的にと結びついている(この個別概念語規範の媒介によってと連合している)

・シーニュ・記号 → (表現されたもの)

・言語      → 言語(表現されたもの)

 語音言語音語音像言語音像語韻についての詳細は「言語音・言語音像・音韻についての覚書」を、内言内語については「ソシュール用語の再規定(4)――思考・内言」を参照して下さい。また、書き言葉や点字・手話についても言語規範が存在し、それらについても各レベルにおける考察が必要ですが、ここでは触れることができません。

ページ案内
プロフィール

シカゴ・ブルース

シカゴ・ブルース (ID:okrchicagob)

1948年生れ(70歳♂)。国語と理科が好き。ことばについては子供のころからずっと関心を抱いていました。20代半ばに三浦つとむの書に出会って以来言語過程説を学びながらことばについて考え続けています。現在は39年間続けた自営(学習塾)の仕事を辞め個人的に依頼されたことをマイペースでやっています。

コメント等では略称の シカゴ を使うこともあります。

カテゴリー一覧
ブログ内検索

 Google カスタム検索

 Yahoo! サイト内検索

このブログ内を検索 

※コメントも検索します
記事をまとめて読む
上記以外の関連記事は文字列検索(兼タグ検索)を利用してまとめて読めます。
また、各記事の下部にあるタグを利用して関連記事や連番記事をまとめて読むこともできます。
意識と言語(こころとことば)

われわれは人間が『意識』をももっていることをみいだす。しかし『精神』は物質に『つかれて』いるという呪いをもともとおわされており、このばあいに物質は言語の形であらわれる。言語は意識とおなじようにふるい――言語は実践的な意識、他の人間にとっても存在し、したがってまた私自身にとってもはじめて存在する現実的な意識である。そして言語は意識とおなじように他の人間との交通の欲望、その必要からはじめて発生する。したがって意識ははじめからすでにひとつの社会的な産物であり、そして一般に人間が存在するかぎりそうであるほかはない。(マルクス・エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』古在由重訳・岩波文庫)


ことばは、人間が心で思っていることをほかの人間に伝えるために使われています。ですから人間の心のありかたについて理解するならばことばのこともわかってきますし、またことばのありかたを理解するときにその場合の人間の心のこまかい動きもわかってきます。
このように、人間の心についての研究とことばについての研究とは密接な関係を持っていて、二つの研究はたがいに助け合いながらすすんでいくことになります。一方なしに他方だけが発展できるわけではありません。
…こうして考えていくと、これまでは神秘的にさえ思われたことばのありかたもまったく合理的だということがおわかりになるでしょう。(三浦つとむ『こころとことば』季節社他)


参考 『認識と言語の理論 第一部』 1章(1) 認識論と言語学との関係

子どもたちに向けた言葉

ふしぎだと思うこと
  これが科学の芽です
よく観察してたしかめ
そして考えること
  これが科学の茎です
そうして最後になぞがとける
  これが科学の花です
        朝永振一郎

最近のコメント
メールフォーム
 個人的なご連絡やご意見・メッセージの送信はこのメールフォームをご利用下さい。FC2ブログが仲介して私宛のメールとして届けてくれます。返信ご不要の場合はメールアドレス欄に no_reply@dummy.jp とご記入下さい。

 なお、ブログの記事に関するお問い合わせについてはご返事を差し上げられませんので各記事のコメント欄をご利用ください

主なアクセス元
外部リンク集A
シカゴ・ブルース関連
相互リンク
言語過程説・三浦つとむ関連
国家論・言語論…

言語過程説三浦つとむ時枝誠記南郷継正
外部リンク集B
外部リンク集C
社会・政治・経済等

社会・政治・経済等
外部リンク集D
科学・教育
米のとぎ汁乳酸菌
コンピュータ・実用
VisualStyle
メイリオ・システムフォント

コンピュータ・実用
VisualStyle (スキン)
メイリオ・システムフォント
外部リンク集E
資料的なサイト・ページ
お役立ちサイト・ページ
その他・未分類

(PR) /  

FC2Ad

 /